« テニスに学ぶ | トップページ | ソーシャルネットワークの未来 »

2004.08.24

トラックバック・ピープル誕生

BlogPeopleの新サービス「トラックバック・ピープル」が本日スタートいたしました。

このサービス、個人的に結構注目しております。何が面白いって、ブログそのものではなく、話題のカテゴリにトラックバックできるところ。

以前「MyClip」というサービスが出始めの頃に、ちょっとしたいざこざがありました。MyClip自体は自分が気になったブログの記事を自分のブログに表示させるというものなんですが、「トラックバックで双方向リンク」が売りであったブログのサービスの中に「片方だけ一方的にリンク」という概念が持ち込まれたために、それを気に入らなかったユーザーもいたみたいで。

私はMyClipは使っていませんが、そもそもは単なる純粋なリンクの手間を省いているだけだし悪いものじゃなかろうと。一方でせっかくトラックバックを楽しんでいた人にとってはちょっとイヤな気持ちになるっていうのもわからなくはないところです。

んで、このトラックバックピープルですが、カテゴリそのものにリンクするんですから、それに参加していること自体が「他で表示してもいいよ」という意思表示であって。さらにいうならば、同じ話題をみんなで共有していくコミュニティ的なサービスとしても受け取れる。ソーシャルネットワーキングを名乗るサービスより、よっぽどソーシャルネットワーキングな機能という気がしていて、その点でも好印象なのです。閉塞的な友達つながりよりも、同じカテゴリで集まるほうがよっぽど前向きな気がする。

前にもニュース記事にトラックバックできる「headline::quote」に注目していると書きましたが、これは試験サービス中なだけに対応するブログが少なすぎた。それに対してBlogPeopleはほとんどのブログが自由に使える訳ですから、カテゴリの広がりにも期待できます。

おしむらくはBlogPeopleのサービスがあまりにも職人気質というか、「おれっちのサービスはどれもいいやつだから、自由に使っておくんな」って感じで結構投げっぱなし感が感じられるところ。新しいものに敏感な人は使うんでしょうが、せっかくいいサービスなので、ココログの使い方ガイドくらいの勢いで使い方説明するコーナーがあるとユーザーが更に広がりそうなんだけど。

そしてこの「カテゴリへリンク」というサービスの次に期待したいのが、「ブログそのものにリンク」という機能。ありませんか? おもしろいブログ見つけてトラックバックしたいんだけど、記事ではなくてブログそのものトラックバックしたいとき。もしくは仲間内のブログでの連絡網でも便利かもしれない。BlogPeople登録ユーザー同士でもいいから、その機能があるとより面白いつながり方ができるんじゃないかなぁ、などと考えております。

« テニスに学ぶ | トップページ | ソーシャルネットワークの未来 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/1272144

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバック・ピープル誕生:

« テニスに学ぶ | トップページ | ソーシャルネットワークの未来 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ