« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.26

泥酔のなれのはて

泥酔し警察手帳紛失 福岡県警巡査部長を戒告処分(asahi.com)
http://www.asahi.com/national/update/1126/002.html

ひとごとじゃないなと思いました。

P-WORLDが検索ランキング6位に!

@niftyの瞬!ワードを見ておりましたら、なぜかP-WORLDが検索6位に!!!

pworld.jpg

やべぇ、何やったんだろとビビってたら、単なるパチンコチェーンのお店でしたよroz

2004.11.20

ローテーション

発売日ゲットしたリアル4巻。さっそく電車に乗りながら読んでました。

しまった…… 。

買うんじゃなかった……。

不覚にも電車の中で泣いてしまいましたよ!

たまたま座れたから下向いてごまかせて良かったorz

障害者バスケが舞台ということでどうしてもスラムダンクを思い浮かべがちですが、中身はまったくちがう。スラムダンクはジャンプらしい成長ストーリーですが、リアルはむしろ心の成長物語ですね。個人的にはすでにスラムダンクを越えた最高傑作とすら思います。

ブログのタイトルは4巻のキーワードから。つうかもう安積萌えー! 今までも良かったけれど4巻の活躍は最高ですたい。

しかしマンガってすごいですね。携帯もミュージックプレーヤーも今やカラーされているのに、マンガはまだまだ白黒が主流。それでもこれだけ人を感動させ、そして引き付ける力。

同じくらいの感動を映画ど実現しようと思ったら、音楽やキャストまで徹底的にこらないといけない。マンガならキャラクターは演技ではなく本物であり、余計な音楽もいらない。

もちろん一番大事なのは作家の能力ですが、最強のコンテンツは想像力をいかにかきたてるかにかかっているのかな、と思いました。

リアル4巻

今日発売だったとは……orz
気づいたのがすでに23時を過ぎていたため、発売日買いできませんでしたよ。
明日買いに行かねば。売り切れていませんように!

リアル 4 (4)
リアル 4 (4)
posted with amazlet at 04.11.20
井上 雄彦
集英社 (2004/11/19)
売り上げランキング: 5
通常24時間以内に発送

2004.11.18

祝本日のラッキーさん

というわけで、仕事一息つきましたのであらためてラッキーさんの感想など。

BlogPeopleに登録している以上、いつか当たるのかなと妄想してみたことはありますが、まさか10万分の1以上の確率を自分が引き当てるとは思いもしませんで。いつも取得しているモダシンさんのRSS概要にうちのブログ名が表示されていた瞬間は、いったい何が起きているのかわかりませんでしたが実際にModern Syntaxを見て驚愕。驚きと嬉しさもひとしおでしたが、なにぶん仕事がたっぷりあっていっぱいいっぱいだったので、「ああ、せっかくならもっと仕事に余裕ある日に当たったらなぁ」なんて欲張りなことを考えてしまいましたですハイ。

しかしまぁ、あれですね、モダシンさんの感想は冒頭の「・・・・・・・・・。」にすべてが詰まっている気がしますね、自分でもそう思いますもの。もう泥酔に関してはかなりの勢いでご迷惑おかけしましたから、ああああああああああorz

つうか文面のいろいろなところからいろいろなニュアンスが漂ってきて非常に緊張かつ楽しいブログなのですが、果たして消えた1回目に何が書かれていたのか、想像するだけでガクガクブルブルとですよ!! 神様、ありがとう……。そして1時間もかけていただいてもうひたすら恐縮の極みです。

ちなみにブログの名前ですが、一度も説明したことはありませんが実は放送禁止用語みたいなそこまで深い意味はなくて、単に昔参加していたコミュニティで使っていた名前でして。初めてコミュニティ参加するときに「名前どうしようかなぁ」と悩んでいたら、たまたま話題がドラえもん劇場版だったので、そんなら一番好きな「のび太の恐竜」からでも名前とるか、んじゃ単純にピースケにしとけ、と勢いでつけた名前が、いつのまにやら省略されてアルファベット1文字になったという、なんともつまらん展開なのです。

しかしあれですかね、やばめの話期待されてるんですかね、それじゃぁいっちょがんばっちゃおうかな! といっても大したネタもないんですけどねぇ……。仕方がないのでインパルスの板倉は元ロバートだったんですよとかいうお笑いトリビアでお茶を濁してみるテスト。

次からはラーメンやゲームから離れた一般的な話題もがんばってみたいと思います。でも最近ブログ書く時間がどんどん減っているのよねぇ。

と言うわけで本日のラッキーさんでした。m(_ _)m

bp.jpg

やべ

普段仕事中に書かない主義ですが今回ばかりはさすがに。

10万分の1の確率に当たってしまいましたよ!!!!>ラッキーさん

しかし、なんとも複雑ですたい……。

のれん分け

mixiのほうでも日記はじめてみました。実名ご存知で興味ある方はmixiで探してみてくださいな。多少仕事に絡んだ話をするかもしれませんし、しないかもしれません。

しかし本当の名前を知らなければわからない世界って、なんかDEATH NOTEみたい。キャー!(妄想)

ただし主力はこのブログですので、と言い訳してみる。あと、お仕事関連とこのブログは明確にわけておりますので、あちら側でこっちの話は控えていただきますようお願いいたします。

しかしあちら側とこちら側の行き来って、なんかウイングマンみたい。キャー!(妄想)

2004.11.17

軽量化

「ブログが重いよ!」とのご指摘いただいたので、いままで放置していたサイドバーを整理してみました。これでだいぶ軽くなったんじゃないかと。

残しているもののうち、こうさぎはアクセス解析にも使っているので維持。CGI BOYのカウンターはAirH"PHONEで見られないので他のに変えたいんですが、なんかいいサービスありますかねぇ。

H2ドラマ化

あだち充「H2」山田&石原でドラマ化 (スポーツニッポン)

>主人公の高校球児・国見比呂を山田孝之(21)、ヒロインの古賀春華を石原さとみ(17)が演じる。

ダメだ!キャストがダメすぎる!!!

比呂といえば中身こそバカがつくほど野球に熱いが、一見すればクールであまり表情も変えないタイプ。それをウォーターボーイズでファイアーボーイズでセカチューで暑苦しい演技まっしぐらな山田くんに任せるのは意義アリでございます!

古賀春華も芯が強いところはいいとして、天然ボケ大爆発なあのキャラクターがキリリ眉毛の石原さとみはミスキャストすぎ!ていうか単にウォーターボーイズ1・2の主役をひっぱってきただけじゃないか! つまりは事務所パワーな訳で、火曜9時のフジ枠じゃないのが不思議なくらい。このままではキャッチャーもウォーターボーイズつながりで石井智也になってしまいそうな悪寒。俳優自体が悪いとは思いませんが、ちょっと原作にあわなすぎと言うかそれ以外の要素が見えすぎてイヤな展開に。

とりあえず流れで見ちゃいそうだけど、もうちょいと何とかならんものか。という訳で明日までに脳内キャスト考えてみたいと思います。

2004.11.16

楓林

週末にPCを整理してたら使わずじまいだったこの写真が出てきたのでエントリしてみる。
これまた近所のラーメン屋「楓林」のラーメンです。メニュー名は忘れたけど梅干とシソ入りのラーメン。「がんこ」ののれんわけのお店のようです。

がんこはとっても好きで、学生時代もちょくちょく通っていたので、このお店も味自体は好き。ただ、どうしてもダメなのが味以外のところでして、店員が1人しかいなくて、お金の受け渡しもやっているところ。親から「お金は汚いもの」と教えられてきたので、お金を触った手で料理する人ってどうにも苦手なんです。お客に対して気を使っていないようにも感じられるし。

最初の頃は自販機があったのでよかったんですが、最近になって手渡しに変わったみたい。それならお金のやり取りする人は専任で用意してほしいなぁ。そういうことに気の回らない時点で、ちょっと接客業としてどうなのかと思うわけですよ。

furin.jpg

いま、会いにゆきました

naoyaの日記紹介されていたのを見て興味が出たので見てきました。といっても数週間前の話ですが、なんとなく書きそびれていたので。

結果から言うと、これは映画よりテレビで見たほうがいいなという感じ。決して否定の意味ではなく、映画館で見ちゃうと感情をむき出しにできないだろうなぁと思ったから。クライマックスのシーンではあたりからグスグスと鼻声が聞こえてきて、女の子の感情にはかなり訴えかけている模様。でも映画館みたいな人前じゃ泣けないよ、っていう気持ちがジャマして、素直に泣けない人もいるんじゃないかなぁということなのです。ちなみに私は「アイ・アム・サム」を映画館で見て号泣しましたが何か。さらにはマンガ喫茶で「Major」読んで号泣しましたが何か。

ストーリーはとてもオーソドックスなラブストーリー。梅雨が去って奥さんがいなくなるシーンはウルっときたのですが、そのあとの回想シーンで少し覚めました。主人公は高校生の頃からずっと奥さんのことが好きで、「でもきっと高校の頃は自分のことは好きじゃなかったんだよ」と記憶をなくした奥さんに語りかける訳ですが、回想シーンではどっこい奥さんも高校から好きだったのよ、という事実が明らかになるわけです。

この描写がね、ちと余計だったかなと。記憶を失いながらも再び同じ人を愛しただけで十分なんじゃないかと。せめても最後の別れ際に「高校から好きだったんだよ」ということを婉曲に(ここ大事)におわせるコメントだけでよかったんじゃないかな。せっかく記憶を超えた愛の形を実現してみせたのに、「実は両思いだったんだよ」という事実が必要になってしまうのが寂しく感じました。あの梅雨の数週間で、2人の愛は本物だったとわかった、それだけでよかったんちゃうかな。伏線もすごく作りこまれていただけに残念です。

とはいえ、そうじてストーリーの作りもよく、暇に感じることはありませんでした。DVDをレンタルして、自分の世界の中で見られたら更に気持ちが入って号泣できるかも。あんまり邦画は見にいかない派なんですが、この映画は素直に面白いと思いました。どちらかというと女性向けのラブストーリーですけどね。

あと、これは好き好きだと思いますが、ORANGE RANGEのエンディングテーマも微妙。つうか、彼ら歌ヘタでしょ。「ロコローション」とかはノリノリで楽しくていい曲ですが、あの歌唱力でバラード歌われてもなぁ。セカチューで平井堅がすばらしいバラード披露しちゃってるだけにラブストーリーにはあのイメージが強く、最後の歌はもうちっと歌がうまいといいなぁと思いました。

FF再び

ファイナルファンタジー I・II アドバンス待望のニンテンドーDSまで1ヶ月をきりましたが、聖魔の光石をクリアしてしまったので微妙にやることがない、と思っていたらあるじゃないですか! FFI・IIが!!

FFIは懐かしさも手伝って勢いよくクリアしてしまいましたが、IIは同じような展開でちょっと飽きてしまい、しばらく放置してしまい。ちょうどいいのでDS発売までにキッチリクリアしてみたいと思います。今はミスリルを回収したところですが、果たして間に合うか!!


2004.11.13

匠屋

041113_1759001_s.jpg近所にありながら1回もいったことがなかったラーメン屋「匠屋」にはじめていってきました。平日は仕事が遅いから店閉まっちゃうし、日曜はやってないしでなかなかチャンスがなくて。

はじめてなので定番の限定メニューから選択。出てきた「塩」はとても澄んでいて、味もあっさりでした。塩というと「山頭火」のようなコッテリした塩のイメージがあったのでちょっと意外でしたが、これがとても繊細な塩味でとても美味。

最近おいしいとされているラーメン屋にいくと、確かにおいしいんだけど味が似たりよったりしがち。カツオダシやら二重スープやらで、味がどんどんコテコテしていく傾向の中で、こういうあっさりしたラーメンは貴重です。このスープなら他にない味なので、この店に来たい! と思わせる味かも。

チャーシューもコッテリしつつそこまでしつこくないちょうど良い味。ただ、せっかくの繊細なスープなのに梅干の味が強すぎるのがちょっと難点でしょうか。梅干は崩さずそのまま置いておくほうがいいかもしれませんね。餃子は試してませんが、となりから香る匂いはかなり良さげだったので、次は試してみたいな。

あと、気に入ったのが店主の人柄。人気店なのにおごっている感じもなくお客さんに接してくれる。それでいてよくありがちな、「客に話しかける」という手段におぼれすぎて「お客とコミュニケーションする」という目的を失いがちな、気持ちの悪い接客にもなっていない(スタバに多いのよね、こういう接客)。一点難を言うなら、店主ではないんですがスタッフの中の二枚目な青年が一人バンダナだったこと。厨房に入る人はやっぱり髪を隠すべきだと思いますよ。

とはいえ総じて気に入ってしまったので、次はまいるどを試しにいってみたいと思います。


2004.11.10

聖魔の光石クリア

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
任天堂 (2004/10/07)
売り上げランキング: 74
通常24時間以内に発送
レベル20までの道のりは長かったですが、育てすぎたためにボスは瞬殺でした。まぁシリーズ通していつものことですかな。

最初は外伝っぽくないと書いてましたが、クリアしてみるとやっぱり外伝です。まず、フツーのシナリオどおり進めていくと、闘技場が少なすぎてレベルMAXが難しい。キャラクターを絞り込めばいいのかもしれませんが、結局はエクストラマップでかせぐことになるんですよね。後半に現れるエクストラマップは敵も強く経験値もガッポリなので、まさに外伝のマミーさまさまといった印象。

さらに増援のムチャクチャさも外伝っぽさを感じさせる要因。後半の増援はなんの計算もなしですごい数が現れる。キャラクターは十分育ててあるので乱暴な配置しても十分戦えますが、なんかFEっぽくない展開でした。

とりあえずレベル20まで上げ、ドーピングアイテムも最低限のものは使ったので、いよいよ3度目の正直です。今度こそ勝たねば!

ほかにも近郊でFEハマっている方がいらっしゃればぜひ対戦いたしましょう。

2004.11.09

聖魔の光石ファイナルステージ

エイリークとエフラムの分岐の両方を制覇してから先に進んだため、かなり遅くなりましたがやっと20章にたどり着き、お気に入りキャラクターもレベルMAXに引き上げました。

FEはファミコン版からやっていますが、初代FEでナバールがドーピングなしでHPがMAXの52に、同様にカインが魔防とHPを除いたステータスがドーピングなしでMAXの20になったのが嬉しくて、それ以降のシリーズも「アイテムとして入手した以外のドーピングアイテムは使わない」を主義に進めてます。人造的な強さってあんまり面白くないしね。

で、ドーピングなしで育てたキャラを思い出代わりにメモってみました。ほんとはテーブルにしたかったけどめんどくさいので画面キャプチャです。赤字はカンストしたステータスで、ミルラは竜石がもったいないのでレベル16で止めました。

fe.jpg

予想外にムチャ強くなったのがエフラムで、逆に主人公のエイリーク(エイリーク編で進めてます)はあまりのびなかった。あとは女性キャラが強い法則は相変わらずですが、フランツのバカみたいな攻撃力もちょっと感動してます。

あとは戦いでゲットしたドーピングアイテムで強化して、最後の戦いに望む予定。ちょうどニンテンドーDSまでにはすべて終わらせられるでしょうか。終わらせたらまた改めてFEの感想書きたいと思います。

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
任天堂 (2004/10/07)
売り上げランキング: 85
通常24時間以内に発送

2004.11.06

BlogPeopleと私

さて、泥酔するとなぜか朝早く目覚めるの法則に本日も準じてしまい
久々にリアルタイムでウルトラマンネクサスを目の当たりにしましたよ。
しかし前々回から録画した分がたまっていたので見ることかなわず……orz

それはさておき、BlogPeopleがめでたく1周年ということで、私もBlogPeopleとの思い出をつらつら書いてみたいと思います。

実を申せば、最初の頃って「BlogPeopleってなんだかよくわからん」と登録したまま放置しっぱなしだったんですよね。今でこそ便利に使っていますが、自分のブログをはじめたばかりだと、アクセス解析やらカウンターやらといった機能に目がいってしまい、リンクリストのメリットがいまいちわかりにくいのでした。

それからBlogPeopleを使うようになったきっかけのひとつが、自分のブログにトラックバックが増えてきたこと。トラックバックされるということは同じ話題に興味を持っている訳ですし、相手先も「興味が似てますね」というコメントしてくれることが多い。だけどココログって今まで受けたトラックバック一覧が見られないし、そもそも自分がトラックバックしたブログもわからなくなりがち。なのでトラックバックで繋がった人の履歴を残そう、そういう意味で左側にリンクリストを入れはじめたのでした。

そしてBlogPeopleが最高に楽しくなったのは、泥酔オフで実際にいろんな方と出会ったとき。その節はご迷惑おかけしましたが、家に帰ってメールをチェックすると、みんなから「ひろがるぶろぐ」のメールがワンサカ届いていたのです。登録したはいいものの、あまりつかいこなせなかったBlogPeopleの面白さのすべてを、その一瞬でつかんだきがしました。この気持ちを例えるなら、

いままで魔法の登録は済んでいたのにまともに使いこなせなかったポップが、メルルの死(死んでないんだけどね)をきっかけにすべての魔法に覚醒する

みたいな感じ。ダイの大冒険で大好きなエピソードベスト3くらいに入る名シーンです。あのマンガは絵こそ子供っぽいものの、内容は非常に面白かった。ドラクエのコンセプトも基本は踏まえながら独自の解釈していて、いまだにマンガ喫茶で読み返したりしてますよ。

まぁ話はそれましたが、かくしてBlogPeopleに注目しはじめたのでありました。

最近のお気に入りは前から書いていますがトラックバック・ピープル。実は前エントリの100円ビールは、mixiのコミュニティをきっかけにして行ってみたのですが、1つのコミュニティでみんなが集うさまは、まさにトラックバック・ピープルそのもの。招待制などとらなくても、純粋な意味でのソーシャルネットワークが築けているのではないかと思うわけです。

そんなこんなで、実は本日のModern Syntaxの動向に激しくドキドキしながらこんなエントリをしてみました。

泥酔ブログ準備中

噂の生ビール100円の店に突撃。そして終電逃しましたよ。

まあ、いつも通りどすな。


というわけっでかえってきましたよ。100円ていうからどれだけやばいのかと心配してたら、お酒はフツーでした。フツーといっても、いわゆるサンバsんしぼりのサッポロラガーになれてないとむりあっもね。ひとくちだったらぜったみおいしくないとおもう。サッポロラガーという銘柄をしっていて、かつそれを飲んだことある人なら、岩ヵんm、違和感なういけるのではないでしょうか。」

おつまみはそれなりで、ビウールほど安くはないが高くもない微妙なかんじ。しかし一番驚いたのは店長bわが若い女の子なのよね。sれでこの100en senn略はすごいなと感動しました著。

帰りは電車乗り間違えて週dねのがしましたが、タクシーの運ちゃんが道間違えたのでしかりつけてやすくあげたのでまぁいいかな。やすくといってもフチーに着たらこの値段だよね、って言う説得の元なので、あんまやすくもないけど。

ほtんとはね、BlogPeopleto私のテーマでかこうとおもったけ、ど、余裕がないので止めます。明日というか今日の期限までに割きにかけるでしょうか。たぶんむりやねぇ。

sんまえん、TBんも余力がないので、このままはてます。あとはmきなさんよろしくおねがいします。

041105_2216001.jpg


041105_2226001.jpg
041105_2242001.jpg

2004.11.03

iPodの衝撃

ありがとうiPod さんのTIPS & FAQより。


iPodの音楽をパソコンに戻したい

著作権保護のため、iPodからパソコンへの音楽ファイルのコピーはできないようになっています。
iPodに転送してしまったからといって、パソコンから曲を消さないでください。

ガーン!
知りませんでしたよ……orz
やっぱりPC内の楽曲は消さないほうがいいのね……割と不便だなぁ……。

iPodを使うまではWMAで焼いていたので、PC内のファイルぐちゃぐちゃなのですが、ここらでMP3にまとめたほうがいいのかも。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ