« ブログはカレー | トップページ | トム・クルーズ破局 »

2004.03.29

回転ドアの存在意義

六本木ヒルズの回転ドアに子供が首を挟まれて亡くなるという、なんともいたましい事件がおきました。

>六本木ヒルズ森タワー入口扉で発生いたしました事故につきまして

昔から謎だったのですが、なぜ回転ドアって未だに導入され続けているのでしょうか。大量の人数を捌けないし、面積も大きくなるし、挟まれたときに危ないという今回のような面もあるし。正直メリットがまったく見出せないのです。自分は回転ドアが大嫌いなので、そばに普通の扉があったらそっちを使います。自分のタイミングで歩けないのが何より嫌なんですね。デザインとか見た目以外に、新しいビルで回転ドアが導入され続ける理由を知っている業界関係者の方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

« ブログはカレー | トップページ | トム・クルーズ破局 »

コメント

回転扉の最大のメリットは、開けっ放しにならないことで冷暖房の効率が向上するということですよ。混雑するところで普通の自動ドアだと、日中はほぼ開放状態になってしまいますから。

あと最近の高層ビルでは、気流の調整のために普通の自動ドアではなくて回転ドアを使うんだと今回のニュースでやってましたね。外気のビル内側への吹き上げ防止だそうです。

>Wamoさん

コメントありがとうございます。なるほど、そういうメリットで導入されていたんですか。
吹き上げ防止は違うかもしれないけれど、すくなくとも冷暖房の件は確実に運営側のメリットであって、お客様のメリットではない訳ですね。こういう事件が起きてどんどん回転ドアもなくなっていくのでしょうか。今回ほど大事になっていなくても、回転ドアでの事故は結構発生しているって話を聞きますしね。私の地元でも回転ドアの事故あったとか。
なんにせよ、人が1人亡くなったというのに罪の擦り付け合いをするような、そんな事業者側の論理で動いている回転ドアは永久に停止してほしいものです。ちょっと強すぎるかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/365455

この記事へのトラックバック一覧です: 回転ドアの存在意義:

« ブログはカレー | トップページ | トム・クルーズ破局 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ