« DDIポケットから携帯電話への通話料金を検証(NTTドコモMOVA編) | トップページ | DIONがペイジー対応 »

2004.04.27

DDIポケットから携帯電話への通話料金を検証(NTTドコモFOMA編)

今度はNTTドコモの第三世代携帯電話であるFOMAさま。契約者数ではすでにPHS全体でも抜かれており、今後が期待されております。こちらも無料通話を含むプランを対象にしてますが、高額すぎるプランは省略いたしました。

foma

お約束ですが、青は携帯が安く、赤はDDIポケットが安い。FOMAはPDCとだいぶ料金体系が違ってまして、1時から8時の7時間は料金お得タイム、それ以外の時間が標準という2通りです。これはもうかなりわかりやすい結果で、お得タイムはFOMAが安く、普通の時時間帯はDDIポケットが安い。プラン67クラスでもDDIポケットが安いですね。これはびっくり。

以上、4事業者5サービスを比較しましたが(WINを別にすると6サービスか)、つなぎ放題の通話料金は料金体系もシンプルになった上に、料金面でもかなりメリットが大きいようで。スーパーパックLからつなぎ放題にすることで月額基本料金が上がってしまうのが心配でしたが、通話料金が圧縮できるのであれば差は縮まりそうです。

« DDIポケットから携帯電話への通話料金を検証(NTTドコモMOVA編) | トップページ | DIONがペイジー対応 »

コメント

お疲れ様です。
他キャリアで相手先指定割引系のサービスを利用しないのであれば、AirH"系の料金設定は結構魅力ですね。

既ユーザーでさえ、それを知らない人は多いようですけれど。

ありがとうございます。単に自分が知りたかったので調べてみましたっていうだけの自己満足なんですけどね。つなぎ放題に移行する自分への理由づけって感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/503368

この記事へのトラックバック一覧です: DDIポケットから携帯電話への通話料金を検証(NTTドコモFOMA編):

« DDIポケットから携帯電話への通話料金を検証(NTTドコモMOVA編) | トップページ | DIONがペイジー対応 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ