« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.31

Suicaでお買い物

出勤途中のNEWDAYSがSuica対応になったので早速使ってみました。
今までSuicaの電子マネー機能はクレジットカードがついていないとダメだと思っていたんですが、今は普通のSuicaやSuica定期券にも対応してるんですね。

定期は更新前でもみどりの窓口行ったらあっという間に交換してくれました。もちろん定期の内容やチャージ金額も引き継ぎ。

買い物のスピードはもう早いのひとこと。暗証番号がいらないぶんデビットより楽だし、自動改札を通過する感じで買い物できます。

難点はカードで残高がわからないところかな。レシートには印刷されるけど電車乗ったら変わっちゃう訳だし。

常に多めに入れておくしかないかな、今のところは。040531_1602001.jpg

ごめんよRD

給料入ったことでDVDメディアをいっぱい買って、週末にいろいろ遊んでみました。
やばい。
面白すぎ、DVD。感動がないなんていってごめんよ、RD。
iEPG自体も大きな感動はないものの、知らず知らずのうちに録画する番組が増えてたりして、実は恩恵受けてるんですよね。
さらにDVD作成はチャプター訳やらサムネイル作成やら、こういう単純作業好きな自分としてはかなりハマりました。
ひとつ練習がてらに、いつも動画でお世話になっているあの方に恩返しDVDでも作りますかね。

2004.05.30

ネット25の謎解決?

 ネット25の謎を解きにコミュニケーションプラザへ行ってきました。

 まず始めにAirH"PHONEでフレックスチェンジで64kbps接続できるかどうかを確認。回答はやはり「できません」でした。回線交換でのダイヤルアップ接続、またはパケット接続のみ利用できるとのこと。

 次に「ITmediaにはできるってかいてありましたよ」って聞くと「少々お待ちください」といわれて10分近く待たされる。そうして出てきた結論は「AirH"PHONEでもフレックスチェンジできます」という回答でした。ITmediaが正しかったのか、そう思いながら6月1日以降のプランを「パケコミネット+年契+メール割」から「ネット25+メール放題」に変えてもらいました。

 そのあと買い物していたらコミュニケーションプラザから電話があり、「説明が間違っていました。やはりフレックスチェンジはできません」と訂正。結局何が正しいのかはわからなくなる一方です。とりあえずサービス提供者側に言われたらどうしようもないですから、また当初予定のパケコミネットにしました。言うことが二転三転して信用性に欠けるサービス事業者っていうのも微妙なんですが。ちなみにフレックスチェンジそのものが使えないのか、フレックスチェンジはつながるが64kbpsでは繋がらずに必ず32kbpsで繋がってしまうのかといった点については「わからないけどつながらないんじゃないでしょうか」とあいまいなお答えorz

 とりあえず今回の件がITmediaに載っていたことは確認してもらったでしょうし、こうやってそれを見て来てしまうお客もいるのですから、違うんだったら何かしら訂正をお願いするでしょうね。この記事にはネット25接続だと再接続が遅いとありますが、DDIポケットの言葉を信じてフレックスチェンジでの64kbps接続ができないという前提で考えるならば、フレックスチェンジで接続しにいったけれど64kbpsで接続できないため迷う時間が生じ、結局32kbpsでつながっちゃうために再接続が遅い、ってところなのでしょうか。読み込み速度の違いは単なる通信環境の問題かな? そもそも64kbpsでアンテナよかったらそうとう速度違うと思いますしね。ダイヤルアップで繋いだ時すごく快適だったから。

 来週には真相明らかになるでしょうか。本当にネット25で64kbps接続できるならやりたいんだけどなぁ。

2004.05.29

メトロイド ゼロミッション

まったくプレイできてません、まさにゼロミッション。なぜかといったらGBA SPが久々すぎて、イヤフォンつなぐための専用プラグを通勤に持ってくの忘れちゃったんですよ……。家は家でドラクエVが待ってますので、基本は通勤時間中にじっくりやる予定。フュージョンもクリアできていないという自責の念が私の頭の中をかけめぐったりもするのです。

しかしクリアするとオリジナルが待っているとのことなので、一生懸命がんばりたいと思いますよ。プレイしたらまた感想でも書きましょうかの。

実売2980円のポータブルMP3プレーヤー

coverゲームボーイアドバンス周辺機器のミュージックレコーダーMP3。近所の家電量販店で2,980円で売られていたので思わず買っちゃいました。しかも税込み。

いろいろいじってわかったんですが、これぜんぜんゲームボーイの周辺機器じゃないね。ゲームボーイないひとでも全然使えちゃう。CFメモリに「MP3」というフォルダを作って、そこにMP3のデータをいれておけば、ゲームボーイを介さずMP3レコーダになっちゃいます。これは意外な発見でした。GBA経由で音楽を録音もできますが、自分でBボタン押して曲間つくったりしなきゃいけないし、そもそもアナログ録音だしまともにつかえません。すなおにPCからMP3データを持っていったほうがいいですね。

CFは横刺しで、ちょっぴりはみでます。標準で8MBのハギワラ製CFが同梱していて、動作保証はハギワラかサンディスク製CFだけだったんですが、CF型のSDアダプタも問題なく使えました。電源は単三電池1本です。
040529_0042001_s.jpg

背面には操作ボタンが。丸いボタンは電源で、十字キーらしきボタンはそれぞれ音量と早送り。早送りはトラックごとだけで、曲の早送りはできないようです。ボタンは表面よりひっこんでいるので強めに押す必要アリ。
040529_0040002_s.jpg

横からみたところ。GBAのカートリッジ部分は稼動しません。わずかに隙間がありますが、おそらくベルトにでも装着できるようになってるんでしょう。それでボタンもわざとひっこんでるのかな。だけど内側にボタンあってどうするよ。
040529_0041001_s.jpg

本体はちょっと前のMDプレーヤーくらいの大きさはあるし、重さはGBA SPよりちょっと軽い程度。CFは外飛び出しちゃうし、リモコンないから必ず本体操作。そんなデメリットはあるけれど、2,980円っていう値段はかなりの魅力です。CFが家に余ってる人なんかはオススメじゃないでしょうか。実はGBAなくても使えるっていうのもポイントですね。でもアマゾンじゃ生産中止で売り切れのようです。

2004.05.28

ネット25の謎

ITMedia Mobileに、AH-K3001Vでのネット25使用に関する記事が載っています。

Opera搭載「AH-K3001V」のちょっと気になるポイント
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0405/27/news073.html
これによると、ネット25を使ってPIAFSによる64kbps通信も可能とのこと。

私もそうおもっていたんですが、昨日コミュニケーションプラザで「ネット25で64kbps接続できますか?」と聞いたら、「(AirH"PHONEの)端末ですよね?」と前提されたあと、「できません」と即答されました。あまりにも即答だったので、他にも同じこと聞いているんだろうな、と思ったくらい。

この両者、いったいどちらが正しいのか。

ITMediaでは確かにフレックスチェンジのアイコンが写真に写っていますが、フレックスチェンジとは32kbpsのパケットか64kbpsの回線交換か、どちらかにつながるという仕組み。だからフレックスチェンジで32kbpsでつながっているという可能性も否めませんよね。これがアイコンに「BE(ベストエフォート)」とでも表示されていれば、確かに64kbpsでの接続の証拠になるんですが。

四の五のいっても始まらないので検証方法を考えました。ネット25の64kbpsでもつながるなら、ダイヤルアップ接続の64kbpsでもちゃんとつながるはず。自分のプロバイダーなりPRINなりで64kbpsダイヤルアップの設定をして、繋がればまちがいない訳ですよね。今日中に試してみたいと思いますよ。

ほんとにネット25で64kbps接続できるんなら、6月からパケコミネットにしようとおもってたプランを直さなきゃいかんし。意外と時間がないのです。

【追記】
ダイヤルアップでの接続、問題なく通りました。アイコンもちゃんと64BEと表示されました。
何より速度が段違い。上の記事をブラウザを開き、通信を開始した状態からで20秒くらいでフル読み込み完了。電車の中の引っ張りも予想以上に強かった。

これはやはりネット25でも64kbps回線交換できるのでしょう。コミプラにまたいかなくちゃ。

タクシー新サービスに関する考察

タクシー初心者マークを導入してはどうだろう。
ちゃんと目的地に着けたら正式な金額を、道に迷ったり遠回りしちゃったら割り引き料金を支払う。
お客さんに道を聞いても減点ね。
美容院のスタイリストの格付けみたいな感じ。

そうでもしなきや道に弱い運転手に当たった人の気持ちが晴れないじゃないか。
安くタクシー乗りたい人にはいいサービスと思うのだがいかがなものか。

そんな今日の思い出を振り返りつつビールで仕事の疲れ癒してます。040528_0041001_s.jpg

2004.05.27

大戦勃発

出勤途中にある家電量販店に立ち寄ったら長蛇の列が。
どうやらスーパーロボット大戦の発売日で、みんなそれが目当てみたいです。そんな日にメトロイドを初日買いしている私。
またしても知らず知らずねうちに流れから外れているようです。だってSD苦手なんだもん。いろんな世界観の作品が混じってるのも苦手の理由のひとつなんですけどね。

2004.05.26

Becky!いぢり

会社ではメーラーにBeckyを使っているのですが、最近ウイルスのせいでメール整合性エラーが出たり、消したはずのスパムメールが何度も復元したりとさんざんな目に。いい加減Cドライブのかなりの領域をBeckyが占有していることもあり、思い切ってデータの移行を図りました。

Becky!って、いくつものデータフォルダを同時に参照できるんですね。今まで使っていたメールデータと、新しく作るメールデータは別々に保存できる。やり方は簡単で、今までのメールフォルダを別のHDDへコピーした後、再インストールまたは「ファイル」「システム」「データフォルダの変更」で新しいフォルダを指定する。以前のデータを削除したら、同じように「ファイル」「スステム」「データフォルダの変更」で新しいフォルダを作ってあげる。後は新しいデータフォルダへのショートカットをつくってあげればおしまいです。詳細は下記URLを参照あれ。

01008] 1台のパソコンを複数のユーザーで共有したい(Bekcy! FAQ)
http://www.becky-users.net/faq/contents/01008.html

基本的な設定、たとえば色表示などは新旧共有されるし、メーラーの設定もイチからやり直しなんですが、新しくメーラーの設定やり直せるのも結構便利。いままでCドライブで5GBくらい幅をきかせていたBeckyをEドライブに移せただけで万々歳ですよ。

2004.05.25

ホーンテッドマンション見てきました

「パイレーツ・オブ・カリビアン」に続く、ディズニーオマージュの映画第2弾。エディ・マーフィー主演のコメディタッチなので楽しそうかな、と思ってみてきました。

ディズニーランドのホーンテッドマンションはお化け屋敷ですが、映画のホーンテッドマンションは愛のお話でした。怖がらせるっていうよりもアトラクション感覚かな。屋敷の一部がディズニーランドと同じつくりになってたりするので、ファンにはたまらないかも。あれって全世界みんな一緒のデザインなのかな?

映画の時間も短めだし、サクサク話が進んでいってなかなか心地よい。それほど怖いシーンもないしね。深く考えずに遊園地感覚で楽しめる映画です。

しかしお化けが出るだけに、なんかマイケルジャクソンのスリラーパクッたような描写が多々ありましたね。最後に炎の竜が出てくるところも「GHOST」っぽかったし。

AH-K3001Vあれこれ

久々の更新でまたそのネタかよといった感じですが、他にいじってるものがないもので。もうしわけないですのう。

AH-K3001Vでは公式サイトがHTMLベースになったためか、着メロサイトが激減しました。もともとPHS向けの着メロサービスなんて多くはないのに、AirH"PHONE向けのサービスはスーパーPメロ25円と@ClubMeloの2種類。そのうち@ClubMeloはクラブ系だから、しごくまっとうな着メロサービスはもうスーパーPメロしかない。音の具合とかではメロ天が好きだったのに、残念です。

しかしAirH"PHONEのおかげで新たな発見もありました。今まではコンテンツサービスの接続料がもったいないから、メールマガジンからほしい着メロへ飛んでダウンロードしておしまい、だったんですが、AirH"PHONEになってひさびさにTOPページからスーパーPメロへアクセス。そしたら実はポイント制度なんてあったのね。1曲買うと1ポイントで、10ポイントで1曲無料。まったく気づかない間にポイントたまりまくってて、見てみたら67ポイントもありましたよ。今までコンテンツサービスでスーパーPメロを使っていてAirH"PHONEに移行した人はポイント確認してみるといいですよ。

発売1週間で不具合をダウンロードするというギネス級の早さで対応したAH-K3001Vですが、まだまだ直っていない不具合はたくさんあるようで。個人的に困っているのがアラームの不具合。Operaブラウザが起動したままだとアラームが起動しないばかりか、通常は5分おきになるアラームがOperaブラウザを終了した後は1分おきに鳴り響く。いや、もう設定時間通り過ぎてるんだから鳴ってもしょうがないし。しかも1分おきって騒がしいし。スケジュールでアラーム設定していたら、わざわざ設定オフにするわけにもいかんので、この不具合もまた直してほしいなぁ。

今月はAirH"のキャンペーンを適用して無料だったため、問答無用でつなぎ放題にしてみましたが、来月はプランどうしようか検討中。64kbpsでのAH-K3001Vを体験してみたいのでおそらくネット25にするでしょう。

ネット25の問題は、メールが別途課金されてしまうところなんですが、メール放題つければH"のメールは定額に。プロバイダーのメールはメインで使っている@niftyをH"に転送かけておけば無料に含まれるし、@niftyで出したい時はパケット覚悟すればいいかなと。

問題は64kbpsの回線交換はパケットほどひっぱりが強くないので移動中に難がある点なのですが、それは32kbps接続用のアカウントを1つ作っておいて、移動中はそっちに切り替えればいいかなと。64kbpsがイマイチだったら、利用パケット数を見た上で今度はパケコミネットにしてみたいなと思います。

ご無沙汰

いやいや、1週間近く更新サボってしまいました。別に何があった訳でもなく、単に仕事終わるのが0時を過ぎ、土日は予定があって更新できなかっただけなんですけどね。しかし更新ぜんぜんしてないのにアクセスカウンタはぎゅんぎゅん回っているのがすごい。AH-K3001Vがらみで今月は結構かせいだのう。またちびちび今日から更新していきますよ。

2004.05.18

鮭いくら丼

吉野家の50円引き祭りに乗じて初体験してきました。
味は予想通りというか、無難に食べられますねという感じ。
カレー丼やマーボー丼よりだいぶましですが、やっぱり豚丼のほうが上かなあ。040518_2243001_s.jpg

RD-XS41導入

040516_1120001_s.jpgすっかりAH-K3001Vの陰に隠れた感がありますが、週末我が家にRD-XS41がやってきました。
iEPGは便利なんですが、正直それほど感動がない。今まではHDDレコーダ機能のみのロクラク使ってましたが、操作性の難はあれど純粋な機能はさほど変わらない訳ですからね。いきなり手のひらインターネットできるようになっちゃったPHSとは段違い。

東芝のRDシリーズは編集性に優れると聞いていたのですが、実はロクラクのほうがすごい、と感じる場面も。まだそこまで使い込んでいないのでできるのかもしれないんですが、RD-XS41だと録画中にHDD内に保存された他の番組を見られないんですね。ロクラクだったら録画中だろうがなんだろうが保存した番組は全部見られたので。RDにもやり方あるのかな? あまりにもかまってあげなさすぎで申し訳ないくらい。給料入ってDVDメディア買ってきたら熱中する気がするんですけどね。今まで味わったことない機能ですから。

今日試したらやっぱりできました。録画中のHDD内保存画像視聴。週末は天気も悪いことだしテッテー的にRD-XS41のお相手しますかね。

2004.05.17

ガンバァールとガンバリーナ

たまたまつけっぱなしのテレビで、セリエAの試合が放送されているのですが、その実況がすごい。

 「(ボローニャの)ガンベリーニ文字通りガンバリました!」


いやそれぜんぜん文字通りじゃないから。

2004.05.16

AH-K3001Vのメール機能を使いこなそう! その2

 前エントリでも書きましたが、AH-K3001Vのメール機能は本当にちょっとしたメーラー並み。H"用メール以外にもPC用メールを2つまで追加できるのはカタログ的にも周知の事実でしょうが、これってH"メールと同時に受信できるんですね。さすがにH"メールが新着で届くと同時に他のプロバイダーメールも持ってくる、とまでは行きませんが、送受信ボタンを押した時に3つのメールすべてを送受信することができるんです。

 私は今回がAirH"PHONE初体験なので正直よくわかっていませんでした。プロバイダーメールを見るにはプロバイダーに回線にいちいち切り替えないといけないのかな、それってちょっと面倒だなって。ところが実際にはPC用メーラーと同様、一回の送受信で違うプロバイダーのメールも取得できる。勝手に勘違いしてただけですが、この便利さにはびっくりです。

 さらに感動したのが「POP before SMTP」をサポートしていたこと。この機能は一言で説明すると、違うプロバイダーの回線でもメールだせちゃう機能です。Yahoo! BBのADSL回線から@niftyのメールを送信する、といった感じ。

 このPOP before SMTP、AH-K3001Vでは初期設定で「オン」になっていますが、このおかげでH"用のサーバーに接続していても自分のプロバイダーメールが送信できる。つなぎ放題のユーザーであれば、Web閲覧もH"用サーバーにつなぎっぱなしでいい訳だし、他プロバイダーのメール送受信も回線切り替えないで済みます。プロバイダーによってはAirH"対応プランがオプションになってたりしますが、メール送受信だけであれば、プロバイダーのAirH"コースとかも加入する必要がないって訳です。@niftyだったら+250円のメールアカウント持ってるだけでも十分。

 プロバイダーのメールも届いたと同時に知りたい! って人は、H"のメールに転送かけてフォルダ振り分けしておけばよい。大抵のプロバイダーは無料でできますよね、転送は。プロバイダーのメールアカウントで送信したいときだけ、アカウント設定しておけばいいですから、つなぎ放題以外のコースでも便利ですね。

 注意すべきは、POP before SMTPはすべてのプロバイダーが対応している訳ではないこと。例えばDIONがそうです。私メインプロバイダーをDIONに変更しようと思ってたのですが、この仕様みてその考え改めました。

DION以外のプロバイダからDIONのメールサーバにアクセスできますか?(DIONカスタマーサポート)
http://cs119.kddi.com/dion/faq.jsp?faqno=DSE01003

また、ぷららではPOP before SMTPの場合、別のSMTPサーバーを設定する必要があります。また、無料のぷららライトではPOP before SMTPできませんから! 残念!
(なんか有料会員から無料へコース変更すると使えるとかいううわさもありますが)

POP before SMTP について(ぷらら)
http://www.plala.or.jp/access/community/mailplus/pbs.html

 さて、ここで気になるのがメール受信料金。つなぎ放題ならもちろんすべて無料なんですが、ネット25やスーパーパックL+メール放題プランってどう課金されるんでしょうか。

 他プロバイダーのメール受信はH"メールと同じ回線で受信してますし、送信だってPOP before SMTPだったらH"用回線。これってメール放題に料金含まれるのか、それともデータ通信扱いでパケット料金取られるのか。

 今私は2つの追加メールを利用していますが、受信の時には先に追加メールを受信、2つのメールサーバーを確認した時点でメールがあると一旦着メロが鳴ります。その後にH"メールを受信して、メールがあればもう1回着メロが鳴る。この動作を見る限り、他プロバイダーのメール受信はやっぱり別料金っぽいんですけどね。メール放題ユーザーは確認してみたほうがいいかもしれませんよ。

ちなみにPOP before SMTPが使えない場合、PCだと回線のSMTP設定すれば送信できるんです。家が@niftyのADSLであれば、ぷららライトで@niftyのSMTP設定する、とかね。AH-K3001Vで同じことできないかな、と思ってDIONのSMTPにH"のSMTP設定してみましたが、それはうまくいきませんでした。H"メールはちゃんと回線見ているみたいね。他プロバイダーでの接続ではH"メール取得できないようになっているし。

 あとは細かい疑問なんですが、プロバイダーの接続設定ってAirH"だけじゃなくダイヤルアップでも繋げるのかな? それできるとダイヤルアップで会社に繋いでいるユーザーは便利っぽい気がしますが。

AH-K3001Vのメール機能を使いこなそう! その1

 週末はAH-K3001Vに明け暮れていました。いやぁ、設定が細かいぶんすごく面白い。ここまで使い込めるとは思ってもいませんでした。

 機能はほぼ一通りそろっているので、それほど大きな問題はないです。ちょっと操作性に難はありますが、「ない」訳ではなく「こうだったら便利なのに」程度なので、それは使う側の慣れでなんとかなるかな。例えば電話帳の検索。通常は「あ」「か」「さ」~「わ」のタブで分けられていて、表示切り替えはメモリ番号かグループ設定のみ。最初から名前検索ができないんですね。電話帳画面から少し操作すると名前の直接検索もできるんですが、メールでの引用では名前の直接検索はできないのでちょっと手間がかかる、といった具合です。

 AH-K3001VというとどうしてもOperaによるインターネットブラウジングに注目が集まりますが、どっこい私が手にして感動したのはメール機能の細かさ。ちょっとしたメーラー並みの設定ができるのでかなり面白い使い方できます。

 その機能の使い方については後述するとして、まずはメール入力でちょっこす便利な使い方をば。

 AH-K3001Vのひらがな入力画面では、スペースが自動で全角になってしまいます。ライトメールなんかだと全角スペースは半角スペースより文字が1つ増えてしまいますから上限50文字の枠ではちょっともったいない。なので私の場合、辞書登録で半角スペースを登録、読み方を「あ」にしてます。そうすると半角スペース入力したい場合、「あ」と入力してキーを下に押せばOK。文字ボタンで切り替えるよりはだいぶ早いです。「あ」だけ単独で入力することも少ないですしね。

 また、数字を入力する時の切り替えも面倒ですから、「1」の読みを「あ」、「2」の読みを「か」、「3」の読みを「さ」というように「0」まで登録してます。半角スペースと同じように、文字ボタン切り替えなくてもボタン1回+キー下で半角数字が入力できます。上記設定もかぶると「あ」のみ「1」と「半角スペース」が混在しますが、それでも2回の変換でできるから十分使いやすい。

 せっかくAirH"PHONEからもPic@nicが使えるようになったのですが、なぜか電話番号やら照会キーやらが必要なんですね。電話番号は端末から情報とってよとおもいつつも暗記してるからいいですが、照会キーはさすがに覚えにくい。
なので照会キーを辞書登録、読み方を自分だけにしかわからないようにしておくと便利。たとえば誕生日をキー表示に置き換えるってのでもいいと思いますし。11月21日だったら「ああいあ」とかね。端末落とした時の心配はありますが、わけのわからない読み方の上にパスワードだけじゃぁどこのサービスで使っていいかもわからないから、そこまで危険性はないかなと。クレジットカード落とすよりよっぽど安心かな。Pic@nic以外にもいろんなサービスで応用できる気がします。
いざやってみたらPic@nicの照会キー入力は数字のみでした。メモ帳に入れておいてコピー、ってほうが便利かな。

 上下キーの割り当ては「ライトメール」にしてます。それ以外の設定はすべて他のボタンに割り当てられているのでもったいないから。Eメールのフォルダはページ上下ボタンがそれぞれ送信、受信対応だし、メールボタン長押しならEメール作成、電話帳も専用のキーがある。ライトメール作成だけショートカットがないのでこの役割が的確かなと。

 こんな感じで、操作性はちょっとしたやり方で使い勝手向上したりしますが、やっぱり重要なのは機能そのものですね。面白い機能は次に紹介いたします。

2004.05.15

焼肉くったどー

画像はAH-K3001Vで撮影後、本体で1/4圧縮しました。H-SA3001Vと比較して画素数こそ同じもののCCDからCMOSになったせいか、画質は落ちてますね。暗いところはかなり差がでる。そのぶん大きい画像が撮れるから一長一短でしょうか。携帯電話ユーザーにはちょっとオススメできない画質です。

帰宅後の感想

いやはや今日は疲れました。予想外のイベントが発生して夜まで仕事かかってしまいまして。

朝早く機種変更したはいいものの、仕事中は端末にそれほど触っていないのでしっかりした感想はまだまだですが、今までのPHSとは比較にならないほどよくできていると思います。PHSと思っちゃいけないかも。設定が多すぎて理解が大変ですが、操作性は良好。何かしたいときにファンクションキー押したらちゃんとできるようになっていて、感覚的に操作できている気がします。

ネット接続はさすがに32kbpsでは遅いですが、画像オンオフやスクリーンモードの切り替えをマメに行なうなど、使う人次第で体感速度は上がると思います。そう、みんな自らをトルネードに変えて行きましょう。ゼルダとおんなじでプレーヤーが育てば利便性も上がっていきますよ。

電話帳のデータ転送はH"問屋でうまくいきました。H-SA3001VはAH-K3001Vよりもメール登録数が1つ少ないので順調に移行できます。KX-HV210からH-SA3001Vへの電話帳転送はグループがずれたりしたんですが、H-SA3001VからAH-K3001Vはそれもありませんでした。

自分はきちんと予約してゲットできましたが、都心部では行列ができて端末が手に入らなかった人が多いという話もあります。PHSの既存ユーザーだけでなく、携帯電話ユーザーにもアピールできる製品なのに、端末が手に入らない状況はとてもかなしい。情熱なんて冷めやすいものですから、発売日のタイミングで機種変更できなかったらもういいか、ってなってしまう人もいるかもしれない。6月からパケホーダイがNTTドコモで始まれば、さらに印象は薄まるかもしれない。そんな状況で私ができることは、少しでもココでAH-K3001Vの良さを伝えていくことでしょうか。もちろん悪いところもキッチリとね。

朝早かったので今日のところはこのあたりで。とりあえず買って間違いなしだとは思います。仕事場でも「結構いいねぇ」って興味もってくれた人多かったし。

2004.05.14

お昼休みテスト の続き

割と文字も写真いけます。近すぎるとボケるけど。

でも改行の仕方がわからんぞ、と思っていたらオペラボタンが改行でしたよ。文字入力はなかなかサクサクで頭もよろしい。 

と、今AH-K3001Vからエントリ修正中。画像オフにすればココログ更新も十分いけますね。恐ろしい端末だこりゃ。

今日はギリギリまで残業したのでただいま終電乗車中。車内は人身事故の影響で大変なことになってますよ。
040101_0000003.jpg

実験

買いましたよ。040101_0000001.jpg

2004.05.13

今日はおはや寝

明日は朝一番で機種変更行かなければなので早く寝ます。むにゃむにゃ。

とある駅における朝の風景

線路2つぶんを隔てたキヨスクのおばちゃん同士が地声でおしゃべりしてた。他におしゃべりしている人もいないので、おばちゃんの会話は地声でも実によく届く。

まるで立花兄弟のようだった。言葉のコンビプレイ。おおっとこれはミスキックだ。
may13_1009.jpg

ミキティ

といってもモーニング娘。じゃありませんよ。フィギュア界のミキティこと安藤美姫です。こんな呼ばれ方本人はイヤかもしれませんけど。

前々から注目してたんですが、今日のトリビアには思いっきりやられました。ノックアウト。

トリビアの種で「フィギュアスケート選手が目を回す限界は□回転」というテーマで出演してたんですが、さすが世界初の4回転ジャンパーを決めた女子選手だけあってなかなか目を回さない。本人も「どんどん回しちゃってください」という始末で、40回転からスタートした回転数は2日にわたって1,000回転へ到達。しかし一向に目を回さない本人ですが、医者が「これ以上の回転は体に負担が」ということで実験はストップになっちゃったのです。

そしたら本人、去り際にひとこと。

「勝った。」

これ最高。

顔的にも非常に好みだし、「笑顔がイイ」という自分として一番大事なポイントも高得点。何より「勝った」といっちゃうキャラクターがよいよいよいよいよい。

でもあれね、フィギュアの格好より普段着のほうがかわいいと思いましたよ。ちなみに1,000回転て10分間ですよ。ジャンクSPORTSのようにイスにくくりつけてくるくる回されるんですよ。かわいい顔してやっぱり鍛えている人は違うなぁと実感しました。

2004.05.12

ニンテンドー・ディーエスとPSP

出ましたねぇ。今日は朝からこのニュースを楽しみにしてましたよ。

任天堂Media Briefingにて「ニンテンドー・ディーエス」が公開
Wi-Fi対応、GBAソフトにも完全互換のタッチパネル式2画面液晶携帯機
(GAME Watch)

プレイステーション・ポータブル(PSP)がついに公開!
~対応タイトルの映像ラッシュに数々の注目作品を発見
(GAME Watch)

両方とも無線LAN対応機種。これはHOTSPOTマニアとしてはたまらん展開ですよ。ゲームというキラーコンテンツがあるなら、公衆無線LANのニーズも高まるというものです。いよいよHOTSPOTの時代がやってくるか!

何より嬉しいのは、単に無線LAN機能をつんだだけでなく、インターネットにも繋がると明示されていること。無線LAN搭載していても、ポケモンのように近くの人としか遊べないローカルなネットワークだったら、社会人には遊びづらい。インターネット経由なら自分の家からでも遊べるんですから、対戦の楽しみも増えるってなもんですよ。マリオカート、ぜひネット対戦したいですね。

両方とも年内発売予定らしいですが、2つ買っても遊びきれないので、まずはGBA互換のDSでしょうかね。そもそもソニーのゲーム機はイマイチ好きになれないんですよ。コントローラは使いづらいし読み込みは遅いしで。モバイルで動画見られるPSPも面白そうですが、こっちはソフトを1からそろえなければいけない訳で、まずはソフトが充実するまで静観といったところでしょうか。

しかし前評判のあった新ハードよりも実際に私の心を揺さぶったのは、GAMECUBEのゼルダ新作ですよ。し・ん・さ・く!

任天堂Media Briefingレポートその2
宮本氏、GCで「ゼルダの伝説」新作を開発中!

これぞゼルダ! といった画面でいやがおうにも期待高まります。エポナにもまた乗れるっぽいし。

しかし同じGCで発売された風のタクトと比べてデザイン一転したあたり、やっぱり風のタクトは「なかったこと」扱いなんですかねぇ。正直風のタクトには残念な気持ちもありますが、それでも新ハードで登場するゼルダシリーズとしては正統派なはずなので、それを考えると寂しい気も。

@niftyの迷惑メール対策に新たな展開

私の@niftyメールアカウントに迷惑メールが多いというのは以前エントリした通りで、その中で「転送メールにもぜひ迷惑メール対策を」と書いていたんですが、この件についてニフティの古河社長ブログにとても貴重なコメントがありました。

スパムメール対策(その4)(古河建純 インターネットBlog)

その一文を引用します。

なお、前回の記事へのトラックバックで転送サービスにもフィルターをかけてほしい要望を頂いた。 もっともなご指摘と認識しており、現在開発中で、出来るだけ早い時期に提供させていただく予定です。 しばらく、お待ちください。

迷惑メールに悩まされている@niftyユーザーとしては待望のサービスです。早期実現期待しております。

@niftyの学習型フィルター導入は、ライトユーザーにはとても便利なサービスとは思いますが、少しマニアックなユーザーになるとPOPfileのほうが便利なんですよね。前にも書いたとおり、@niftyの学習型フィルターはサーバーにメールがあるときしか手動で学習設定できず、1回メーラーにダウンロードしてしまうと「ああやっぱりこれ迷惑メールと覚えさせたい」と思っても時すでに遅し。その点メーラーに取り込んでからも学習設定できるPOPfileのほうが育てやすいのです。

ただし、サーバー上で動作するという点では、転送メールへの迷惑メール対策はPOPfileにはできない機能ですし、家のメールを転送して携帯電話でメール読んでいる人にとっては本当にありがたいサービスだと思います。付け加えるならば、単に転送メールだけでなく、有料サービスのモバイルメールにもぜひ対応お願いしたいところ。家のメールを全部携帯電話に転送していたら、昼夜を問わずやってくる迷惑メールのせいで眠れなくなり、モバイルメール解約せざるを得なくなったので。

ちなみに下は私の迷惑メール学習状況。niftyにしてから掲示板にも書かず、知人だけにしかメールアドレス教えないよう注意を払ってきた1個人のアドレスでこの迷惑メールの数。おそろしいことになってます。なんか外国のメールがほとんどなんですけどね。

nifty.jpg

妻夫木くんのケータイ その後

昨日エントリした妻夫木くんのケータイ、うちの愛機ロクラクくんに前回放送分が残っていたのでチェックしてみました。

結果はやはりオリジナルケータイ。型番は「YA2120D」という見たこともないシロモノです。どういう意味なんだろ。

ただし、中身自体はWamoさんご指摘の通り(詳細は前回のエントリ参照)、ドコモのSO212iをベースにしてますね。外側はかなりいじってあって、中も色が変えてありますがキー部分のつくりは一緒なので。

これ、なぜ目が行ったかというとデザインが変わっててかっこよかったからなんですよね。色もシルバーと赤というウルトラマンカラーがなかなか好感触。限定版で出たりしないかしら。

ちなみにその他出演者は普通にドコモの携帯持ってました。白石美帆はN50Xかな、アップで写らないから細かいところがわかりませんが。

ボーダフォンの未来

ボーダフォンが発表した新端末5機種。その中でもV401Dがちょっとかっこいい。

「コントロールパッド」を搭載する「V401D」 (ケータイWatch)

デザインもかっこいいし、色もなんだかおしゃれ。緑・赤・銀という配色は勝手に「ザクII、シャア専用ザクII、ザクIII」と勝手に命名させてもらってます。

ハッピータイム2の導入に伴う事実上値上げや、ハッピーボーナスの2年縛りなどいろいろ問題も抱えているボーダフォンですが、あくまで現時点で使うならそこまで悪くないと思うのです、ボーダフォンも。使い方にもよるでしょうが、自分にとってはまだまだエリアが狭い上に、圏外だとメールを届けてくれない(3回通知して圏外ならもう送らない)FOMAよりはよっぽど使えると思います。PDCでもパケット割り引きサービスやってますし(これもいつまで続くのかわかりませんが)、料金的にも悪くないかも。あくまで現時点、ですけどね。

900iが出てどうもFOMAが注目されがちですが、やっぱりまだまだエリアやらメールの問題は山積していると思います。もちろん天下のNTTドコモですから、すぐに解決するんでしょうけど。でも、今の時点では端末はすごくてもサービス的には物足りないところが多い。メール通知やら受信メールの容量制限やら。

同じことはテレビにも言える気がします。液晶やらプラズマやらがテレビの主流っぽく宣伝されてますが、まだまだブラウン管のほうがいろいろな場面で画像がきれいだし、何より安い。液晶なんて残像が残るからスポーツ観戦にはイマイチだし、プラズマも明るいところに弱い。しかも地上デジタルはここしばらく大きな普及しそうもない。でもやっぱり人気はプラズマやら液晶なんですよねぇ。

何がほしいのかは個人の嗜好ですし、大きいテレビがほしい! 高スペックな携帯がほしい! という要望もあるでしょう。でも、あくまで現時点でいいものを選ぶっていう選択もそれはそれでアリなのかなと思う今日この頃です。がんばれボーダフォン。

妻夫木くんのケータイ

ドラマ「オレンジデイズ」を毎週楽しみにしております。意外と早く小西真奈美と妻夫木くんがお別れしたので、柴咲コウとの恋愛模様が非常に楽しみな展開に。

しかし今日のテーマはドラマの本筋とは関係ないところでありまして。

ドラマで妻夫木くんが使っているケータイ、なんだか不思議なデザインなのです。見覚えがない不思議な形をしたケータイ。といっても自分はPHSユーザーなので、自分が知らないだけですでに発売されている端末なのかもしれませんが、

妻夫木くんといえばauで1X WINのCMに出演していますが、どっこいドラマ「オレンジデイズ」のスポンサーはNTTドコモ。こりゃ激しく揺れますよねぇ。どっちの端末を使ってもカドが立つ。それでオリジナルの携帯電話でも作ったのかなぁと想像してみました。

他にオレンジデイズ見ている人で「妻夫木くんの端末はコレですよ」という情報お持ちの方、ぜひご一報を。すべての携帯電話見ている訳じゃないからやっぱわからんのですよ。でもあんなデザインやっぱりないような気がするなぁ。

2004.05.11

結婚しました

週末まったく更新しなくてすみません。いろいろ身の回りが忙しかったもので。

事の起こりといえば、たまたま道で会った、それだけなんですが運命ってのは不思議なもんですよほんと。

しかしこの父親がほんとに時代錯誤な人で、「俺の娘と結婚したいならお前の力を示してみろ!」と抜かしやがる。キレそうになる気持ちをグッ抑えて仕方なく父親に与えられた課題をこなしてみたら態度急変ですよ。いきなりお気に入りにクラスチェンジですよ。なんて尻軽なんだこの人、正直思いました。

しかしそこで問題は終わらず。このオッサン、「結婚式は開いてやる」とか言って参加者まで自分で呼んでおきながら、いざ参列者来たら「君が連れて行ってくれ」だって。最後まで責任もってよ……。

そうはいいながらもなんとか結婚式も終えて、妻と旅に出ようとしたらまた邪魔するんですよ。娘が心配だとかなんとかいって。溺愛もここまでくると大変ですばい。

さすがに精神・体力ともに耐え切れなくなったのでセーブして就寝しました。

そう、週末はドラクエVにハマりまくっていたんです。スーパーファミコン版ではビアンカとフローラ両方でクリアしてたんですが、さすがに月日は流れて細かいストーリー忘れているため、新鮮にプレイできてます。何よりドラクエはやっぱり人をひきつけますね。日曜から初めて1日で10時間ぐらいやりこんでましたよ。

戦闘画面の3D化はよかったんですが、フィールドの3D化はちょっと微妙。そもそもデフォルメしたキャラクターなんだから、変に立体化してもおかしいんですよね。気持ちが入り込めなくなっちゃう。FFの3D化とドラクエは一緒にすべきではないと思うんですよ。その点では最新作ゼルダで2Dに回帰した任天堂の判断は私的に素晴らしいと思います。

ドラクエV自体はドラクエシリーズの中でもストーリーがしっかりできているし、モンスター仲間にできる楽しみもあるし、かなり気に入っている作品です。ロトシリーズ以外では一番かな?

cover


2004.05.08

福田官房長官が辞任。菅直人も代表を降りる

福田官房長官が辞任、年金未納で引責 さらに未加入期間

残念です。非常に残念です。福田官房長官が好きだったというのもありますが、こんな年金未納ごときで辞任するのが非常に残念。民主党への無言の攻撃とか、いろいろ裏の意味もあるのかもしれません。けれど、あまりにも辞めた理由がつまらなすぎですよ。

思わず加治隆介の議を思い出しました。実際はやっていないのに暴力団と癒着したとうわさを流されてしまい、世論が騒がしくなりすぎて辞任に追い込まれる。本業の政治が振るわないならともかく、たかだか年金未払いごときで降りたんじゃぁ本末転倒ではないでしょうか。

しかし菅直人となると話は別。「政治不信」という意味では、代表を降りる前日までテレビにでて「私は辞めません!」と声高に叫んでおいて、結局代表降りてるというその行為が政治不信を招いているんですよ。あれだけ年金未納をシステムのせいにしていたんだから、そのシステムを改善すべき策を明示してから引いてください。それが男の引き際ってもんじゃないでしょうか。

2004.05.07

キャシャーンのゴサーン

映画を見たところで原作にも興味が出たところで、そういえばAIIがキャシャーンをネット配信していたことを思い出す。

新造人間キャシャーン(AII)

前にキャンペーンでもらったAII用WebMoneyもあまってることだし、せっかくだから買ってみようとボタンをクリック。

その後、ココログルで他に映画の感想書いた人を探してみる。

そして目にした1つのブログ。

もうすぐ映画キャシャーンが公開ですが、最近なんとYahooで昔懐かしの新造人間キャシャーンのアニメが1~15話まで公開してるんですね~♪
昨日見つけて、思わず1~4話まで見てしまいました。
5月13日までの限定だそうですので、興味のある方はお早めにチェック!

……。
無駄金使ってもうた……。
Yahoo!オークションのせいで立派なYahoo!プレミアム会員だったのに……orz

とりあえず第1話見てみましたが、映画よりシナリオというか、最初の理由付けの部分がきっちりできてます。って、比べるまでもないんでしょうけどね。とりあえず15話まで悔しいので見切ってやる予定。

2004.05.06

期間限定

サイト名変更です。まぁ祭りには参加しとけと。
「ゴーログウィーク」ってのやりませんか!?(週刊!江崎彰)
ゴーログオフも陰ながら参加してますし、その時の木村剛氏の話にはうんうんと頷かされることも多かったので。
TBはこの後の反応待ちですかね。明日は久々の仕事なのでもう寝ます。

2004.05.05

潮干狩り

iso2022jpbgyrcrcw0mzxtjgobkei.jpgGWのとある1日、唯一のアウトドアイベントとして潮干狩り行ってきました。自主的ではなく、友達夫婦に誘われたからというのがなんともまぁ負け犬ですが。お天気には恵まれていて、外を歩いているだけでも気持ちのいい1日。浜辺を歩いているだけでも心が洗われました。

潮干狩りというイベントは生まれて初めてだったので、何の予備知識も持たずにいったんですが、簡単にとれるものじゃないのね、アレ。アサリというよりシジミといったほうが正しい程度の大きさしか取れませんでした。帰りがけに目にした看板に書いてあったのですが、昨年の青潮の影響で今年はアサリが少ないらしいです。達人クラスはアミやら水中メガネやら用意していて、これくらいやらにゃいかんのだなと痛感しました。

それでもある程度のアサリを集めたあと、友人宅でパエリアを作る。作ってる工程が何よりの楽しみですね。写真は撮り忘れましたが、小さいながらちゃんとアサリの味がしていて、おいしくいただきました。

CASSHERN見てきました

GW最終日ってことで最後のイベントに。といっても明日、あさってでまた休み突入な訳ですが。ネタバレありますから見てない人は先読まないでね。

キャシャーンの原作ファンでもないし、ましてや伊勢谷監督ファンでもないのですが、出ているキャストが自分好みなのと、日本の特撮がどこまでがんばれるか、っていう点で興味持ってました。キャストは雨上がり決死隊の宮迫と及川光博ことミッチーね。ミッチーは歌も役者もお気に入りなのです。

結構大物映画かと思ってたんですが、意外と上映劇場は少ない。地元で済ませようと思ってたんだけど都内にでないと見られませんでした。なので一番近い丸の内ピカデリー2を選択したんですが、ここって全席指定制なのね。知らずに行ったので結構変な席になりました。気をつけねば。座席の間も狭くて、しかも中央に座った人が何回も出たり入ったりするもんだから大変でした。映画館で席とったら立ち上がるのは1回にしとこうよ。それってマナーですよ。

席は狭いのですが、音響はいいみたいで、DVDオーディオのCMが流れていました。CDとDVDオーディオで実際に音を聞き比べて、というCM。確かにDVDオーディオのほうがいい音だったんですが、そりゃこれだけいい環境そろえれば違いでるだろうよと。普通の家庭でどのくらい音に違いあるのか知りたいものです。

と、また話題がそれているのがもはや通例となっていますが。

映画のデキはまぁ納得でしょうか。特撮に関しては違和感なく見られました。日本の特撮ってなんかとってもチープに見えるんですが、ゲームのようなCGを駆使することで世界観はできていたなと。ここはさすが映像出身の監督だけのことはあるなと感じました。

難点はやはりストーリーかな。生まれたばかりの新造人間がなぜ知能を持っているのか、これについては最後に明らかになるし、伏線でもあるのでいいんですが、従えるロボットの意味がわからない。なぜあの城を知っていたのか、その説明がないんですよ。全部が全部説明をする必要はないと思いますが、ストーリーの根幹となる重要な部分はきちんと触れておくべきではないでしょうか。

たとえば特撮「ウルトラマン」でいうなら、なぜ隊員たちが「スペシウム光線」や怪獣たちの名前を知っているのかといった瑣末な謎はたくさんあります。けれどなぜウルトラマンが地球を守るのか、ハヤタに命を与えたのか、そういう理由付けはきちんと最初になされてますね。全長40メートルの巨体については「そういう宇宙人がいるんです」という理由づけ程度ですが、そんなのでいいんです。その作品を見る上でのルールは最初に提示しておかないと、作品がよくわからなくなると思うんですよ。

映像出身監督のせいか、映像へのこだわりは強いです。ただしそれがマイナスになっているなと感じることも。主人公鉄也と新造人間の戦闘シーン、ある意味では特撮映画として一番の見せ場だと思うのですが、カメラアングルにこだわりすぎて戦闘そのものが見づらい。窓の外から見たりとかはいいから、戦闘素直に見せてよ。マトリックスはその点映像もさることながら戦闘そのものをキチンと見せてた点に違いを感じましたね。

一番気になった点は「テーマに関するセリフが多すぎ」ということ。命の大事さとかをテーマにしたいのはわかるんですが、キャストにしゃべらせすぎると逆にしらけますね。映画なんだから、テーマも映画としてぶつけてほしかった。もう少しセリフ削って戦闘シーンに回してくれたほうが見どころ多かったのにとも思います。

文句ばかりに見えますが、いいところもたくさんあります。新造人間の謎については結構いい伏線をつけていたと思いますし、CASSHERNのスーツも違和感なく映像に溶け込んでいた。特撮として一番大事な「ありえないものを日常に溶け込ませる」という点では文句なかったかなと思います。

総評するならば、やはり今までの経験からくるのでしょうか、作品自体が1つのビデオクリップのようでした。ビデオクリップってシナリオとかはさほど説明せず、視聴者にいろいろ想像してもらうものです。音楽がメインであり、登場人物は話すことができないビデオクリップでは当たり前でしょう。だけど映画になったら、やはりきちんと説明すべきところは説明しないといけない。その点が初監督というせいか、ちょっと物足りなさを感じました。いいところもあるけど物足りないところもあって、それを平均化すると「まぁまぁかな」という感じ。

けれど紀里谷監督もまだ初監督作品ですからね。むしろ初監督でこれだけの映画を作っていることがすごい。素直に次の作品に期待したいと思います。有名人というととかく初監督作品は芸術方面に偏りがちですが、キャシャーンをテーマにして大衆作品をベースとしたところも好感。国際的に通用する日本映画というといかにも日本的なものだったり、または北野武監督作品、そしてアニメといったところですが、いかにもハリウッド的な特撮映画でも世界的な映画が日本から登場するといいな、と思いましたし、CASSHERNの先にはその可能性あるのかなと思いました。


トラックバックの使い道

ブログが単なるホームページと別に扱われる理由の1つにトラックバックがあげられると思います。自分が相手先をリンクするときに、そのエントリー固有のURLを入力することで相手先に「リンクしたよ」と伝えられる機能。

と、思っていたんだけど、トラックバックの使い道はそうではないのかもしれない。トラックバックされて相手先に飛んでみると、自分と同じカテゴリの話を書いているんだけど、自分のブログについてはまったく言及されていないことがあります。どっちかというと「こんな記事書いたから、同じようなこと書いてる人見に来てよ!」。そんな感じ。1つの告知機能として使われているんですね。

それはそれでひとつの使い方だとは思うんですが、困るのはコメントのしようがないのね。だって自分のブログのこと何にも書いてないんだもん。どういう対応するのがスマートなんでしょうかねぇ。

不安と緊張

【AirH"PHONE】AH-K3001V
いや、ほんとAH-K3001Vの話題ばかりで恐縮なんですけどね。年に1度の新端末ってことで許してつかぁさい。

2店舗で予約して発売日当日ゲットは確定の私なんですが、よく考えたらそうすんなり手には入らない気がしてきました。私の職場は夜型なので、発売日当日に受け取るとしたら店舗の開店と同時に駆け込み、30分で機種変更を終わらせて会社へ向かわなければならない。会社帰りってのはおそらく不可能なんですよ、時間的に。

DDIポケットの機種変更は通常30分もかかりません。書類がそろっていれば10分でできちゃうかも。ただし問題なのが、手続きの最中にDDIポケットへ電話をする必要があること。持ち主確認や10カ月経過しているかどうか、そういうのをチェックするんですよ。

普段なら問題ないですが、お店でも予約をたくさん受け付けているというし、掲示板でも予約祭り勃発しているこの状況。しかも発売日当日にゲットしたい人なんて、当然のごとく開店と同時に手に入れたい人がほとんどでしょう。そうすると電話の窓口も殺到して、話中ばかりでつながらない恐れも。前にあったんですよ、センターに電話がつながらなくて機種変手続き待たされたことが。あんまり時間がかかると出社時間に響く訳で、それを考えるとちょっと不安なのです。杞憂で追わればいいですが。

救いとしては、優先度の高い(値段が安い)ほうの店舗ではすでに申込書を送付済みということ。確認の電話を前日に済ませてくれれば、当日の作業は時間がかからないかもしれません。もう1つは、予約は多いけどそれ以外の機種変更は少ないかもしれない、という予想。PSXだって予約はそれなり(といってもPS2ほどの爆発はなかったけど)に入ったけど、当日はいろんなお店でザクザク売ってました。もちろん出荷台数の違いはあれど、当日機種変更したい人は確実に予約してるでしょうし、それ以外の人は休みの土日にするのかなって。どっちに転がるか今からドキドキです。気が早すぎ。

ちなみにこのエントリのタイトルはとあるマンガから取っていますが、何の作品だかわかるひとー。作品名じゃないですよ、お話およびコミックのタイトルです。マニアックでごめんなさい。作品はメジャーだけど。

おかたづけ

may05_0059.jpgGW引きこもりイベントの1つとして部屋のお片づけをしました。土日だと時間が少ないのでなかなか本格的に掃除できないんですが、さすがにGWは暇をもてあましているだけに徹底的に掃除できましたよ。

今日つくづく感じたのですが、生活に音楽って必要ですね。うちはCDコンポが壊れちゃっているので音楽聞く環境がなかなかなくて、掃除する時は何もなしかテレビ見ながらかのどっちか。だけどテレビ見ながらだとどうしてもテレビ見ちゃったりするし、何もないと気が乗らない。そこに音楽があると結構はかどるんですよ、掃除が。

写真は新しくなったテレビ棚。前の状態知らない人には何がなんだかですが、中段に置いていたロクラクをゲームコーナーの下段に移動しました。あいた中段には新たなレコーダが入る予定なのです。いままでロクラクお疲れ様。まだ新人来るまで時間あるのでいっぱい働いてね。


2004.05.04

ピクミン2所感

coverゼルダの伝説 4つの剣+も無事終わったことで、やっとピクミン2を始められました。2ではピクミンの種類が増えたりとマイナーチェンジが図られていますが、自分にとってもっとも嬉しいのは時間制限がなくなったこと。1では30日以内に惑星を脱出しなければいけなかったので、のんびりピクミン育てて遊んだりできなかったんですね。それで途中で挫折してしまいました。

自分の中でピクミンはシムシティーっぽいイメージなんですね。のんきにピクミン育てているだけで楽しい。ピクミンが増やせる花を見つけるとついつい寄り道してしまうんで、ストーリーがなかなか先に進まないんですよ。それが故に1は挫折してしまったんですけど。

今回はその点ですごくのんびり楽しめる。時間の空いたとき1日分だけ進めるって感じで気軽に電源入れられるのね。さらに今回では地下にもぐった時に時間が止まるんです。だから1日という時間制限すら感じないですむ。寝食忘れて、ってほどではないけど、いい距離おいて遊べるゲームです。

右の画像はアマゾンのアフィリエイトでござんす。

春ドラ寸評

前クールに続いて、今クールもドラマ視聴率は優秀ですね。ほとんどのドラマが10%越え。しかも前クールは「エースをねらえ」や「奥様は魔女」、キムタク主演の「プライド」、「僕の生きる道」シリーズなど話題先行型の作品が多かったのに対し、今回はシナリオ勝負のものが多い。やっとドラマ復権の日が来たのでしょうか。

最初から見るのをあきらめたドラマ以外は、今のところ脱落せずに見続けています。一番のお気に入りはなんといってもなっち主演の「仔犬のワルツ」。プライドではあまり力を出せていなかった野島伸司ですが、今回はもう野島節炸裂で楽しすぎ。一家の相続争いで人はぼんぼん死んでいくし、大リーガー要請ギブスのようなピアノ装置など「ありえねー」と思わせるシーンがもう最高なのですよ。もっとも、一番素晴らしいところは安倍なつみに「おしゃべりをさせない」設定ですが。しかしドランクドドラゴンの塚地は演技ヘタね。コント慣れしてるからもっといけるかと思ってた。

そのほかのお気に入りは、落ちぶれた野球選手が町内会野球の監督になる「ワンダフル・デイズ」、阿部寛が主夫になる「アットホーム・ダッド」、大学生の青春時代を描いた「オレンジデイズ」、家族や恋人を事故でなくした人たちが一緒に共同生活を始める「ホームドラマ!」あたりでしょうか。ワンダフル・デイズの場合、反町隆史があまり好きではないのですが、肩を壊してみれば実は裸の王様だったという設定がなんとも反町隆史に似合って見えるので(ファンの方失礼)、以外と楽しく見れています。

アットホーム・ダッドは実に身につまされますね。阿部寛が一生懸命料理を作って待っていたのに、奥さんの篠原涼子はなかなか帰ってこない。遅くに帰ってきた篠原涼子に「電話くらいしろよ!」と言ったら「あなただって今までしなかったじゃない」と返されて黙ってしまう阿部寛。これは夫婦だけじゃなくて、常に相手の立場考えないとなぁ、と実感しましたよ。

オレンジデイズはとっても正統派のドラマですね。キャストもいい人そろっているし。ウォーターボーイズの頃から瑛太が気に入ってたのですが、今回もいい味だしてますよ。そういえばウォーターボーイズ2なんてのが予定されてるらしい。ファイアーボーイズは原作面白いのにドラマいまいちだったので(キャストミスだと思いますが)ウォーターボーイズ2に期待しましょう。

ホームドラマ!はあまりにも設定が突拍子もなさすぎて「こりゃだめだ」と思ってたんですが、意外と面白くてハマってます。家族のように暮らそうとしているんだけど、実の家族じゃないから微妙な壁があって、その雰囲気が結構うまくつくれている気がします。「そんな負け犬のような生活はいやだ」といっていたユースケ・サンタマリアがとうとう生活に合流した前回が特にツボに入りましたよ。

そのほかでは一応「電池が切れるまで」「愛し君へ」を見ているんですが、なんとも平々凡々なので早々に脱落しそうな予感。

4つの剣+クリアしました

ゼルダの伝説 4つの剣+ピクミン2をやりたいがために急ぎ足でゼルダの伝説 4つの剣+をクリアしました。GW中の目標、まずは1つクリアです。

タイトルに「+」とあるとおり、これはGBA用のゲームソフト4つの剣のアレンジしたゲームキューブ向けのソフトです。4つの剣には、スーパーファミコン版「神々のトライフォース」と、2~4人用の「4つの剣」が収録されているんですが、いい年したらなかなか多人数プレイなんてできないし、そうすると家では神々のトライフォースしか遊べないし。という理由で買ってませんでした。

今回の+は、多人数プレイもできるし、1人でも遊べるように改良されました。4つの剣と同じ「グフー」という名前のボスが出るようですが、前作とは違う完全新作のようです(前作やってないからこのあたりわからない)。

メインで遊べる「ハイラルアドベンチャー」は、GBAとGCを連動して遊ぶ仕組み。通常はGCで遊び、家の中や洞窟に入るとGBAに切り替わる。GBAがない人はテレビ画面に擬似GBAが現れるので安心です。正直1人で遊ぶにはほとんど意味がないんですよね。視線をGCとGBAといちいち変えなきゃいけない分面倒かもしれない。

1人の場合は4人のリンクがドラクエのように連なって歩き、状況に応じて1人ずつ動いたり、たて一列や横一列といったフォーメーションで謎を解きます。+になって1人用もサポートしたとはいえ、やっぱり多人数向けのゲームですね、これ。4人でフォーメーション組んだり、同時にいろいろなところで謎を解いたりしたらすごく楽しそう。PSOやったことある人であれば、1人がスイッチ踏んでる間に他の人が別のスイッチ踏んで扉を開ける、ああいった謎解きがてんこ盛りな訳ですよ。

ゲームの仕組み自体は、ゼルダシリーズから謎解き部分を抽出した感じ。ステージは1つクリアするたびにハートのかけらや武器といったアイテムが全リセットされるし、武器も常に1つしか持てないので状況に応じてアイテム置き場で取り替えないといけない。成長要素みたいなのがないので、のめりこみ度はイマイチかもしれません。

ただ、謎解きはよく出来てますね。神々のトライフォースのときに感じた「ああ、こうやればよかったのか!」というIQサプリがスッキリするような謎がいっぱい仕掛けてある。安易に攻略サイトなんかみないで、自分でがんばって謎を解いてほしい作品です。どうしようもなくてあきらめて、次の日会社や学校で「まてよ、ああやって解けばいいんじゃないか!?」って思いついて家に帰って試す、ある意味で生活すべてが冒険の一部となる、そんなゼルダのいい部分は抽出できている気がしました。

ゼルダシリーズを軒並みプレイしていればニヤリとできる敵キャラもいいですね。ドドンゴなんて見ただけで倒し方わかっちゃうし、風のタクトのボスもフィーチャーされている。最後のダンジョンでゼルダ姫と一緒に塔を降りていくところなんて、完全に時のオカリナのオマージュです。羽根でジャンプできるという点は夢を見る島も取り込んでますね。そういった見どころも満載なので、ゼルダファンは素直に買ったほうがいいでしょう。正直風のタクトよりは満足度高いです。あれはゼルダが守るべきものを失っちゃってるよ。

ハイラルアドベンチャー以外にも、多人数限定の対戦ゲームや、1人でもできる宝探しゲームがありますが、1人でできてもこれは面白くないですね。友達が来た時にワイワイいいながらやってみたい感じです。

ちなみに右上の画像は楽天のアフィリエイトなんですが、これちっちゃいね。ほんとに宣伝になってるんだろうか。

cover

2004.05.03

アフィリエイト試してみます

処々の事情からアフィリエイトをいろいろ試してみることにしました。個人的にはあんまり好きじゃないんですけどね、多少は儲かれどもせっかく楽しく作っているブログがお金がらみになって別の方向へ行ってしまいそうで。

とはいっても試す前から文句いってもアレですし、しばらくつけてみます。数週間後には「アフィリエイト万歳!」って言っている可能性もありますしね。

キル・ビル Vol.2見てきました

coverという訳で昨日見に行った映画というのはキル・ビル vol.2だった訳ですが。

ほんとは1本の映画だったのに、あまりの長さに2つに分けて公開された本作ですが、Vol.1とVol.2ではあまりにも違いすぎ。Vol.1は日本刀を使ったアクションシーン一辺倒ですが、Vol.2はアクションが少なくストーリー中心です。しかもVol.2では日本刀は使い続けるものの、実は主人公がカンフーも見につけていたという展開。これ1つの作品としてつなげてみてたらどんな感じだろうと想像してしまいました。

Vol.1とVol.2は自分にとっての見どころは違いながらも、両方楽しく見られました。Vol.1の場合、変な日本語と日本刀のチャンバラシーンが焦点でしたが、Vol.2では日本語が出てこない分普通の映画として見てました。でもあれ、中国の人だったらVol.1と同じように違和感感じるんでしょうね、こんなのカンフーじゃないよ、みたいに。

2004.05.02

AH-K3001Vモック触ってきました

映画見ついでに立ち寄った家電量販店にAH-K3001Vのモックが出てたので思わず触って堪能。さすがに今もっているH-SA3001Vよりは大きめですが、液晶が大きくなるんだからしょうがない。そのぶん薄いのでいい感じかな。

色はシルバーとホワイトの2色で、ホワイトは表面以外はシルバー。でもこのシルバーの部分が、2機種で微妙に色が違うのね。同じシルバー部分でも、ホワイトは少しゴールドっぽい感じで、シルバーは本当に純粋なシルバーでした。あと、シルバーの側面の黒はつや消し黒で結構目立ちます。ホワイトのほうが全体的な仕上がりはいいけど、シルバーのほうが携帯との違いが目立っていいかも、と思いました。

その家電量販店、ある時期からDDIポケットが携帯電話のコーナーから隔離されてしまっていたのですが、AH-K3001Vはすごくプッシュしてました。シルバー、ホワイトそれぞれ8個くらいモック用意してるし、ポスターも2種類大きく張り出してるし。眺めていたら店員さんが声かけてきて「昨日から予約受け付けてるんですが、当日渡せるのは今日の予約くらいまでです」って。セールストークだとは思いますが、確かに初日からたくさん予約入ってるみたいです。一応自分でもすでに予約いれてるんですが、そっちは「当日の機種変更は確約できない」といわれているので、保険がてらその量販店でも予約しておきました。値段は違えど、とりあえず5月14日の機種変だけはこれで確定です。

祝・なか卯開店

may02_1151.jpg地元の駅になか卯がオープンしたのでさっそく足を運んで見ることに。

なか卯といえば名物は親子丼なんですが、まだ食べたことがないということで今回は豚丼にしました。松屋、吉野家に比べるといちばん豚っぽい味かも。牛丼に似せた感じがなくて、正統派な豚丼という印象です。

なか卯は丼だけじゃなくてうどんもうまい。下手な讃岐うどんの店よりは上をいっていると思いますよ。

数ケ月前にすき家が潰れ、未だに後釜が決まっていないという丼チェーン泣かせな通りに華々しく登場したなか卯。おいしくて好きなチェーンなのでがんばってください。ちょっと広すぎる店内が裏目にでないか心配ですが。

2004.05.01

4月アクセスランキング

月も変わったところで当サイトのアクセスランキング発表です。やっと月ごとのちゃんとしたアクセスの表示方法もわかったので。

4月のアクセス数は以下の通り。
Page View : 6,444
Visit : 3,989

ちなみに前月3月のアクセス数はこうです。
Page View : 2,828
Visit : 1,468

なんだか3倍近くに伸びていますよ。びっくり。一応3月からちゃんと記事更新するようにしてるので、記事更新頻度の差ではないですね。記事が増えたぶん、検索に引っかかりやすくなったのかな。

それでは上位10位の発表です。

とりあえずは一気に4位まで。

10 しまぶー 55
9 アクセスポイント 56
8 windows 57
7 原田16才 73
6 回転ドア 77
5 恋風 80
4 犬のゲーム 81

後ろの数字は検索された回数ね。原田16才は相変わらず順調ですが、前回1位だった犬のゲームが4位に後退しています。それ以外では回転ドアのような時事ネタが入っていますね。windowsのようなキーワードでもウチにきてもらえるなんて、そうとう深いところまで検索してますねぇ。

前回のナンバープレートに引き続いて今回申し訳なかったのが、5位の「恋風」。だって該当記事ってコレですよ? ほとんどの方はこちら関連のネタが目当てだったでしょう。ご迷惑おかけしました。

ちなみに恋風自体はイブニングの中でもっとも好きな漫画です。だからタイトルにも思わず引用した次第でして。すごい好きな漫画ゆえに、アニメは見られないんですよ。声がイメージと絶対違いそうだから。本編もせっかくお互い素直になったら、意外なすれ違いが発生してもうドキドキですね。

話がそれましたが。

第3位はコレでした。
3 中島美嘉 90
中島美嘉のコンサートを見てきた時の記事ですね。さすが有名人だけに検索も多かったということでしょうか。でもこれ3月のエントリーだったんですが、4月になってから大きく伸びました。

そして第2位。
2 ほりう値 111
前回3位のほりう値がしぶとくランキング。Google検索で公式サイトの次に表示されちゃいますからねぇ。ちなみに公式サイトは1位ではなく、1位表示は同じくブログの「空をかすめる」さんでした。広島ファン派のこちらではほりう値否定派らしいですが、内容の真偽はイマイチながらも、数値化することでそれほど野球に詳しくない人にもわかりやすく野球を伝えているっていう点では手柄なのかなぁと。ダイエーファンとしてはむしろパリーグもほりう値にして!と願うばかり。

またしても話がそれつつ栄光の第1位は。

1 スカイモルト 304

こんな否定的な記事が一時期はGoogle検索2位でしたから、もうコカコーラさまに申し訳ない気持ちでイパーイですよ。

検索結果みると、TOP3はすべて3月の記事。検索の影響か、少し古い記事の影響が大きいみたいですね。そんなこんなで今月はさらにアクセス3倍増となりますようがんばっていきます。

R-1ぐらんぷり その3

今エンタの神様を見ていたら、「ザ・プラン9」というユニットが出てました。

エンタの神様って、いろんなお笑いのイベントで上位に輝いた人をひっぱってきてるのね。インスタントジョンソンやら波田陽区やらハローケイスケやら。今日は南野やじも出てました。

そんなエンタの神様が珍しくそういったイベントがらみではない(自分の知る限りね)人を出すなぁと思ってみてたら、おいおいザ・プラン9の中に浅越ゴエとヤナギブソンがいるよ! 2人ともR-1ぐらんぷり 2003決勝進出じゃないの! 意外な展開にびっくりしてしまいました。

R-1ぐらんぷり その2

R-1ぐらんぷりを決勝まで見て感じたのは、自分はピン芸人のほうがどうやら好きらしい、ということ。

2人組のお笑い芸人って、スタイルの違いはあれどボケとツッコミで構成されている。両方がボケるという触れ込みの笑い飯だって、よく見てみればお互いのボケにお互いが突っ込んでいるだけで、純粋にボケだけで成立している訳でもない。3人組になったところで、ボケ・ボケ・ツッコミに構成が変わるだけであまり違いはないのね。

その点ピン芸人は1人しかいないから、ボケとツッコミという基本理念に捉われない。自分でボケとツッコミをこなす人もいますが、ボケっぱなしでツッコミはお客さんの心の中だったり、陣内智則のように音にボケさせて自分が突っ込んだり、スタイルが千変万化なところに魅力を感じちゃいます。

ツッコミってある意味「ここが面白いところですよ!」って宣言しているようなもの。多少ボケが甘くてもツッコミでカバーできることもあります。しかしそれは逆に言えばボケというそもそものネタが弱い訳ですよ。映画なんか見てても、結論をわざわざ説明する映画っていうのは自分の好みじゃない。「見ていればわかるよね、わざわざ説明しないよ」っていうほうが好きなんです。もちろんシナリオがしっかりしてないくせに結論もださないような映画は問題外ですが。

ピン芸人はもう1人のツッコミに頼ることなく、自分のネタだけで勝負しなければならない。逃げ場がないから難しい分、ネタのクオリティも高まり、オリジナリティが出てくるのかなぁと感じました。M-1とR-1の決勝、比べてみたら芸そのもののオリジナリティという点では明らかにR-1だと思うんですよ。

ただ問題は、ピン芸人だとキャラクター勝負になる可能性が強いこと。毒舌キャラやらお経キャラ、それ以外でもやっていけるかどうかがポイントですよね。

R-1ぐらんぷり2003

仕事の残業ついでに見ていたR-1ぐらんぷりですが、何だかんだでついつい引き込まれ、決勝まで全部見てしまいました。予選、準決勝、決勝と進むにつれて芸人もレベルが高い人が絞り込まれるんだから、面白くなるのは当たり前ですよね。ところどころ趣味に合わない人は飛ばしてしまいましたが、予選からほとんどのお笑い芸人を見ていて「あ、この人面白い、次も見たいな」って人はちゃんと次にコマを進めていたので、それも購入意欲をそそらせた1つでしょう。

決勝に進出した8人のうち、あべこうじとネゴシックスはとても見たい人たちだったのでかなり嬉しかった。ただし、ネタは準決勝や予選と同じネタの使いまわしだったのが残念かな。でもこの2人は、ネタそのものよりもキャラが面白いので、同じネタでも思わず笑ってしまいます。あべこうじの視点はかなりお気に入りかも。

逆に優勝した浅越ゴエはネタが命の人でしょう。同じネタではそれほど笑えない気がします。さらに南野やじは、あの独特のお経スタイル以外にネタを作れるのでしょうか。お経しかネタがないのでは、ブレイクした後一発屋で終わってしまいそうな予感。brst.TVから南野やじを見てきているので、やっとここまで来たねという安心と同時に、次の一手もがんばって考えてほしいと思いました。

ピン芸人の代表格ともなりつつある陣内智則は残念ながら優勝できず。でも陣内クラスまでいくとすでにブレイクしているも同然なので、R-1で売れなくても十分なのかな。MCだった雨上がり決死隊宮迫の突っ込みで始めて知りましたが、陣内智則も昔は2人組だったんですってね。リミテッドというそうです。劇団ひとりも元スープレックスだし、インパルスの板倉は元ロバートだし、お笑いの世界って複雑ですなぁ。

R-1決勝の審査員の全員が言っていたように、今回の決勝はほんと僅差でしたね。決勝ネタの良さは確かに浅越ゴエかなぁと思いましたが、全員が決勝で使った以外のネタだったら順位は大きく変動しそう。個人的にはネゴシックスも好きなんですが、ネタよりキャラが先行してるので、もう少しネタのレパートリーを増やしてねというところではやはり浅越ゴエが的確かもしれません。

かなしかったのはR-1ぐらんぷりのネット配信。単に撮影した映像を適当に切ってネットにあげているだけで、それ以外でもなんでもない。映像は数人の芸人ごとまとめられていますが、どの芸人がどこにでているかはまったくわからないんです。しかもなぜか途中がカットされている芸人もある。決勝にいたっては、ヒロシのネタだけ「諸事情により配信できません」と表示されてネタが見られないですが、その事実は購入前にはまったく書かれていない。芸人の数が多すぎて大変なのでしょうが、もう少し見る人の気持ちを考えてほしかった。インターネットのコンテンツをもっと魅力あるものにするためには、コンテンツそのものの魅力だけじゃなくて、作り手のそういったユーザ視点も必要なのではないでしょうか、とかためにまとめてみました。

追伸:決勝でなかった中でお気に入りは、末高斗夢、大輪教授、若井おさむなどなど。若井おさむなんてアマチュアなのね。もう十分プロで通用しそうだけど。

イカの塩辛

may01_1839.jpg昨日のタモリ倶楽部でやってたイカの塩辛味比べ見てたら食べたくなったので買ってきちゃいました。同じことやってる人も多数いそうですが。GW入る前に予想外の支出があったので、今月はちびちびと過ごしますよ。



« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ