« KDDIがOPERAのフルブラウザを採用 | トップページ | チンプイキター!!! »

2004.08.28

トラックバックの在り方とは

みんなはどう思ってる? さんから、「みんなはトラックバックをどう思ってる?」というトラックバックをいただきました。ちょうどトラックバックについてあれこれ考えていたところなので、これについて考えてみたいと思います。

まずは基本的な考えですが、ディープリンクの問題と同様、大原則としてトラックバックはどう使おうともOKだと思います、自分のブログの宣伝にすぎないようなトラックバックだとしてもね。手間は発生してしまいますが管理人は後でトラックバックを消すこともできますし、そもそもトラックバックを受け付けない設定も選べるのですから、トラックバックを利用する以上、他人の使い方には文句いう筋合いはないなと。

その前提を踏まえたうえで、あとは個人の使い方になってくるのでしょう。ここではあえてマナーとは言いません、使い方は人それぞれですから、マナーのように「これが模範的」という解はあるべきでないと思いますので。

ここからは私の考え方になりますが、私がトラックバックする場合は相手先のURLも張りますし、文中でトラックバックしてますよというような文章も入れておきます。それはなぜかというと、ただトラックバックを張っただけでは、それに気づくのはトラックバックされた相手先だけだから。普通にうちのブログを訪れてくれた人にも、「ここにトラックバックしてますよ」ということを伝えれば話題も広がるでしょうし、何より読んでる人もわかりやすいと思うんですね。読んでもらうためにブログやってる部分もありますから、訪れてくれる第三者のことも考えていきたいのです。

トラックバックを張る相手先は、基本的には自分のブログで引用したり、相手のブログについて触れた場合に選んでますが、それを行なう目的はといえば、「自分のブログにとって価値があるから」。その価値があるのであれば、引用せずとも多少カテゴリがかぶっているなというブログでもエントリします。要はトラックバックの方法といった手段にとらわれるのではなく、何のためのトラックバックかという目的がはっきりしていることが大事だと思うんです。

ここまでは従来のトラックバックの使い道ですが、私が思うにトラックバックはまだ発展途上の技術だと思うんですね。非常に面白い機能ではありますが、今のところ1対1での使い方しかない。同時に複数のブログへトラックバックすることもできますが、結構手入力がめんどくさかったりしますしね。

複数へのトラックバックがやりやすくなる方法、さらにはトラックバックしたサイト同士を紹介する方法とかがでてくるとまた面白い使い方ができそう。トラックバックしているブログを再公開する時は、2回もトラックバック送らないようにトラックバックURLを消しておくとか、手動に頼る部分がまだまだ多いので、これがもっと気楽に使えるようになると使い道が広がってくるなと。

私がやっているトラックバック相手先へのリンクを張る作業も、トラックバックしたと同時にトラックバック元からも相手先のリンクが表示されるようになるといいんじゃないでしょうか。自分でもどの記事からどこへトラックバックしたか忘れる時ありますし、ココログだと過去に自分がはったトラックバックの履歴も見られないので。

まだまだ発展途上なトラックバックではありますが、その機能をどんどん発展させて面白いもの作っているのがBlogPeopleだと思います。前にもトラックバック・ピープルについてはエントリしましたが、またnagasawaさんのModern Syntaxで面白い使い方が紹介されてました。


ということで「トラックバック・ピープル」の「地域情報」をうまく活用して情報を共有できるといいなあと思っています。というか、このカテゴリはもっとたくさん「話題」ができてもいいと思います。例えば、「東京の五反田」って話題を作って「今日、カレー食べてきました」っていう感じで五反田のカレー屋の記事書いたらトラックバックしておけば五反田でカレー屋探している人とか、その店いったことある人とかとつながれるわけですよね。その店でパーティなんかやろうもんならどんなことになるのか想像もつかないけど、なんか楽しいことになりそうです。


ブログ人に、「日本沈没地図」のお株を奪っちゃうような面白い試みです。そもそも日本沈没地図自体が、ココログの「トラックバック野郎」みたいなトラックバックコーナー作らなあかんな、みたいな感じで用意された印象で、コンテンツの魅力に乏しい。先ほどのトラックバック論とも重なりますが、日本沈没地図であることの目的があんまり感じられないのです。

それに対してトラックバック・ピープルのやり方はすごく活き活きしている。単にカテゴリへトラックバックするだけでなく、それをRSSで取得したり自分のブログへ貼り付けたりすることで、本当にコミュニティとしてのメリットが出てくる気がするのです。これが1ブログのサービスではなく、いろんなブログで使えるサービスだからこそさらに面白い。まだまだ他にもトラックバック・ピープルの面白そうな使い方が出てきそうで、ああ、トラックバックってやっぱいいなぁ、と思った次第です。

« KDDIがOPERAのフルブラウザを採用 | トップページ | チンプイキター!!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/1299203

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックの在り方とは:

« KDDIがOPERAのフルブラウザを採用 | トップページ | チンプイキター!!! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ