« Utadaニューアルバム「EXODUS」 | トップページ | Norton先生最新作の真のポイント »

2004.09.15

グリーな意図 2

遅まきながら、GREE Night 2.0に行ってきましたよ。

実は1.0も行ってたんですが、あっちはすごく内輪ノリが強かった。今回は登録ユーザーID数が10倍近くなったせいか、割とフツーなイベントっぽくなってた気がします。

ただ、結局はナンパがそこかしこで行われていたり、異業種交流会みたいなノリで、GREEらしさみたいなのは感じませんでした。そもそもGREE自体の構成が、ユーザー同士が繋がっていくのが基本であってコミュニティ色はあまりつよくない。だからイベントやると全体で1つにならざるを得ず、結果として1つとしてまとまりにくいのかな? と思いました。

その点mixiはコミュニティ主導で動いていますから、全体イベントやってもコミュニティベースで動くのかな? どっちがいい悪いではなく、性質の違いとは思いますが、GREEのイベントはGREEがやるからこそのイベント、みたいな特色がなかったのは残念かと。

意外と面白かったのがGQ JAPAN編集長のお言葉。冒頭から「人脈なんて才能じゃない。そんなもん仕事してりゃ作れるんだよ」と真っ向からSNS否定なお言葉で、運営側はあれ聞いてどう思ってたんでしょ。自分も人脈先行な人のつながり方って好きではないので(いい悪いではなく、好きではないだけ)、結構共感してしまいました。そうだよなぁ、まずは自分がやりたい仕事に燃えることが大事だよなぁって。

あとびっくりしたのは、DJ松村太郎氏の声のよさ。なんか一瞬アムロ・レイかと思いましたよ。DJの世界はよくわかりませんが、とりあえず通る声はなかなかよいなと。

しかもGREEでの松村氏の紹介の仕方がすごい。

ツッコミどころ満載のCNETの連載で大人気の松村太郎。
えええ、ツッコミどころ満載なのはコンセプトなのか!!!

松村氏のコラム自体はなかなか面白いんですが、自分の友達関係を称して「SFCは・・・」と語るのに違和感あったんですね。渋谷のセンター街を見て「女子高生は・・・」と言うような。「僕の身の回りでは」っていう風にすりゃええのにとおもってたんですが、それも狙いだったとは・・・orz

GREEは今後どうなるのでしょうね。10万人もいるとだいぶ普通の社会と同じになってきて、そろそろいろんな問題にぶつかるのかも。つながりが友達同士という1階層だけでは限界があるのかなぁとも思います。だって仕事でちょっと知り合った人に、自分の大学やら高校やらの人間関係ぜんぶ見えちゃうってちょっといやですもの。もっとコミュニティでクローズする機能とかが重要になるのかな?

今のところ、SNSに懐疑的な気持ちは変わりませんが、今後どう展開していくのかには注目。ただ、今の時点ではMSが組むほどの大きなサービスじゃないなとおもうんですけどね。ネットで展開する異業種交流の発展系、程度にすぎない現状では。

« Utadaニューアルバム「EXODUS」 | トップページ | Norton先生最新作の真のポイント »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/1438778

この記事へのトラックバック一覧です: グリーな意図 2:

« Utadaニューアルバム「EXODUS」 | トップページ | Norton先生最新作の真のポイント »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ