« パケットの感覚 | トップページ | かんぴょうわさび »

2004.03.24

「好き」ということ

いつも更新を楽しみにしている朝飯前。さんですが、今回は自分も「うんうん」と思えるお話だったので私もちと自分の話を。

アイドルは軽蔑の対象か?

私の場合、とある洋楽アーティストの大ファンなのですが、この人に対する世間の風当たりは非常に強い。世界的にはとても名の知れたアーティストなのに、どうしても音楽以外の部分で否定されることが多いのです。

「好き」という感覚は、食べ物だろうが人だろうが「どうして好きなのか」とは誰にも否定できないはず。それは音楽でも同じことでしょう。

ただ、私の場合、音楽以外の部分で好きなアーティストを否定されてばかりで、なんとも悲しい思いをしてきました。だから「アイツは音楽的にダメなんだよ」とか評価されたとき、むしろ笑顔になってしまったんです。「おお、この人は音楽的に見てくれているよ!」と。

趣味の世界に「なんで好きなのか信じられない」なんて考え方自体が論外なのでそのことはどうでもいいですが、

低俗と呼ばれようが,音楽性が低いと呼ばれようが,エンターテイナーは人から注目を浴び,楽しませた時点で勝ちなのだ。

まさにこれだな、と思いました。エンターテインメントってそういうものですね。先日仕事の相手先に「お笑いは売れたもんが強いという確実な評価がある」というお話を聞いてすごく共感したのですが、それと同じ精神を感じました。

----------------------------

もう1つのMyclipの話も非常に共感。ほんとは自分でもMyclipのこと書こうと思ってたんですが、あまりに共感したのでリンクですませちゃいます。

MyClipは罪深い

何よりも共感したのは、自分の記事を好き勝手にしてくれていいというところではなく、

MyClip というサービスを,ブログ界隈に密接に関係し依存している株式会社ドリコムが始めたサービスだからと思われる

の部分。せっかく人と人とのコミュニケーションを主眼にブログが動いているのに、なんとも機械的なことしちゃうなぁと思っていたもので。

« パケットの感覚 | トップページ | かんぴょうわさび »

コメント

賛同してくださってありがとうございます。
でもどうせなら,リンクだけでなくトラックバックもしてくださったら良かったのに。どんどんトラックバックお願いします!
しかし,14歳の女の子がしつこく絡んできて困っています( つД`) もうこれ以上は無視してしまうのが良いのでしょうけどね。

コメントありがとうございます。トラックバック反映されてませんでしたか? ちゃんとURL入れてPingが飛ぶところまで見守っていたんですが、失礼いたしました。

14歳と聞いてなんか納得しちゃいますね。自分も中学の頃洋楽にはまったときは「日本の音楽なんて」みたいな青臭いこと考えちゃったものです。いいなぁ、若いなぁ。

とりあえず14歳に多勢に無勢も何なので、トラックバックやコメントでそちらに書くのも控えさせていただきます。でも14歳とやりとりできるなんて別の意味で楽しそうだなぁ。なんて考えはひねくれてますか?

ちなみにモー娘。はデビュー当時から頑なになっち派です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/344463

この記事へのトラックバック一覧です: 「好き」ということ:

« パケットの感覚 | トップページ | かんぴょうわさび »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ