« AH-K3001V、2度目のファームアップ。 | トップページ | 私のAirH"月額料金 »

2004.06.11

AirH"が256kbpsに増速

なんだか相変わらずPHS三昧な話題ですがまぁいつものことですから。

DDIポケット、今夏~年末に256kbpsサービス開始(ケータイWatch)

年末には256kbpsサービスが始まるとのこと。この話題はこちらも合わせて読むといいでしょう。

新しいPHS像の確立に向けて動き始めたDDIポケット(WIRELESSプラス)

WIRELESSプラスの該当部分を引用します。

また、電波利用の効率化においてもアダプティブアレイは効果を発揮します。256kbpsのサービスは当初8チャンネルを束ねて提供しますが、最新の基地局が導入されたエリアであれば、4チャンネルで256kbpsを実現できます。今、アダプティブアレイ対応の基地局数は約8万局ですが、今後、23区内はすべてアダプティブアレイにする予定です。

さすが業界紙だけに突っ込みもマニアックですが、興味深いのはまずはじめは32kbps×8で、そののち64kbps×4でサービスを実現するという下り。

まずは32kbps×8ですが、既存のアンテナを使うのであれば周りのユーザーへの影響が避けられない。AH-K3001Vのつなぎ放題8人分を1人で占有しちゃうんですから。DDIポケットでは128kbpsも32kbps×4で実現していますが、この実行速度はよくて80kbps程度。システム的には128kbpsと変わらないので、単純に2倍して160kbps、あとはトルネードWebでどこまで体感速度上げられるかがポイントでしょうかね。

ケータイWatchの記述を見ると

初出時、256kbpsの通信速度への対応が今夏から年末を目処に開始される、と記載しましたが、当初はデータ圧縮サービスの利用によるもので、

とあるので、トルネードWebもさらなる機能向上が見られるかもしれません。DDIポケットの回線を使った日本通信はこんなサービスもしてますので

日本通信、体感速度384kbpsの増速サービスの公開トライアル (ケータイWatch)

同じようにプロトコルレベルでの圧縮をかけるのでしょうか。意外とトルネードWebは助かる存在なので期待したいところ。

しかし一番注目すべきは、今後は64kbps×4で256kbpsを実現するということ。基本単位が64kbpsになるのだから、ひょっとしたら64kbpsパケットの定額サービスも始まるかもしれません。正直数値面で「64kbpsで使い放題!」と謳っている@FreeDに負けているので、64kbpsパケットが実現できたらかなり面白くなりそう。

あとは料金プランでしょうね。最近のDDIポケットは採算取れるようになってるみたいなので、今の128kbpsオプション料金で256kbpsを、つなぎ放題プランの料金で64kbpsパケットを、このくらい戦略的な料金設定にしていただけると今後が期待できるんですが。

« AH-K3001V、2度目のファームアップ。 | トップページ | 私のAirH"月額料金 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/753017

この記事へのトラックバック一覧です: AirH"が256kbpsに増速:

« AH-K3001V、2度目のファームアップ。 | トップページ | 私のAirH"月額料金 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ