« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.29

「はしご」の担々麺

040829_1945001_s.jpg一人暮らしをはじめてまもなく2年近いですが、生まれ育ってない土地だと土地勘もないし、お店の情報もないから何を食べていいかよくわからない。なので困った時のネット検索してみると、どうやらうちの近くでは「はしご」なるラーメン屋の「だんだん麺」がおいしいんだとか。という訳でさっそく出陣してきました。

なんとなく予想はしてたんですが、だんだん麺とは「担々麺」のことでした。1杯750円。麺はツルツルで辛味は意外とあっさり。結構おしゃれな感じの担々麺です。

よこの餃子はとてもお高くて、3個で550円。その分大きさもハンパじゃなく、餃子というより肉団子なイメージです。おいしいんですが、餃子食べるという感覚とはまた違うかもしれません。

麺類にはご飯が無料でつくらしいのですが、私にはつきませんでした。自分でアピールしなきゃいけないのかしらん。でも今はダイエット中なのでグっとこらえましたけどね。

さすがに絵がショボいので、検索で見つけたサイトもご紹介。

Lazy Days

やっぱりちゃんとしたカメラで撮るとシズル感が違いますねぇ。他にも近隣のおいしそうなお店がいっぱい載っているので参考にさせていただこうとおもいます。

妻夫木くん世界を制す

以前紹介したドラマ「オレンジデイズ」で妻夫木くんが持っている携帯が何なのか? というテーマ。

一応はデザインから「SO212i」でしょうという結論に至ったわけですが。

どうやら同じ議論は台湾でもされていた模様。

Orange Days(BBS)

なんとなくで読んだらうちのサイトが引用されているようで。あんまりアクセス解析の元を引用するのは好きでないんですが、かなり意外な展開だったので紹介してみました。普段あんまり解析結果なんてみてないんだけど、面白い発見ありますねぇ。

ドメインで台湾かな? と思ってますがほんとはちがうのかも。このBBSに書き込んでた人は日本語わかるっぽいから、詳細教えてくれると面白いですけどね。しかし台湾でもオレンジデイズって人気なのね(なぜ見ているのかはあえてつっこまず)。

デカバイクロボの脅威

戦隊ヒーロー物を見始めたのはサンバルカンくらいからでしょうか。当時は5人(サンバルカンのみ3人)の戦隊構成で、ロボットは1体というのが普通でした。

その慣習をぶち壊したのが、私の記憶によればライブマンではなかったかと思います。最初は男2人+女1人の3人構成で、「サンバルカン体制キター!」と思っていたのもつかの間、緑と黒の2人が加わって結局は5人に。しかも追加の2人はオリジナルのロボ「ライブボクサー」を持って参戦、結局はライブロボと合体してスーパーライブロボに巨大変形という、なんともゴッドマーズかつダイラガーな展開になったのでした。

ライブマンの詳細はコチラ

ロボット2体構成自体はフラッシュマンあたりからありましたが、2体がさらに合体しちゃうとか人数が増えちゃうとか、もう何でもアリ状態になってきたのはライブマンが1つのターニングポイントではないかと。

もういい年こいてたので、戦隊ヒーローはライブマンを最後にしばらく見なくなっていましたが、一人暮らしはじめて好きな番組見られるのと、HDDレコーダ買ってタイムシフトできるようになったことが重なり、懐かしさもあってハリケンジャーあたりからまた見始めてました。

ハリケンジャーの頃には3+2+1の6人体制になってたりという微妙な変化があり、その次のアバレンジャーは何体もの爆竜が入れ替わることで微妙に変化するというまさにダイラガー的なノリでしたが、それでも今までの路線上かなと。

しかし今回のデカレンジャーはすごい。何がすごいって2体目のロボット、「デカバイクロボ」の使い方ですよ。単純に合体するギミックもありながら、デカレンジャーロボがバイクとしてデカバイクを乗りこなすという、もうその突き抜けた発想はアッパレというほかありません。

そんなデカバイクロボはこちらで紹介されております。おもちゃのほうですけどね。

■特捜変形 DXデカバイクロボ■

戦隊シリーズはしばらくお休みしてた間がありますので、これ以上の驚きもあったのかもしれません。しかし巨大ロボがバイクに乗るなんて発想はもはや尊敬に値しますよ。

デカレンジャーの次の時間は仮面ライダー剣やってますが、こっちはもうイケメンつかってりゃいいのかよってくらい予定調和なので面白みに欠ける感じ。555のほうがよっぽど面白かったなぁ。デカレンジャーは1人1人も個性があって見ごたえがある。もうぶっちぎりでジャスミン応援団なんですが。

10月からは私がもっとも愛するウルトラシリーズ最新作も始まります。青いウルトラマンは毛嫌いしてみてなかった上に、新しいネクサスのデザインが不安すぎてちとムムムですが、一応楽しみにみてみようかなと。

名前戻します

外せるだけのことしたとは思ってないんですが、一連の話を知らない方がうちのブログを始めてみたときに、これが正式の名前と勘違いされても申し訳ないので。お遊びはこのあたりにしときます。

で、男の名を回復するための泥酔2度目の挑戦でしたが、あまり回復し切れてないとうより、余計にやっちゃった感もあり。まぁ起きたら品川ってこともなく無事に帰りましたし、全部計算ずくというかちゃんとした記憶のもとにやってますので、前回とは大違いなんて思っているのは本人だけでしょうか?

しかし泥酔な集まりはいいですね、飲みの最中何度もいいましたけど。私も昔はとあるアーティストのファンコミュニティ参加してましたが、そういう集まりだとファンとしての話が必須なんですよね。単に友達同士としての話だけでもいいのにと思っても、人数が多くなるとどうしてもそういかなくなってきて、微妙な強制力のある雰囲気が次第に苦手になってしまいました。

泥酔だと、繋がっているのは「お酒」だから、それ以外はみんなてんでバラバラだから話も楽しいし、お酒好きな人ばかりだから「私飲めません」なんて空気にもなりません。お酒を飲めないことが悪いという訳ではありませんが、お酒大好きな人だけでないと作れない空間は確かにあるのですよ。

あと一応フォローしておくと、ギアの高速チェンジはある程度わざとやってますから、酒に負けてるわけではないんですのよ。といっても信じてもらえなさそうだけどさorz


CoCo d’Orレビュー

元SPEEDのhiroがアーティスト「CoCo d’Or」名義でJAZZボーカリストデビューした本作。ある程度聞き込んでから感想書こうと思ってたらちょうど良くamazonにも登場したので、amazletデビューしてみます。

まずはじめに。hiroをヴォーカルとして好きな人は買って損はないというか、むしろすぐ買え! 絶対買え!な一品。逆にJAZZ的なものを求めると、ちょっと期待外れな感もあるやもしれません。

全編に渡って、これぞhiro的なヴォーカル満載ですので、その点ではファンとして抑えておくべきといえます。ただなんいうか、まだ声が若いのでちょっと背のびしている曲もちょこちょこあるんですね。しっとりしたバラード、例えば「Fly Me To The Moon」とか「Calling You」とかはもう絶品ですが、演歌でいうところのコブシ的な歌いこなしが必要なアップテンポの曲、1曲目の「Route 66」とかは声がかわいらしすぎて迫力に欠けてしまい、曲に負けちゃってる感じなんです。

ただし、ファンとしてはその声の若さっぷりも好きなところなので、これはこれでアリ。むしろ今のhiroはそこが魅力でもありますしね。最近は音楽活動めっきり減ってますが、これを機会にまたオリジナルな楽曲を歌って欲しいものです。

一時期というかhiroがSPEEDとしてデビューした頃は、女性ボーカルはキーが高い歌を歌っていれば良いというような風潮ありました。歌のうまさというよりどれだけ高音な声で叫べるか、みたいな感じで、歌を歌いこなすということが二の次のようなね。

その中でhiroは、しっとりとしたバラードも歌いこなしつつ、高いキーもこなせる歌のうまさを感じてました。ソロになりたてのころはアイドル路線でいくのかどうなのかの迷いが感じられましたが、2ndアルバムは方向性がはっきりしていてすごく完成度高かった。

高いキーの歌って、歌いこなしという概念がないんですよね。その高さを出せる声は1種類しかないから。そうではなくてほどよい高さのキーは、いろんな歌い方ができて幅が広がる。hiroはすごく高いキー能力ありながらも、歌を歌いこなすということが先に着ている感があって好きなのです。2ndアルバムのシークレットトラック「花」なんてもう涙モノですよ。

という訳で、hiro好きな人はきちんと買って、次の活動を楽しみにまちませう。

CoCo d’Or
CoCo d’Or
Posted with amazlet at 04.08.29
CoCo d’Or Bobby Troup Akio Suzuki Al Jolson B.G.De Sylva John Gillespie Frank Paparelli Arif Mardin Chaka Khan Yukihiro Fukutomi
エイベックス (2004/08/04)
売り上げランキング: 131
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.33
5 大人の雰囲気
3 今後の彼女に期待 "大” ですね(^^ゞ
5 歌唱力が曲に負けてない!!

2004.08.28

チンプイキター!!!

土曜朝4時55分から「アニメ de おめざめ」というコーナーがありまして、懐かしいアニメの再放送やってます。今までは「エースをねらえ」がやってまして、朝イチということで延長とかもないことからスケジュール録画設定してました。

30分アニメでお手軽なので、暇な時に見ようとあまり毎週毎週は見てなかったんですが、今日DVDレコーダの中を見たら、な、なんとエースをねらえの枠にチンプイが!!! ってタイトルでバレバレですけどね。

ドラえもんにしろパーマンにしろ、主人公はいじめられ役でガキ大将がいて、みたいな同じキャラ設定の藤子不二夫アニメの中で、女性主役系のはその枠から外れていて面白い。エスパー魔美もいいんですが、チンプイはさらに肩の力抜いて見られるからかなりお気に入りアニメなのです。エリちゃんのおてんばぶりもかぁいいしね。

久々に見るといろいろ懐かしい。エリちゃんの部屋の「いま~す」っていう札とか、庭から出入りするから茂みに形ができちゃってるとか。ワン太夫にも久々にお会いできてこれまた感動です。ラブコメ要素も割と取り入れられてるのでラブコメ大好き人間的にはそこもポイント。

という訳で、みなさんもぜひ「アニメ de おめざめ」に注目してやってください。

トラックバックの在り方とは

みんなはどう思ってる? さんから、「みんなはトラックバックをどう思ってる?」というトラックバックをいただきました。ちょうどトラックバックについてあれこれ考えていたところなので、これについて考えてみたいと思います。

まずは基本的な考えですが、ディープリンクの問題と同様、大原則としてトラックバックはどう使おうともOKだと思います、自分のブログの宣伝にすぎないようなトラックバックだとしてもね。手間は発生してしまいますが管理人は後でトラックバックを消すこともできますし、そもそもトラックバックを受け付けない設定も選べるのですから、トラックバックを利用する以上、他人の使い方には文句いう筋合いはないなと。

その前提を踏まえたうえで、あとは個人の使い方になってくるのでしょう。ここではあえてマナーとは言いません、使い方は人それぞれですから、マナーのように「これが模範的」という解はあるべきでないと思いますので。

ここからは私の考え方になりますが、私がトラックバックする場合は相手先のURLも張りますし、文中でトラックバックしてますよというような文章も入れておきます。それはなぜかというと、ただトラックバックを張っただけでは、それに気づくのはトラックバックされた相手先だけだから。普通にうちのブログを訪れてくれた人にも、「ここにトラックバックしてますよ」ということを伝えれば話題も広がるでしょうし、何より読んでる人もわかりやすいと思うんですね。読んでもらうためにブログやってる部分もありますから、訪れてくれる第三者のことも考えていきたいのです。

トラックバックを張る相手先は、基本的には自分のブログで引用したり、相手のブログについて触れた場合に選んでますが、それを行なう目的はといえば、「自分のブログにとって価値があるから」。その価値があるのであれば、引用せずとも多少カテゴリがかぶっているなというブログでもエントリします。要はトラックバックの方法といった手段にとらわれるのではなく、何のためのトラックバックかという目的がはっきりしていることが大事だと思うんです。

ここまでは従来のトラックバックの使い道ですが、私が思うにトラックバックはまだ発展途上の技術だと思うんですね。非常に面白い機能ではありますが、今のところ1対1での使い方しかない。同時に複数のブログへトラックバックすることもできますが、結構手入力がめんどくさかったりしますしね。

複数へのトラックバックがやりやすくなる方法、さらにはトラックバックしたサイト同士を紹介する方法とかがでてくるとまた面白い使い方ができそう。トラックバックしているブログを再公開する時は、2回もトラックバック送らないようにトラックバックURLを消しておくとか、手動に頼る部分がまだまだ多いので、これがもっと気楽に使えるようになると使い道が広がってくるなと。

私がやっているトラックバック相手先へのリンクを張る作業も、トラックバックしたと同時にトラックバック元からも相手先のリンクが表示されるようになるといいんじゃないでしょうか。自分でもどの記事からどこへトラックバックしたか忘れる時ありますし、ココログだと過去に自分がはったトラックバックの履歴も見られないので。

まだまだ発展途上なトラックバックではありますが、その機能をどんどん発展させて面白いもの作っているのがBlogPeopleだと思います。前にもトラックバック・ピープルについてはエントリしましたが、またnagasawaさんのModern Syntaxで面白い使い方が紹介されてました。


ということで「トラックバック・ピープル」の「地域情報」をうまく活用して情報を共有できるといいなあと思っています。というか、このカテゴリはもっとたくさん「話題」ができてもいいと思います。例えば、「東京の五反田」って話題を作って「今日、カレー食べてきました」っていう感じで五反田のカレー屋の記事書いたらトラックバックしておけば五反田でカレー屋探している人とか、その店いったことある人とかとつながれるわけですよね。その店でパーティなんかやろうもんならどんなことになるのか想像もつかないけど、なんか楽しいことになりそうです。


ブログ人に、「日本沈没地図」のお株を奪っちゃうような面白い試みです。そもそも日本沈没地図自体が、ココログの「トラックバック野郎」みたいなトラックバックコーナー作らなあかんな、みたいな感じで用意された印象で、コンテンツの魅力に乏しい。先ほどのトラックバック論とも重なりますが、日本沈没地図であることの目的があんまり感じられないのです。

それに対してトラックバック・ピープルのやり方はすごく活き活きしている。単にカテゴリへトラックバックするだけでなく、それをRSSで取得したり自分のブログへ貼り付けたりすることで、本当にコミュニティとしてのメリットが出てくる気がするのです。これが1ブログのサービスではなく、いろんなブログで使えるサービスだからこそさらに面白い。まだまだ他にもトラックバック・ピープルの面白そうな使い方が出てきそうで、ああ、トラックバックってやっぱいいなぁ、と思った次第です。

KDDIがOPERAのフルブラウザを採用

OPERAからリリースが出されました。

http://www.opera.com/pressreleases/en/2004/08/25/

英文なので日本のニュースサイト記事も列挙しておきます。

OperaがKDDIと協力してBREWにブラウザを移植することを発表 (INTERNET Watch)

Opera、BREW版フルブラウザを開発~KDDIに提供(ITmedia Mobile)

これでauでもフルブラウザでサイト見放題!!と期待する向きも多いようですが、それはどうでしょう。コンテンツがまともに揃えられなかったDDIポケット苦肉の策として作り出されたAH-K3001Vに対して、コンテンツビジネスで利益上げてきているauが果たして一般サイトまで見られる仕様を採用するのかどうか。

単純に駅の経路検索でも、インターネットみちゃえばほとんどタダですが、携帯電話は必ず課金します。携帯電話でなければ、というのは着メロくらいですが、これについても公取委がレーベルに立ち入り調査しているくらいだからこのさきちょっと不安かも。結局は公式サイトが一般Webサイトなみの表現力に、ってくらいで終わっちゃうんじゃないでしょうか。

断っておくと、PHS最強とかPHS萌えとかいう気はさらさらなくて、携帯電話でそれができたら本当に面白くなるなとは思うんですが、やっぱり壁は厚い気がするんですな。正直なところ「もうPHSもいいかな」と思っていたところにフルブラウザのAH-K3001Vが登場して、これを味わったらやっぱり携帯には手を出せなくなった。ここで携帯電話がインターネットのサイトが見られるブラウザつけてきたら、また新たな選択が増えてくるので期待はしたいところです。

ただ、最後はやっぱり値段が自分にとって厳しいんですよね。他に欲しいものがそれほどなかった学生の頃は高い機種でもガンガン買ってましたが、今みたいに面白いデジタル機器が出ている時代だと、「2万も出すなら他に面白いものいろいろ変えるしなぁ」と思っちゃうし、月額料金もPHSと携帯では(少なくとも自分の使い方では)雲泥の差。ARPUを一生懸命上げようとしている携帯電話事業者では値下げは厳しいでしょうし、カーライルなDDIポケットにもよき業界の競争力としてまだまだがんばっていただきたい。

2004.08.25

ソーシャルネットワークの未来

以前書いたエントリ、ソーシャルネットワークの可能性の続き。

上記エントリにタカシさんよりコメントいただいたUUME。残念ながら、これもまた私にとってはいまいち可能性を感じない、いや、いわゆるクローズドなSNSよりも魅力が低いのです。

ご紹介いただいた記事にはこうあります。

同様の機能は他ソーシャルネットでも利用できるが、あくまでユーザー同士のコミュニケーション機能であって、ビジネスとは直結しない。一方uumeでは、コミュニケーション機能をビジネスの核に位置づけ、“信頼性の高い口コミメディア”として売り出す計画だ。

その考えはわからんでもないですが、大事なのはユーザーにとってその狙いは何のメリットもないこと。私の危惧する「つながりに意味を持たない」という点では、オープンであろうがあまり変わりがない気がするのです。

さらにこのオープンさが実はデメリットにもなるんではないかと。GREEにしてもMIXIにしても、友人の招待でしか入れないからこそ、友達が直接さそうという一番いい勧誘方法が促進されると思うのです。これが自由に登録できるのでは、せっかくの勧誘能力も失われる。そしてSNS自体の魅力が他より秀でているのであれば別ですが、使い勝手が細やかなだけでは、自主的に登録したくなるほど人をひきつけるものもないかもしれないと。

そしてもうひとつ気になるのが社長のコメント。

個人サイトが情報を一点から発信する「点」のメディア、Blog(ブログ)サイトが、トラックバックを通じて情報を拡散させる「面」のメディアであるのに対して、ソーシャルネットのコミュニティは、集まった人々が、情報を共有し、知識や人間関係を深めてゆく「立体」のメディア。

それはどうだろう。むしろ実世界ではまったくつながりのない人が、興味のある話題で繋がっていくことのほうがよっぽど立体的な気がするんですが。百歩譲ってSNSが立体だとしても、圧倒的にユーザー数の多いブログ全体で考えれば、絶対量はブログが上ではないかと。

とまぁ相変わらずSNSに否定的な私ですが、実は気になるサービスも出てきました。

それはヤマハの音楽コミュニティ「プレイヤーズ王国」です。

サービスの詳細はニュースリリースを読んでいただければわかると思いますが、基本的には音楽活動を行っている人たちが、自分の作品をネットで公開できるコミュニティです。それが今度からユーザー同士のリンクやコミュニティ形成が可能になり、さらには作品を公開しないユーザーも参加できるようになったことで、音楽を聴くという立場でもコミュニティに参加できる。こういう「音楽」という求心力があるならば、そこでこそ「登録自由」なメリットが生きて来るんだと思うんですね。

自分のページを持つということは、自分にとってのアイデンティティがなければならない。そういう意味では単なるファンサイトではなく、音楽活動をするというアイデンティティを持つ人々とSNSというのは、とても相性がよさそうな気がしております。

2004.08.24

トラックバック・ピープル誕生

BlogPeopleの新サービス「トラックバック・ピープル」が本日スタートいたしました。

このサービス、個人的に結構注目しております。何が面白いって、ブログそのものではなく、話題のカテゴリにトラックバックできるところ。

以前「MyClip」というサービスが出始めの頃に、ちょっとしたいざこざがありました。MyClip自体は自分が気になったブログの記事を自分のブログに表示させるというものなんですが、「トラックバックで双方向リンク」が売りであったブログのサービスの中に「片方だけ一方的にリンク」という概念が持ち込まれたために、それを気に入らなかったユーザーもいたみたいで。

私はMyClipは使っていませんが、そもそもは単なる純粋なリンクの手間を省いているだけだし悪いものじゃなかろうと。一方でせっかくトラックバックを楽しんでいた人にとってはちょっとイヤな気持ちになるっていうのもわからなくはないところです。

んで、このトラックバックピープルですが、カテゴリそのものにリンクするんですから、それに参加していること自体が「他で表示してもいいよ」という意思表示であって。さらにいうならば、同じ話題をみんなで共有していくコミュニティ的なサービスとしても受け取れる。ソーシャルネットワーキングを名乗るサービスより、よっぽどソーシャルネットワーキングな機能という気がしていて、その点でも好印象なのです。閉塞的な友達つながりよりも、同じカテゴリで集まるほうがよっぽど前向きな気がする。

前にもニュース記事にトラックバックできる「headline::quote」に注目していると書きましたが、これは試験サービス中なだけに対応するブログが少なすぎた。それに対してBlogPeopleはほとんどのブログが自由に使える訳ですから、カテゴリの広がりにも期待できます。

おしむらくはBlogPeopleのサービスがあまりにも職人気質というか、「おれっちのサービスはどれもいいやつだから、自由に使っておくんな」って感じで結構投げっぱなし感が感じられるところ。新しいものに敏感な人は使うんでしょうが、せっかくいいサービスなので、ココログの使い方ガイドくらいの勢いで使い方説明するコーナーがあるとユーザーが更に広がりそうなんだけど。

そしてこの「カテゴリへリンク」というサービスの次に期待したいのが、「ブログそのものにリンク」という機能。ありませんか? おもしろいブログ見つけてトラックバックしたいんだけど、記事ではなくてブログそのものトラックバックしたいとき。もしくは仲間内のブログでの連絡網でも便利かもしれない。BlogPeople登録ユーザー同士でもいいから、その機能があるとより面白いつながり方ができるんじゃないかなぁ、などと考えております。

テニスに学ぶ

先日からお伝えしていたテニス合宿から帰ってまいりました。いやぁ筋肉痛でまいったまいった。

学生でテニスというと軟派なイメージ漂いますが、うちのはワリとまじめでして、合宿中にトーナメントとか開催されちゃいます。OBも参加するんですが、意外にも3回戦まで勝ち進んでしまいまして。しかも2試合目は3-5ダウンの0-40まで追い込まれてから怒涛の反撃に移り、タイブレークを11-9で制覇。なんとも疲れる試合でしたが、いろいろタメになりました。

テニスってやっぱり1ポイント1ポイントが大事なんですよね。1セットでいえば1ゲームで4回ポイントを取って、それを6回繰り返せば勝てる、あくまで最短コースですが。学生の頃はそれをどうしてもゲーム単位で考えてしまって、結果ポイントをおろそかにしてたなぁと。たった1つのミスが1ポイントに繋がる、だからミスをしないことが大事。そんな日本体操男子の精神を改めて重要だなぁと体感しました。

試合が終わると集合写真を撮るんですが、撮影はもちろんデジカメ。自分が1年生の頃は使い捨てカメラだったよなぁ、としみじみ感じてしまい、そばにいた後輩に「俺たちが1年のときなんて、携帯電話なんてなかったんだよねぇ」と語ると、「え!じゃぁ連絡網とかどうしてたんですか!」と驚かれてしまいました……orz そうだよ、実家に電話してたんだよ……。女の子をねらうときだって実家から攻めるんだよ……。今は楽になったよなぁ。

でもそういうギャップがとても面白い。ああ、今はこれが当たり前なんだなって、自分のこりかたまった価値観をリフレッシュできるんですよね。サークルの空気も自分たちの頃とはだいぶ違っているけど、それは悪いことじゃなくて、ただ単に違うだけなんだよなぁと。もうあんな泥酔ははやらないんだろうなぁ……。

そしてもう1つあるのがITギャップ。うちのサークルは割と平均的な大学生像に近い、と思うんですが、そういう人たちと自分みたいなIT浸りの人間とは大きな差がある訳です。でもそれゆえに「普通の世の中はこうなんだよなぁ」ということが理解できるとてもいい場なのです。そんな普通の環境でデジカメが当たり前になったり、サークルのHPができていたり、そういう成長を見ていると、いつも偏った場所にいる自分には見えない本当の姿が見えてきて、楽しいものです。

でまぁ、お酒のほうはおとなしくしようとおもいながらも、あいかわらずやってしまった訳でして。つぶれてはいませんけどね、念のため。ちょっとあばれすぎちったかもしれませんよ。

お笑いコント映像配信中

日刊スポーツのサイトでお笑いコンテンツ配信されてました、意外なところに伏兵アリ。

「お笑い検定2004」開催、笑えるコント映像配信中!

タイムマシーン3号は結構好きなのであとでじっくり見ようかと。

2004.08.22

帰京

ただいま帰ってまいりました。感想は

・のんだ
・かった
・やけた

の3本です。詳しくはまた明日。激眠ですから。

2004.08.20

記録更新

くいちんマスター効果でカウンタがぐるぐる回っております。1日のアクセス1,000超えは初めてかと。

でもたいしたことかいてないですけどね、BSとかないから試合も見れないしさ、残念です。

名称変更

期間限定で名称変更です。

理由はコチラ

ええ、男の尊厳回復したら外しますよ。

……いつ外せるんだろうか……。

匠味アボガド山葵を食す

という訳で食べました。やっぱり話題なうちに食べとかんとね。


ワサビを名乗りながらも味がワサビな訳ではなく、おまけでちろっとついてるのをちょこちょこと塗りながら食べるだけ。しかもソースがたっぷりかかってますから、ワサビの味なんか消しとんじゃいます。もっとソースがワサビ味とかいうぐらいがんばってほしかったなあ。

アボガドも肉やソースと一体化していて個性を感じない。普通に匠味たべりゃええやんというのが厳しいながらも素直な感想です。おいらに匠味は向いてないみたい。040820_1428001_s.jpg

モス匠味アボガド山葵

ただいまウェイティング中。「20〜30分くらいお待ち下さい」だって。さすがですなあ。

画像は緑モスのショーウインドウ。最近はビールも売ってるんですね、しかもおしゃれなビールばかり。

040820_1408001_s.jpg

ちびと泥酔

来週末の飲み会感じとして、近くの居酒屋に練習が寺行ってきました。あくまで練習ですからそこまで飲んで歯に訳で、泥酔にはちょうどいいっぴいよ。しかしBSなしは相変わらずきついけど楽しいよl。


お店はsマスターがいい人で、飲み会の下調べに来たとわかるアとサービスで料理出して倉田入りとしアして、料理もなかなかおいしかったので買うてい、じゃなくて確定してきました。自分としては座敷なところが憂い視ね。根未開、じゃなくて飲み会はやっぱりみんなと話したいから、移動できる座敷のほうが売れ石井の世。嬉しいのよ。

いやぁ、いい感じに中途半端に寄ってる宵。本気で泥酔したらどれほどひど9いかはもう知れ渡ってますからね、がはははははは・・・・・・・・・・。すみません・・・・・・・。

は、いかんいかん、のんでるのひ弱気になっちゃあ。

また酒のちから借りて文句言っちゃ移管すけどね、ライブドアのギガメーラーってさ、ギガメーラーじゃないのよ。だってライブドアのメールアドレスだと、有用でも100MBまでしか使えないのよ。あとの容量は他のメールをPOP受信するとか、PIM機能とかと共用するとかで、無料アカウントだと10MBまでさしね。容量1GBで検索を使いこなしていらないメールといるメールを振り分けるというGoogleとはコンセプトがまったく違うんですなぁ。あやうkだまされチョップ。でもケータイからも同じWebメールが使えるのはちょっと便利かも知らんよ。

野球の話はまぁいいや、なるようになれ、だ。あれだけ閉塞されつつ巨人戦の視聴率も落ちてるイ待ったら、ライブドアに引っ掻き回してもらったほうが重石揃うかな。何年続くかはしらんけどs。あ


やばいよ、ゆかゆかがもうすぐ最終回だよ。ひそかに気に入ってたコンテンツなのに。単にかわいい女の子つかうだけじゃなうて、広告ながらもひきつけるストーリー店内、展開yがよかったのよね。ゆかゆかVSユカタンとか最強だったしなぁ。ごめん、リンクはる力がないや、適当に検索しといて。


週末は尾テニスの予定です。泊り込みでね。といってもがl区政の、がうせ意mp、うううう、うてないよ、学生のサークルにOBづらして行くだけだけどさ。せっかくだから1勝くらいはしてkちあいですなぁ。運動しないとこの体脂肪は減らせないしね。

全権感銘ないところでいうけど、男も女も同じだとおもうのさ、人によるって、そんなもん。

あしだえひとまず仕事は終わりですが、来月はいろいろ忙しいので油断でみませんよ。でもまずは目の前にはる男の回復イベントに向けてがんばらないとね。あ、眠い。眠いよ。でもトラックバックだけはしとかんと・・・。がんばりますよl。

残念>RSSバー for Sleipnir

よろこびいさんで導入したRSSバーですが、予想外の弱点。

RSSバーは、ブラウザを起動した時点からチェックを始めるんですね。つまり、会社から帰って、ふたたび出社してブラウザを起動するまでの更新ってぜんぜん反映されない訳ですよ。夜型のブロガーチェックにはぜんぜんむかない訳で。

さらにはソフトのインストールなんかでブラウザ再起動しても更新チェックがリセットされます。一覧性は高いですが、新着情報という意味ではパラボナミニを使い続けるしかないかな。

2004.08.19

井上がまさかの敗退

井上、連覇ならず 敗者復活戦でも敗れメダル逃す(Sankei Web)

あの井上が敗退!! と正直ショック受けておりましたが、2回も負けたとなると、実力というよりメンタルな部分が大きかったのかなぁと感じました。

んで前述の記事。読むと井上の心の内が体感できて思わず涙してしまいました。


 昨年、あるインタビューで頂点に立ち続ける谷亮子選手(28)について聞かれてこんなことを言った。「どういう精神構造なのかな。ゆっくり話を聞きたい。真剣にそう思う」

「つらいときもあるでしょ」と聞かれ「まあ、ありますけど」と思わず漏らした。しかし、すぐに「でも頑張ります」「大丈夫です」と自分に暗示をかけるように何度も繰り返した。


20年に一度の逸材と言われ、負けることの許されないプレッシャー。そうとうつらいモノもあったのでしょう。この敗退が今後の良い糧となりますように。

2004.08.18

Sleipnir内に表示できるRSSリーダー

私のメインブラウザはSleipnirです。ジェスチャー操作とタブブラウザは一度味わうと辞められませんし、世の中のサイトの大半がIE準拠である現状ではIEエンジンなところもありがたい。

しかし当然のごときデメリットとして、対応するソフトが少ないんですね。Googleツールバーはデフォルトでついてますが、プロバイダー提供のツールバーとかまでは難しいし。プラグインなんかもSleipnir対応のものはなかなか見かけない。

そんなSleipnirですが、本日会社でSleipnir対応のRSSリーダーを教えてもらいました。

RSSバー for Sleipnir
http://darksky.s21.xrea.com/sw/rbs/

SleipnirのエクスプローラバーにRSSリーダーを表示させられます。

rss4slpnr.jpg


私がRSSリーダーに求める機能は、
・一覧性が高い
・Webブラウザまたはティッカー型(メール型はもう1つ立ち上げておくのが面倒)
・更新チェックが5分から設定可能

というあたり。いまのところこの条件を満たすリーダーとして、パラボナミニRSSGateを使ってます。パラボナミニは速報性の高いお仕事用、RSSGateはじっくり見られる趣味用と使い分け。

パラボナミニと同じティッカー型のRabbit Tickerは、一覧性でパラボナミニに劣る。BeckyのRSSプラグインは意外といい線いっていたのですが、更新頻度がもっとも短くて1時間からと速報性にかけるので却下しました。

そんなこんなでこのRSSバーですが、一覧性は高いしブラウザ表示できるし、更新チェックも5分から設定できるとなかなかすばらしい。欲を言えば更新されたサイトをチェックするのに、縦長のペインをスクロールしなきゃ気づかないところですが、それは重要度の高いサイトを上に持ってくれば多少は解決するかな。余計なソフト立ち上げなくて良いというのが何とも素晴らしいです。

画面はデフォルト設定で、いろんなニュースサイトがあらかじめ登録されてます。そのままにしててもかなり使いやすいのでは。

オリンピック日本代表のプロフィール

昨日のエントリで、アテネオリンピック日本代表のプロフィールは意外とお宝が眠っていることに気づきまして。

本日もまた他の選手をいろいろと見ていた訳ですが、いるわいるわ、掘り出し物がぞろぞろです。特にサッカーやら野球、柔道といった注目度の高い競技よりも、比較的注目度の高くないと予想される競技にたくさん見受けられますね、お宝は。


井上恵(射撃・クレー射撃)
・出身:武蔵野音楽大学
音楽畑からすごい転身っぷりです。


濱野裕二(アーチェリー)
・競技を始めたきっかけは?:中学生まで計6年間のサッカー人生において、伸びる力が無いと思い、アーチェリーを選んだ。
ネガティブすぎだよ……orz


古川高晴(アーチェリー)
・競技を始めたきっかけは?:入学した高校にはアーチェリー部しかなくて、弓道部に入りたかったがアーチェリー部に入った。
似たようなもんですかそうですか。


小西ゆかり(射撃・ライフル射撃)
・別の意味でのお宝発見。すでにファンブログもできていました。特にこの写真はまさにお宝と思われ。


米倉加奈子(バドミントン)
・仲のよい選手:鈴木桂治選手(願望)
願望って何? 何なの???


谷本歩実(柔道)
・競技を始めたきっかけは?:柔道が似合う女の子だったので
どんな女の子だったんでしょうか。


鈴木真理(自転車)
・意表ついてです。「しんり」と読みます。


山田政晴(ウエイトリフティング)
・競技を始めたきっかけは?:ラーメンを食べれるから始めた
もう何もいいませんとも。


柳田勝(射撃・ライフル射撃)
みなそこさん提供。すげぇ、スナイパーだ!

メジャー競技はまだ目を通してませんが、注目度高いだけにコメントも普通そうな予感。

ちなみに私、自分と同姓同名の日本記録保持者とかいるんですが、オリンピックには出ていないみたい。今頃何しているんでしょうか。年齢的にはまだ若いっぽいんだけど。

農ドルちゃん

備忘録がわりに。

http://www.nodol.com/pc/

空メールでバックナンバー動画が見られるそうで。

しかし夜はどこのブログも重いねぇ。

2004.08.17

アテネオリンピック中間報告

いやぁ、楽しいですね、アテネオリンピック。毎日寝不足になりそうな勢いです。

こんなに楽しいのはやはり柔道が一番輝く大会だからでしょう。世界柔道や福岡女子などもテレビ放映されますが、オリンピックの注目度にはかないませんものね。こないだの世界選手権はフジテレビがやっきになってプロモーションしてましたが、今回はそんなことしなくたって出場選手の知名度上がっているし。やっぱり経験あるスポーツが一番見てて楽しいものですよ。

柔道は今のところ、順当に金取れそうな人が取れているのが嬉しいところ。特に野村はもうすこし騒がれていいですよね、軽量級のような層が厚い階級で12年間にわたってトップに輝くというのは並大抵のことではないですよ。谷亮子も怪我を心配されながら素晴らしい勝ちっぷり。ぜひ北京でももうひとふんばりがんばってほしいところです。

しかしテレビ中継って、なぜかならず試合終了直後にインタビューするんでしょうね。野球ならともかく、柔道みたいなスポーツの後にコメント取られたって辛いですよ。息も切れ切れになっちゃうし、何聞かれても即答しなきゃいけない大喜利状態だし。まぁ直後だからこそ北島のような熱いコメントも生まれるのでしょうが、息も絶え絶えで懸命にインタビューに答えている谷亮子は少しかわいそうでした。

柔道は男子期待の井上、鈴木がいますし、まだまだこれからも楽しそうです。個人的には小柄な体で無差別級を戦い抜いてきた阿武教子に悲願の金メダルを獲って欲しいかな。あとはまもなく試合の谷本は、私のアイドル古賀稔彦選手の愛弟子なので、ぜひとも熱い一本勝ちを!

話それますけどね、古賀はほんとかっこいいんですよ。以前、女子の試合で解説をしていたとき、時間があいたところで古賀選手の試合映像が流れたんですよ。その時「どうですか? ご自分の姿を見て」と聞かれた古賀は「いやぁ、われながらほれぼれしますねぇ」と即答。柔道ってどうしてもストイックさが求められるところありますが、たゆまぬ努力で築き上げた強さの上でこういうコメントができる人って、自分にはとても魅力的なのです。引退後も後輩の育成に力を注いでいるあたりに一本通ったこだわりを感じます。

体操も団体で見事金メダル。夜中の予選見てたんですが、跳馬って自分で鉄棒に粉つけたりするんですね。普段は試合映像のダイジェストしか見られないから、そういう準備姿を見てなんだか選手が身近に感じました。大技よりミスのない演技も、見ていて美しかったし。思わず空のキャンバス思い出しますよね。

サッカーはあっというまに負けてしまいました。素人考えですが、得点取れない負けより得点を取れた負けなのは今後のいい糧になるのかな? と思いましたよ。

開幕前にもっとも期待されていた女子バレーボールは2連敗と不振。金メダル候補のソフトボールも3連敗と厳しくなってきました。女子ホッケーも2連敗でメダルは難しそう。女子の活躍が期待された本大会だけにちょっと残念ですね。試合以外の部分で苦労したテコンドーの岡本にはぜひがんばっていただきたい。

くいちんマスターを目指すアーチェリー日本代表、松下紗耶未

みなそこさんのところで知ったアーチェリー日本代表の松下紗耶未。

ほんとにもう、すてきなプロフィールです。

JOCプロフィール

ライバルが「自分自身」というのは、インタビューで

オリンピック選手にしては珍しく、松下はスポーツが苦手だという。「どんくさいから球技も苦手だし、走るのも遅い。体を使うのが苦手なんですね」ところが、アーチェリーは違った。このスポーツは体力そのものというより、メンタル面の強さと集中力が求められる。朗らかな松下は、弓を持つ顔だけは別人になる。やりたいことを極める姿は、幼少時から備わっていたものかもしれない。

とコメントするぐらいだからまぁわかりますが、尊敬する人が「くいちんマスター」はなぁ。ネットでは居酒屋「くいちん」のマスターという噂が飛んでいますが、ぜひメダル取ったときにはこのあたり突っ込んでください>芸能マスコミの人

注目すべきはコメントだけではなく、エキサイトニュース編集部が「要チェック!」とのたまう美貌もポイント。しかも2003年世界選手権で日本女子初の銀メダルを獲得、日本記録も保持するなど実力も素晴らしい。

エキサイトニュース編集部おすすめの写真

オリンピックですが1回戦は無事に勝ち進んだものの、2回戦で惜しくも敗退した模様。「メインは団体戦」のようですから暖かく見守りましょう。

ネットでじわじわと人気集めている松下紗耶未ですが、これに気づいたテレビ局がアーチェリー放送したらどうなるんでしょうか。大した視聴率は取れないかな?話題性は十分だとおもいますが。

しかしエキサイトさん、オリンピックに力入れてるのはわかりますが、「美女特集」「イケメン特集」って、つっぱしってますねぇ。特に美女特集のコレなんてやりすぎな気がしますが、そのままがんばっちゃってください。

ちなみにミキハウスって、野村忠宏福原愛もいるのね。福原愛なんてこの年で所属ついてますか! すなおに脱帽です。


2004.08.16

いも煮会だぴょん!!

久々にトラックバック野郎のお題に答えてみます。

私自身は生まれも育ちも東京なので、カルチャーギャップも少ないのですが、大学時代は地方出身者がたくさん集まったので、いろいろ楽しいカルチャーギャップと出会う機会がありました。その中で一番楽しかったのはやはりいも煮会でありましょう。

私も詳しくは知りませんが、いも煮会とは東北地方の行事で、河原でバーベキュー感覚でいもを煮て食べるんだとか。あちらでは結構当たり前の行事みたいです。

これが普通に聞いただけだったらそれほど印象にも残らないんでしょうが、聞いた相手がなんともね。その相手は大学の同期なんですが、東北出身なのにぜんぜん訛りも目立たないし(といっても仙台ですが)、服もおしゃれさんだし、むしろいかにも都会が似合うような人だったんですね。

そんな人が突然、「みんな当然しってるよな?」というような顔つきでいも煮会を語り出し、みんなの「???」という表情をみて慌てて「しまった!」とばかりに会話ごまかし始めたのがもうおかしくて。それ以来、みんなで彼に対して「いも煮会やろーぜー」とことあるごとに口撃してたのでした。

しかしよく考えたら、肉も野菜も真っ黒こげで実はおいしくないのに雰囲気でおいしいと感じるバーベキューより、いも煮会のほうがよっぽどおいしそうなんですよ。そもそも自分は焼肉のような単純な料理より、ダシを取ってナンボの料理に惹かれるので。一度いも煮会に参加できる機会あればぜひ行ってみたいものです。

そしてもうひとつ、言葉のカルチャーギャップが東北に。学生の頃、東京から北海道まで車で旅行したことがあるんですが、青森でフェリー乗り場がわからなくて、休憩がてら喫茶店で道を聞いたんですよ。そしたらフツーのおばさんが


「ああ、フェリーならあっちだぴょん!

ぴょんときたよ! すごく真顔で言われたので驚きはさらに倍増。その旅で1、2を争う強烈な思い出でした。

あとで調べてみると、東北地方、それも青森など北のほうではどうやらそういう方言があるみたい。なんともかわいくてすてきな方言ですなぁ。さてはミニモニも東北出身なのかしらん。

ファミ探コンプリート

もうちょいゆっくりやろうと思ってたんですが、懐かしさも手伝ってあっという間にクリアしてしまいました。

2作ともシナリオがよくできているのでネタバレはしないようにしますが、1と2、どちらからやってもシナリオがうまいこと行くようにはなってます。しかし1は画像がショボすぎなので、2から入ってあとで悲しいことにならないよう、やっぱり1からやるのがいいでしょうね。

1は記念すべき第1作(って2作しかないけどさ)なので、そこそこの形にしあげましたねという印象ですが、2はシナリオがすごくよくできている上にテンポも良いのでサクサク進みます。まぁ昔のアドベンチャーゲームの鉄則、同じ質問は最低3回しろ、というのは変わりませんけどね。

1は犯人やシナリオをほとんど忘れていて新鮮にできました。対して2はバッチリ犯人覚えていたのに、やっぱり最後のシーンでビビってしまいました。わかってたのに……。いやぁ、あそこはほんと最高のデキですよ。

エンディングは非常に簡素でしたが、「せいさく よこいぐんぺい」の文字にちと感動。そんなところで感動するのはヲタですかそうですか。

やっぱりすごくいいゲームなので、GBAオリジナルでぜひ復活して欲しいところ。あゆみちゃんなんて都市伝説にまでなっちゃってる訳ですしね。かといって「アドバンス探偵倶楽部」なんてのも寂しい名前なので、あえて「ファミコン探偵倶楽部アドバンス」くらいの勢いでぜひ!!





うしろに立つ少女 消えた後継者

Coco d'Or購入

思い立ったが吉日、さっそく買ってきました。いわずもがなのCCCDなんですが、まぁそれは見てみないふり。

最初はhiroのアルバムだと思っていたんですが、正確には「Coco d'Or」名義のアルバムなんですね。JAZZアーティストとしての。

ちゃんとした感想はちゃんと聞き込んだ上でまた後日書こうと思いますが、数曲聴いた段階ではかなりいい仕上がり。JAZZに興味なくても「Fly Me To The Moon」とかエヴァのエンディング有名な曲も入っていますのでとっつきもいいですしね。

ジャケットデザインはかの有名な水森亜土探すの大変ですからこれから買う人はなんとなくジャケットのイメージ覚えておくと良いです。

040816_1936001.jpg

歯医者復活

ここ1ヶ月通いづめだった歯医者ですが、本日やっと「次で最後」との予告いただきました。長いような短いような、それでも晴れ晴れした気分。

歯医者に通うことになった症状は、奥歯が痛んで痛んで夜も寝付きにくいほどになってしまったため。そんなほっといたつもりはなくて、あっというまに激痛まで達してしまいました。見てもらったら「磨き足りないねぇ」とのコメント。奥歯ってホント難しいですよね、磨くの。いい加減電動ハブラシ買おうかしら。

できるだけ早めに歯医者いったつもりだったんですが、結構深かったみたいで神経ギリギリだとか。ひとまずは虫歯だけ取り除いて銀で被せて治療してもらってます。

しかしね、その治療してからというものの、歯がすごい痛むんですよ。特に冷たいものを飲むとすごい刺激で、神経に直撃している感覚。

こりゃ治療ミスなんじゃなかろうかとの不安があって、今日聞いてみたんですが、神経ギリギリまで削った上に銀を被せているから、数週間は痛みがあるそうなのです。銀は熱伝導効率が高いのでつめたいものがすぐ伝わってしまうんだとか。

しばらくはこの痛みに耐えねばならんのか……。大好きなビール飲むのも辛いほどです。でも飲んじゃうけど。

ここのお医者は友達に教えてもらい、はるばる恵比寿まで通っています。オススメだけに治療はすばらしく、ちゃんとどんな治療をするかあらかじめ説明してくれるし、治療の最中も何やっているか教えてくれるのでがんばって通っているのですが、いつもいつも気にかかるのが顧客管理を紙でやっているところ。横長の紙を1週間に割って、そこに10分単位でスケジュール書き込んでるんですね。

ちょっとPC入れたら飛躍的に楽になりそうなのに、とは思うんですが、それは自分がそういう業界にいるから思うんでしょうね。ITとは縁のない業界はまだまだこういうシステムが主流なのかなぁと感じました。

2004.08.15

hiroニューアルバム「Coco d'Or」

テレビCMで見て初めて知りました。しまった! そんなん出てましたか! ファンとして失格ですorz

hiro JAZZスタンダードに挑戦!
アーティスト名: Coco d'Or
アルバムタイトル: Coco d'Or
AVCD-16049 (SONICGROOVE) ¥3,059(tax out ¥2,913)
2004.8.4 on sale

画像張りたかったですがAmazonにはないみたい。明日お仕事のついでに買いに行かなくては。

しかしhiroのオフィシャルサイト、2003年7月発売の「愛が泣いてる」でストップしているのが寂しすぎです。デビュー当時からhiro一点買いだった私としては寂しい限り。

東京湾大華火祭

040814_1906001_s.jpg行ってまいりました。人ごみが苦手な私としては帰りの混雑に巻き込まれないかドキドキでしたが、終わると同時に会場を抜け出し、有楽町方面に歩いていったら意外とすんなり帰れました。それなりに歩く距離はあったけど、勝どき駅へ並ぶよりはずっとましでしょうきっと。

花火はとってもきれいでしたが、どちらかというとアウトドアでのビールに酔いしれていた私。

2004.08.13

DDIポケットが定額通話サービス!?

はじめにお断りしますが、うちのブログでは噂ベースだったり、はたまた大手新聞のリークだったり、情報が確たるものでないネタは扱わないようにしています。そういうのって情報がテキトーすぎて話にならないことが多いので。じゃあなんでAH-K3001Vは発売前から期待してんだよと言われそうですが、それはJATEという組織で型番が通過してますからね。そりゃ型番で京セラのAirH"PHONEてことは一目瞭然なんですから。

それでもさすがに日経産業新聞のネタはあまりにもすぎるので、ちょっと突っついてみたいと思います。

日経産業新聞によれば、時間帯や通話先の制限はあるものの、NTT局内部にDDIポケットの設備を置くことで“NTT交換機を経由せず”、“NTT東西への接続料を払わない仕組み”で定額制を実現するということのようです。(2ちゃんねる関連スレ

言葉の使い方がうまいなぁ。「接続料を払わない」とは言うものの、「無料」とはいってない訳ですから。

何がいいたいかと申しますと、普通の電話番号へ電話するのに「無料」はまず不可能といってよいから。どんなにバックボーンをIP化しようとも、最後の最後で電話へ繋がるためにはNTT東西の交換機を使う必要ありますから、そこの接続料ははらわにゃならんでしょと。

これはあくまで想像の域ですが、NTT局内部に設備を置くというのは、GCのことをさすんでしょう。GCといってもゲーム機じゃありませんよ。加入者交換機(Group Unit Center)のことです。家の電話回線ていうのはいったん加入者交換機につながり、加入者交換機はさらに中継交換機(ZC、Zone Center)に繋がる。いってみれば加入者交換機がクライアントで、中継交換機がサーバーみたいなつながりかたと思えばよいでしょう。かなり大雑把ですけど。

基本的にGCは市区町村単位、ZCは都道府県単位ですから、数はZCのほうが少ない。だからNTT東西と電話回線を接続するには普通ZCを使う訳ですが、ZCはGCに比べて接続料が高いのです。これについてはいろいろ問題おきましたが、下記コラムを読むと良いでしょう。

IP電話を直撃するNTT接続料の値上げ(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/fbiz/column/fl/reg107/01.html

で、平成電電などはZCではなくGCに接続する手法を取り、格安の電話サービス「平成電話(現CHOKKA)」を始めました。通話料金は税込みで税込7.14円と、IP電話よりも安くできてます。

日経産業はこのこといってるんじゃないですかね。“中継交換機”を介さずに、“ZCの接続料金を払わずGCの料金を払う”ことで通話料を安価に設定。でもさすがに無料は無理だからある程度高いお金とって、超えちゃう分はまぁいいだろうという戦略ではないかと。20,000円の料金でたとえ超えられちゃっても、他の人が10,000円とか5,000円しか使わなければオッケー、のような。

といってもさすがにすべての電話に通話できたらまずいから、指定した通話先なら定額にしておけばそこまでムチャには使われない、ってことでしょうか。時間帯は微妙かな。それじゃ定額とは呼びづらいだろうから。

ちなみにGC接続で安価にする方式であるなら、携帯電話には使えないでありましょうから、通話できるのはあくまで一般電話だけになるでしょうね。それで通話先制限となるとそれほど大きなメリットもないかもしれません。通話料金も高そうですし。

以上、すべては日経産業の記事に基づいた想像にすぎませんから、このエントリも話半分にとらえてくださいな。ひょっとしたらNTT交換機にまったくつながないで済むようなすんごい技術もあるのかもしれませんし。どっちかというとバックボーンを全部IP化して、IP電話のように全国一律料金ってほうが面白そうなんですけどねぇ。

ナベツネ辞任!

取り引き先のテレビでいきなりニュース流れてびっくり。
大学生スカウトで食事代として200万払ったのが違反行為として、責任とって辞職だとか。
思わずみんな仕事とまっちゃいましたよ。
外出先なのでソース示せませんが、そこらじゅうのニュースでやってることでしょう。
なんかいろいろ裏がありそうな辞任ですな。どうなる1リーグ!

ホッピートラック

040812_1512001_s.jpg仕事で有楽町行った時に見かけたトラック。ホッピーってなんだかマイナーというか知る人ぞ知るというか、こじんまりした居酒屋にさりげなく置いてあるというイメージだったんだけど、こんな宣伝トラック作るってことはまだまだこれからがんばっちゃおうってことなのかしら。それとも今ブレイク中なの?

個人的にはあまりおいしいと思えたことがないので、3冷主義をきちんと守っているお店をためしてみたいところ。


誤算

歯医者のあとお客さんとこいく予定なのですが、遅刻しちゃまずいので1時間半くらい余裕を見ておきました。

したら歯医者が10分で終わってやんの。うわーん、ひまだよー。

しょうがないので駅前のHOTSPOTでブログ更新です。

エルメスの少女たち

ずっとずっと前のキャンペーンだった、ガンダムのボトルキャップがいくつか会社に置いてあるのですが。


緑色のモビルアーマーをもてあそんでいまして、
ma.jpg


ふと裏側を見てみると

ma2.jpg

衝撃の文字が並んでいました。きづかなんだ。

もう解禁なんですかね、この呼び方は。

ウルティマの大地に降り立つ

う、なんか再開後はゲームネタばっかだぞ。

ま、いいか。

買ってきたウルティマオンライン、遅まきながら始めました。しかしボタン操作間違ってチュートリアルキャンセルしてしまい、何やっていいかさっぱりわからん! いかん!

幸いにしてガイド本付きのパッケージ買ってきたので、コレ読んで勉強しようとおもいます。一応明日からは夏休みだからちょっとがんばって慣れてみようかと。

7月のアクセスランキング

もういまさらですが一応ね。

Page View : 6,616
Visit : 4,146

前月6月のアクセス
Page View : 9,588
Visit : 5,985

さすがに謹慎していただけにガタ落ちですね。まぁアクセスアップ命ではないし、あくまで2次的要素として楽しんでるだけですけど。

そして検索ワードランキング

1 AH-K3001V 5% 187
2 着うた 3% 112
3 ほりう値 1.6% 61
4 gigabeat 1.3% 49
5 原田16才 1.2% 46
6 MMO 1.2% 45
7 ah-k3001v 1.1% 41
8 京ポン 1% 40
9 原田16才 1% 38
10 K3001V 0.9% 37
11 設定 0.8% 31
12 NV3 0.8% 30
13 ファミコンミニ 0.7% 28
14 LF-M721JD 0.7% 27
15 メール 0.7% 27
16 あとりK 0.7% 26
17 メトロイド 0.6% 24
18 サイボーグじいちゃん 0.6% 24
19 着うた作成 0.6% 24
20 お茶犬のゲーム 0.6% 23

いやね、AH-K3001Vが強いのはわかるんですけどね。
何ですか8位は!!! だから京ぽんって書いてねーっつてんだろ!!!
どうやって検索してきてるんだろう。

あとはNV3とかいうマニアックな検索してる人いますが、なんかこのハード調子よくないみたい。自分とこはNV3に変えて速度落ちたんですが、2ちゃんねるでもそういう人多いようなので。ちょっとファームアップに期待ですかね。

あと11位の「設定」とか15位の「メール」もすごいね。よくぞこんなへんぴなとこにいらっしゃいました。

第3の刺客現る!

かたやタッチパネルを搭載、2画面液晶であくまで「ゲーム」らしさを追及するニンテンドーDS。

かたや映画や音楽再生といったマルチメディア機能で勝負するPSP。

年末はこの2大携帯型ゲーム機が真っ向勝負かと思っていたら、とんでもない刺客が現れましたよ。

それは、コイツだ!!


やべぇ、欲しすぎる……。


さてさて、まじめな話に戻りますと。

2つの携帯ゲーム、どちらに魅力を覚えるかといったらやっぱり自分はニンテンドーDSです。任天堂好きっていうこともありますが、やっぱりPSPにはゲーム機としての魅力が薄すぎる。

プレイステーションが家庭用ゲーム機シェアにのぼりつめたのは、任天堂がカートリッジにこだわっている間にCDメディアを採用、少数精鋭派の任天堂に対してサードパーティーへの門戸を広げることでソフトのラインナップを拡充、結果としてスクウェアとエニックスを取り込んだことにありましょう。スクウェアはケンカも原因でしょうけどね。

んでPS2はというと、PSと互換性があるというのと、DVDも見られるという互換性が売りでした。DVDプレーヤーとして見られすぎて最初はソフトがぜんぜん売れなかったという悲しい話もあるほど。

そういったPS勝利の方程式から考えると、PSPはあまりに外れすぎている気がするんですね。メディアは大容量とはいえ独自仕様。動画や音楽が楽しめるといったって、それを録音・録画して楽しむ環境をはたしてソニー陣営が作れるかといったら、ATRACやレーベルゲートCDなソニー陣営には期待できそうもない。そもそも音楽や何やらを楽しむためには、UMDの専用ドライブなりが必要になるんでしょうか。本体とUSB接続だけでコンテンツやりとりっていうんじゃそれも微妙だし。まさかUMDに映画入れて販売するなんていう、初期のMDみたいなアホな真似はしないと思いますが。

ニンテンドーDSは、タッチパネルをどう使えるかという未知数はあれど、既存のGBAソフトが全部使えるってのはやっぱり強い。GBをきっちゃったのはタイミング的にはアリでしょうし。サードパーティーもスクエニが戻ってきて、ソニー陣営と大差はなくなっている感じ。PSPはソニー萌えな人とガジェット大好きな人には売れそうですが、客観的に見てもDSのほうがうまくいきそうな気がします。反省を知ったかつての王者はやはり強いと思う。

あとはタッチパネルですが、最初は???でしたけどソフトが発表されるにしたがってだいぶ使い方が見えてきましたね。画面というよりこれはコントローラなのだなと。それが画期的に新しいかどうかは微妙なところですが、単に2画面というよりは面白い使い方ができそう。EyeToyみたいなこともできそうですしね。

2004.08.12

BlogPeolpe整理整頓

あまりにココログが重いので再構築してみました。少しはよくなるかな。

さて、お気づきの方もいられるでしょうが、BlogPeopleを大幅に整理しました。トラックバックで交流したブログは「TB」、泥酔のお知り合いは「DS」、読み物的ブログは暫定的に「ブログ」と設定。リンクは少しずつ増やしておこうと思います。

ここだけの話

明日から夏休みなんですけどね。


結局休みの日全部に仕事入っちゃったよ……orz。うまいこと1日にまとめたかったのに、結局全部ばらけてもうた。


でもめんどくさいので1日だけ出勤にして、あとは休日設定したまま出勤しちゃいます。休日出勤にしたってあとで休み取れる訳でもなし、むしろ家でグダグダしてるより朝から予定あったほうが生活がしっかりするしね。仕事といっても毎回1~2時間で終わるだろうから。むしろ休みの時間が充実するだろうとポジチブシンキング。


まずは明日、朝イチで免許の書き換え。んで会社寄って仕事道具持ってから歯医者行って、それからお客さんのところへ。む、なんだかいつもより忙しそうだぞ。

やってもうた

勢いでファミコン探偵倶楽部Iクリアしてもうた……。
もう3時だよ、早く寝なきゃ!


明日はIIがあるからね。

2004.08.10

MSNなブログ

MSN Spacesと書いてMSNスペースと読んじゃうなんともアメリカンなブログですが、10日オープンといいながら「暫定オープン」という名のもと先行登録できてたので試してみました。

ブログは一通り試してるんですが、なかなかシンプルでいいかんじ。シンプルといってもウェブリブログほどシンプル過ぎず、こういう設定したいな、っていうことがある程度設定画面で一発でわかるインターフェイスがなかなかいいなと。ココログなどのMTベースって、多機能だけどインターフェイスがぐちゃぐちゃなのよね。まだベータ版なのでカスタマイズも弱いですが、今後が結構楽しみな感じがします。

しかしオープン初日から、Service Unavailable頻発なのはどうなんですかねぇ、MSNさん。
あとはHTMLタグがほとんど禁止なのも寂しい。カスタマイズの余地がほとんどないんですよね。セキュリティ大事なのはいいですが、今後ある程度は緩やかにしてもらえるとうれしいところ。

今蘇るディスクシステム

disks.jpg

すみません、完全にネタです。
会社でファミコンカラーのSPを借りて、下に自分のジャンゴレッド&ブラックのSPを置いてディスクシステムを再現してみました。やっぱりディスクシステムセレクションはジャンゴレッドでプレイするに限りますなぁ。

それはさておき。

今やゲームシステムが古すぎて楽しめないんじゃないかと思っていたディスクシステムセレクションでしたが、そんな杞憂はふっとばすほどの楽しさ。ファミコン探偵倶楽部はもちろんのこと、パルテナの鏡も十分すぎるほどおもしろい。ただ、ボーナスステージ?の壺を割る順番忘れちゃったのでネットで調べなければ。あれ昔は完全に暗記してたのにねぇ。

ファミコン探偵倶楽部はIからやってます。ストーリー的にはIIからなんですが、Iは犯人忘れちゃってるので新鮮に遊べるのです。IIはもうね、オチが強烈すぎて一生忘れませんよ、犯人を。

10本全部買っちゃおうかとも思いましたが、やっぱり愛を込めてプレイできるものだけ買おう、という基本理念から5本だけを選びました。ダメなんですよ、あれもこれもって買っちゃうのは。悩んだあげく、自分にとってマストバイだけを買う、それが楽しさの1つなもんで。だから未だにPHSだけでがんばっているのです。

ディスクシステムセレクション

カートリッジの黄色さに何だか興奮。040810_1015001_s.jpg

2004.08.09

ディスクシステムセレクション発売前夜記念

ガシャポンでゲットしたファミコンセレクションを一挙公開。
ファミコンが2つあるのは、1つはボタンが四角いシークレットだからなんですな、これが。
fami.jpg

2004.08.07

Xbox復活

水曜の朝に修理に出したXboxが土曜に戻ってきました。早!!

サポートセンターが福島県だったのも考慮にいれると、1〜2日で発送まで作業完了したのでしょう。電話では最長14日と言われていたので1週間は覚悟してたのですが、なんたる早さ。やはりユーザー少ないとサポート件数も少ないのかな……

修理品目はDVDドライブの交換でした。直すんでなくて丸ごと取り替えちゃったのね。購入1年以内だったので全部無料でした。

平日しか電話できない上にナビダイヤルだから一部携帯・PHSではかけられなかったりと難はありますが、対応は迅速ですのでXboxの調子が悪い人は修理に出してみてはいかがでしょうか。まぁ、別の意味でXboxは調子が悪いという話もありますが。

2004.08.05

パスポート再発行

に来てます。出発までには余裕で間に合いそう。
040805_1029001_s.jpg

ゲーム近況

怒涛の更新になってますが、書き溜めてた訳ではありませんよ。加藤浩次並みにリアルタイムでがんばってます。

Top SpinはDVDクリーナやらいろいろ試しましたが回復せず、お店に持っていったらちゃんと動いたので交換もしてもらえず、結局修理に出しました。他のユーザーとかなり時間差ついちゃいますが気長に遊びます。

んで、やるべきネトゲがなくなりましたのでウルティマオンラインのパッケージ買って来ました。仕事が忙しくなってきてるのでなかなか準備できませんが、今週には何とか始めたいなと。

FFI・IIは初日買い。実はこの頃って、友達や兄弟と一緒にゲームしてたので、あんまりストーリーを覚えてないんです。一人でじっくりやるようになったのはIIIからで、これは克明に覚えてるんですけどね。なんで結構新鮮に遊べてます。

難易度はかなり下がってますね。サクサクレベルがあがります。通勤途中がメインの社会人ゲーマーにはありがたい仕様。

放置気味になっていたマリオVSドンキーコングも、これじゃいかんと一念発起。アクションゲームとして考えていたから途中でちょっと投げ出しちゃったのですが、これはパズルゲームだ、と認識改めたら楽しくなってきました。とりあえずステージ6までは行っていたのでクリアだけはしようと思ってがんばったのですが、裏面もあるのかよ!!! しかも裏面、かなり面白そうだし。しばらくFFI・IIとの並行作業が続きそうです。という訳でウルトラ警備隊 モンスターアタックはかわなそうです。やらないで買うだけのゲームなんて申し訳ないし、まもなくディスクシステムセレクションも出ちゃいますし。

ヒカルの誤

昔使ったタイトルの流用ですがまぁいいや。

発売日と同時に購入した宇多田ヒカルのライブDVD「ヒカルの5」ですが、忙しくてまだ見れてません。もう買った友達やらレビューなんかでは賛否両論みたいですが、今週末こそ何とか見たいな。基本的に丸っこくなっているのは無問題だし、FINAL DISTANCEではなくDISTANCEを歌っていてくれるとこにも期待。私の中でDISTANCEは宇多田ヒカルソングBEST3に入るくらいお気に入りなんですが、FINAL DISTANCEって全部ぶち壊しなんですよ。バラードにすりゃいいってもんじゃなかろうに。

Utada名義の曲も聴きました。日本向けのEasy Breezeyはなんとも洋楽っぽくて今までの宇多田ヒカルではないんですが、これはこれで好きです。米国iTunesで先行販売されたDevil insideも入手して聞きましたが、こっちはリミックスでいぢりすぎていて楽曲としては好みではありませんでした。

あくまで主観ですが、宇多田ヒカルはアルバム重ねるごとにどんどん曲の魅力が減少していて残念だったのですが、少なくともEasy Breezeyは新しい何かを感じました。3rdアルバムなんてシングルカット以外手抜きにしか思えんかったし。COLORSは結構好きでしたが、それでも今までの曲と路線一緒ですしね。ただ、Easy Breezeyの「コンニチワ・サヨナラ」はどうかと思う。米国で勝負するんなら変に日本語に逃げないで欲しかったかな。

はじめてのiPod

040805_0006001_s.jpg
HDDミュージックプレーヤーの新製品が出るたびに「いいなぁ、欲しいなぁ」とよだれたらしまくっていた私を哀れに思ったのか、最新のiPod買った方が初号機をを貸してくれました。この場を借りて再度感謝です。

使ってみて思いますが、やっぱり後戻りできませんな、これ。便利すぎてたまりません。iTunesも単なるプレーヤーとしてしか使ってませんでしたが、iPodと連携すると魅力が倍増です。

面白いので家にあるCDを片っ端から移行してたら、あっというまに1GB超え。こりゃ明らかに5GBでは足りないどころか、20GBでも不満に思っちゃうかもしれません。年末にはいい製品でるといいなぁと願いながら今はこのiPodを使い倒したいと思います。


ブログあれこれ

お休みしていた間にブログ業界でもいろいろ動きがあったので簡単にコメントしてみます。

ブログ業界を騒がせたのはなんといってもJUGEMの障害でしょうね。おかげさまで私がベータ版で登録していたJUGEMも容量無制限になりましたし、Movable Typeベースの移行ツールも予定しているとのことで、ひょっとしたら将来的にはJUGEMに移行しちゃうかも。もうあんな障害は起きない、と信じてね。

しかし障害時のユーザーへの対応はちょっとまずかったかも。コメント禁止とかもそうなんですが、ユーザーにキレるなんてありないことやっちゃったりして。いろいろ面白そうなことやってくれそうな会社なだけに、サービスに対する根本的な姿勢に疑問感じちゃったのは残念です。

ブログサービスも増えてきました。NAVERブログは正式サービスになったし、DIONはLOVELOG、MSNもMSN Spacesが10日スタートです。まぁ、DIONはまんまlivedoor Blogなのであまり面白みを感じない。KDDIグループにしては砕けた雰囲気はいいと思いますけどね。MSNも100万会員集めると大きく出たのはいいけど、今のところ目新しさが何もない。携帯電話との連動なんてほとんどのブログやってますからね。MSNのもってるサービスとどれだけ連動できるかが鍵でしょうかね。Hotmailやらメッセンジャーあたり。

NAVERブログはまだ試してませんが、気になるのはそのユーザー数。ベータサービス期間が1ヶ月に満たないのにユーザーが約40,000(PDF注意)てすごすぎませんか?エキサイトブログですら8月3日でやっと45,000人だというのに。ブログマニアな人が重複して作ってるとしてもすごい数です。何か秘訣があるのかな。

それはともかくとして、大手ポータルやISPがなんだかんだとブログサービスしてきましたね。ISPでやってないとこといえばODN、hi-ho、So-net、POINTってとこでしょうか。ODNとPOINTは合併やらなにやらで忙しくてそれどころじゃなさそうですが、hi-hoは円谷チャンネルでウルトラマンブログとか、So-netはポストペットやハーボット、リヴリーあたりでブログとか、結構おもしろげなコンテンツもってるのでがんばってほしいところ。ポータル最大手のヤフーはどう動くでしょうね。ジオシティーズで精一杯なのかな。

ひっそりと始まりすぎてまったく注目されてませんが、headline::quoteはかなり面白いサービスです。Webニュースの二次配信を受けて、見出しにTBすることで新たな価値を生み出してる。おしむらくはあまりにひっそりすぎて知名度がないのと、対応ブログがMTとTypepad Japanなところ。マニアな人はMT使ってると思うので使ってみてくださいな。

なんだかんだ一番期待したいのは、マイクロソフトバイスプレジデントの古川さんブログでしょうか。おそらくブログ界最強の大物になることは間違いなしですし、こぼれ話も面白そうな予感。

2004.08.04

再開にあたって

心意気を書こうとしたらエラーで消えちゃった。なのでさっくりとね。

いろいろな失敗のもとに謹慎モード入りましたが、反省は反省でしっかりした上で、やっぱり先進まんと人生面白くないので。次の機会は万全の体制で臨んで男を見せたいと思います。さすがに昼から飲みつづけられる体力はなくなっちゃったなー。

ブログお休みしたことでブログを続けていた理由も見えてきました。すごく明快で「書きたいから書く」そんだけなんですよね、自分がブログ書いてるのって。ブログが双方向だの新しいメディアだの言われてるけど、やっぱり先立つのは「書きたい」っていう気持ちかなぁと思いました。

とりあえず週数回を目標にちんたら書いていきたいと思います。休みの間にいろいろと書きたいこともたまったしね。

復帰準備

ここ数週間かなり忙し目ですが、すきをみて更新再開したいと思います。
、とひとまず宣言だけでも。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ