« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.29

匠屋

PHSの画像を整理していて、いつかブログに載せようと思っていた写真をモブログしたらサイズ小さくするの忘れてたよorz

という訳で近所の匠屋でラーメン2度目の旅。画像の名前みると11月20日ですね。1ヶ月くらい放置してたことになりますな。前回は限定の塩を食べたので、今回は「まいるど匠屋」をセレクト。

見た目ほど味は濃くはなく、かといって薄すぎずちょうどいい塩梅。自分の好みとしてはこっちのほうが趣味かもしれません。しかしまた今回の大切りのタマネギが曲者っぽい。生でどっさり入っているのでかなりタマネギの味が強く、スープの中ですごい存在感を出しているのです。タマネギ嫌いにはかなりきついかも。

匠屋ってとてもおいしいんですが、なんか具のトッピングの調和が微妙な気がします。

041120_1343001.jpg

2004.12.26

意外なリンク

おいおいヤフオクからリンクされとるで。つうかその希望価格はもう無理だろうに。この時期に買ってない人はフツーに定価でしか買わないと思うなぁ。

Firefox導入

PSPいじりに飽きたところで、巷で話題のブラウザ「Firefox」を導入してみました。お仕事はどうしてもInternet Explorerが必須なためになかなか業務でメインに使うことができないのですが、モバイルPCおよび自宅でならそれなりに使えるだろうということで。

会社でも一応Firefoxは入っていたんですが、セカンドあるいはサードブラウザ以降の扱いだったためにほとんどマジメにつかってませんでした。改めてメインブラウザとしてFirefoxをちょこちょこ使っているのですが、Firefox自体がそれほど多機能な訳ではないのですね。プラグインが豊富に用意されているから機能拡張が用意だということで。

タブブラウザとして愛用しておりますSleipnirと比較しますと、Firefoxはウインドウを幾つも立ち上げられる(タブではなく)、ポップアップもタブではなくポップアップで表示する、ジェスチャープラグイン「All-in-One gestures」を使うとジェスチャーのカスタマイズが豊富すぎ、といったところでしょうか。あくまで数日しか使っていないファーストインプレッションですが。

プラグインは基本的に英語ですが、ジェスチャーの「All-in-One gestures」については日本語版が公開されています。ただ、年内で公開終了とのことなので早めにDLしておいたほうがいいかも。


いまのところ気になっているのが、検索ウインドウが右上固定っぽいのと(できればURL欄の下の列に表示したい)、検索ウインドウでの検索結果は新しいタブではなくアクティブなタブを上書きしてしまうところ。基本的にリンクや検索結果など新しい情報はすべて新規タブ立ち上げて欲しいし、それでこそのタブブラウザだと思うので、このあたり設定で変えられるようならぜひご存知の方はご享受ください。

動作に関しては正直ノロいですね。みんなに人気のブラウザというからサクサク高速かとおもったら、昔のNetscapeよろしく、データが多いサイトはテキストや画像サイズのみが先に表示され、あとから画像がどんどん表示される。いつも見慣れているiEPGのサイトがずいぶんとみづらかったです。これはサイトがFirefoxに最適化されていないのかしら。

RSSリーダー機能は、今のところHeadline-Readerが最強かつ最高なのでまだ試してみませんが、比較がてらぼちぼちやっていこうと思います。Headline-Readerに関してはまた改めて時間あるとき書く予定ですのでひとまずこのあたりで。

ゲーム機としてのPSP

裏編集後記さんところでご紹介いただいたとおり、同発で購入したみんなのゴルフを即効うっぱらい、PSPをマルチメディアプレーヤーとしてのみ使っていた私ですが、一応何かしらのソフトも持っておかないとな、ということで「どこでもいっしょ」購入してみました。名刺交換とか友達との連携機能あるので、ニンテンドーDSのピクトチャット代わりになるかなと。

どこでもいっしょはシリーズ通してはじめての体験ですが、正直いきなり面白さがわかりません。単にはなしかけてればいいだけなんですかね、これは。一番の楽しみは友達との情報交換っぽいので、今はたゆまぬ言葉教育に励んでおきたいと思います。

しかしどこでもいっしょでやっとこさまじめにゲーム機としてPSPを使い始めたのですが、やはり携帯用ゲーム機としてはダメダメですね、PSPは。本体立ち上がりは数秒だけどゲームソフトいれっぱだとゲーム立ち上がりまで何十秒もかかるというのは周知の事実かと思いますが、ゲーム自体もむちゃくちゃ重い。ナウローディングはもちろんのこと、キー操作がなんとももたつくんですよね。十字キーを早く動かしすぎるとカーソルがついてこないという、PHSレベルの操作感ですよまったく。「どこでもいっしょ」というタイトルながら、持ち運んでちょっとした時間に言葉覚えさせて、というにはレスポンスがひどすぎる。

UMDが入っている時の仕様もひどく、動画を見たい時にはソフト自動起動を回避するためにUMDスロットをあけっぱで電源をいれ、PSP起動してから動画を選択しているんですが、スロットを閉じるとカーソルの照準が自動でゲームに合ってしまう。一生懸命動画を選択しようとして動画ファイルを選択したつもりが、カーソルが自動でゲームにあってしまってゲームが立ち上がりまた待つはめになるという悪循環に陥るのです。ゲーム機何台も作っているメーカーの割に、いまだこの程度のインターフェイスなのかとホント残念。ネットワークアップデートに期待したいなぁ。

どこでもいっしょ
どこでもいっしょ
posted with amazlet at 04.12.26
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2004/12/16)
売り上げランキング: 75
通常1~2週間以内に発送

PSPいじりひとやすみ

 ここのところPSPパワーで1日アクセスが1,000を超える大変ありがたい状況が続いておりますが、PSPいじりも正直飽きました。PSPそのものにはまったく飽きておらず、むしろ最近では電車で動画をみることにまったく違和感がないほど慣れ親しんでしまいましたが、動画の使い方もほぼわかってしまって新しい発見がないもので。あとは2パスエンコードで画質上げるくらいで、それはiniファイルの設定変更の延長線上でしかないからなぁ。

インターネット経由でゲーム対戦できるHackもはじまっていますが、今のところ発売されているPSPのゲームタイトルはほとんど興味がないし、そもそもソフト持ってませんから対戦の意味もなく。

なお、MP3対応CDプレーヤーは完全に出不精化してしまい、ACアダプタ以外では外付け単3電池でも起動しないという悲しい事態に。なのでPSPは引き続き簡易音楽プレーヤーとしてもつかっていくことになりました。動画が主なのであんまり音楽ファイル入れる余裕がないのが残念ですが。そのうち音楽プレーヤーもちゃんとしたのほしいなぁ。

で、PSPの音楽再生機能向けに、iTunesとPSPのプレイリストを同期できるという「PSP Sync」なるソフトが公開されました。フォルダ1階層のPSPではプレイリストよりフォルダ管理のほうが手っ取りばやいなと思うのと、動画メインの私はそもそも音楽用の容量も少ないので、同期機能よりテキトーに楽曲選んでドラッグ&ドロップが手っ取り早かったりするのでどこまで使いこなせるか微妙ですが、何はともあれひとまずは使ってからまた何か書きたいと思います。トラックバックは何か書いてからね。

2004.12.21

携帯動画変換君最強説

なんかヤンキーみたいなタイトルになってますが。

以前書いた「PSPをマルチメディアプレーヤーとして使おう(動画編)」の続きです。

PSPの動画変換には、とりあえずお金出して買ったし純正だし、ということでImage Converter 2 ver.2.1をつかってたわけですが、どうにも動きが激しい場面ではブロックノイズが生じてしまう。まぁこれがMPEG-4の水準なのかな、と思っていたのですが。

TECHSIDE PSPを読んでみたら衝撃の事実が!!!

詳細はリンク先を見てもらえばわかると思いますが、Image Converterのほうがノイズ多いでやんのorz

物は試しに本日はMobileHackerzで配布されております携帯動画変換君(3GP_Converter)を使って「ミステリー民俗学者八雲樹」を見てみたら、気になるほど大きなブロックノイズはありませんでした……。

携帯動画変換君なら、直接PSPのメモステDuoに放り込むことこそできないけれど、エンコードの設定もiniファイル書き換えるだけなので非常に楽。iniファイルがようわからんという人は、ダウンロードして解凍したファイルの中から「default_setting」フォルダの「Transcoding_PSP_Direct.ini」をテキストエディタで開き、ちょっとだけ変更すればいい[Item]をコピーして一番下に追加すればいいだけ。私の場合、fpsは29.97、エンコードレートは512kbps、音声を128kbpsにしたかったので、一番近い[Item4]の「Title=QVGA/29.97fps/768kbps ステレオ/128kbps」を丸ごとコピって、Itemの数字を一番大きい「9」に変えて一番下に貼り付け、エンコードレートを512に、タイトルもあわせて512に変更しました。変更の仕方はココをご参照。音声はステレオの場合、64+64で128kbpsのようですので、設定の数値上は64のままでいいようですよ。

ちょちょいといじったので更に追加。64kbpsでステレオにしたい場合、当然ながら音声は「32」にすればOK。32+32でステレオ64kbpsになります。また、設定をいじったあとは「Setup.exe」を使って、新しい設定を反映させませう。間違ったときのために、いじる前のiniファイルは別途とっておくといいですよ。

明日はできるだけキレイ+動きが激しい動画を使って、純正ツールと携帯動画変換君の画質を比較してみたいと思います。なんとなくですが、動きの少ない画面なら純正のほうがキレイな気がするんですよね(願望かも)。ちなみにファイルサイズはどちらで作っても同じになりました。そりゃそうか。

というわけで、無理して有料買う必要はまったくないようですと、PSP動画の道に新規参入なご様子のモダシンさんにもお伝えしてみます。

2004.12.19

ハウルの動く城

話題作はきっちり抑えましょうということで見てきました。

魔女の宅急便を境に、「紅の豚」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」とどんどん魅力を失っている(個人的に)ですが、今作ではとうとう「終わったな」と思いました。これ宮崎駿の名前を冠さなかったらそうとう評価さがるんじゃないでしょうか。

まずキャラクターの設定が弱い。ハウルは「弱虫」とのコピーで紹介されてますが、どっこい弱虫なのはホンの1シーンだけで、ほとんどが勇敢な魔法使い。弱虫に見せたかったらもうちょっと描写増やさないと。一人じゃ師匠のとこ行けないのに、「ソフィーがいるから」とかの理由だけでいけちゃうのはおかしいぞ。師匠怖がってる描写もほとんどないし。

ソフィーもソフィーであっというまにハウルに恋しすぎ。あれじゃただかっこいい若者にほれただけにしか見えませんよ。同じ恋物語でいえば、魔女の宅急便はキキがトンボに魅かれ、そして嫉妬し、結局仲直りする様がとてもキッチリ描かれていて、だからなんとも切ない気持ちを見てる側が受け取るのですが、あんなカンタンに「ハウルを愛してます」いわれてもねぇ。

ストーリーも全体的に破綻してる。というか説明がほとんどない上によくわからん展開ばかり。これまた昔の代表作で言えば、ナウシカもラピュタもストーリーそのものは非常に単純で、その上でより深い話が広げられていたように感じますが、今回は理由付けがかなりテキトー。ソフィーが元に戻った意味もわからんし、師匠もあっさり「戦争止めましょう」って、なんか唐突すぎるぞ。

いちばん納得いかなかったのが、ソフィーがすぐに若い頃に戻ってしまうこと。思い出や夢の中ならともかく、後半は呪いが解けてないのに若い姿ばかり。しかも老婆になったばかりはこれでもかとしわくちゃに描写して腰もまがってたのに、後半の老婆姿は腰もシャッキリしていてシワもない。物語の中心であるはずのソフィーの呪いっていったいなんだったのさとひきまくりました。

全体を通じて感じたのは、もう宮崎駿監督も年なんでしょうねということ。きっと監督の頭の中ではすべてのストーリーがつながっているんでしょうが、それを作品の中でしっかり描写することができていない感じがしました。そろそろ宮崎監督の栄光も消えて新世代出てくるべきだと思うのですが、宮崎アニメに頼りきりのコンテンツ市場ではそれも難しいかもしれませんね。

2004.12.18

PSP道は続くよ

今日も今日とてPSPで動画プレーヤーざんまいな訳ですが、ひとつ訂正しなければならないことが発生しました。

PSPで動画みて泣いちゃったよ!!

いやぁお恥ずかしい。感情移入しやすい人は危険かもしれませんよ。来週はラストクリスマス最終回だし、これもあぶないかも……。

そんなこんなのPSPですが、ひとつTIPSをば。Image Converterで転送する場合、転送前のファイル名をメタデータとして埋め込んでくれるようです。ファイル名はPSPで閲覧できるよう自動で「M4V00001.MP4」になりますが、サムネイルや画面情報オンにするともともとのファイル名から拡張子採った部分が表示されます。「デカレンジャー.mpg」だったら、ファイル名は「M4V00001.MP4」だけど画面情報は「デカレンジャー」てことね。動画はそんなにいっぱい入れとくもんじゃないと思うのでそれほど名前分けの必要ないかもしれませんがご参考まで。

しばらくはファイル容量のこと考えて512kbpsで動画エンコードしてましたが、画質試したいので768kbpsにもチャレンジ。しかしこっちだと動画1時間いれるとなにもできないですね。復活予定だったMP3対応CDプレーヤーが、電源から離れると動かないという不具合発生してるので結局PSPを音楽でも使わざるを得ないのでちときびしいところ。

最近PSPのことしか書いてませんが、実際ゲーム機として楽しんでいるのはニンテンドーDSであるのはかわりません。ニンテンドーDSはゲーム機としてわかりやすいのでそれほど書くことないですが、PSPはいじるとこだらけですから。逆にゲーム機としてみるとPSPはかなり不十分ですけどね。

2004.12.17

feed meter

254位キタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

しかもランキング下がってる! 昨日はもっと上だったのか! チェックしておけばよかったよorz

というわけで記念にスクリーンショット。

pworld

PSPwiki

http://psp.holybell.to/index.php?PSPwiki
できたそうです。情報少ないけどまだこれからかな。

本日のPSP

毎日つかっているといろんなこと見えてきますね。今日はラストクリスマスを1時間ほど視聴してみました。前日にえらそうなことかいてますが、やはりデカレンジャーよりは人目を気にしないで見ていられる悲しい自分がいましたorz まだまだ精進せなあかんな。

で、前日には512kbpsで十分と書きましたが、実際に使ってみると動きの早い部分や細かい絵はかなりモアレますね。海のキラキラ光るシーンはやっぱり厳しい。無事にMP3対応CDプレーヤーも復活できそうなので、中に入っている楽曲ファイルを消して動画専門で768kbpsエンコードへ移行しようかと画策中。

で、音楽プレーヤーとしても並行利用していたんですが、なんとも音質がひどい。私は音にそれほどこだわるタイプじゃなくて、「聴ければええやん」タイプの人間なんですが、そんな私でも露骨にわかるほど音がひどい。で、いろいろ試してみたところ、PSPのバリューパック同梱のイヤフォンの質が悪いことが判明しました。普通のCDプレーヤーについていたイヤフォンのほうが音質いいのはまだアリとしても、ニンテンドーDSの「大合奏!バンドブラザーズ」初回版に同梱されているイヤフォンより音がひどいってどういうことさ! あんたAV機器メーカーのグループじゃないのかい! ちょっと悲しい事実を知ってしまった一瞬でしたorz という訳で、PSPで音楽聴くときは家にあるイヤフォンに切り替えることオススメします。

さて、昨日のエントリでありがたくも引き続き裏編集後記さんにコメントいただきましたので、今度はこのコメントからエントリ作ってみたいと思います。

とりあえず前半部分をゴソっと引用。

電車で動画を見るとしたとき、そこで一番怖いのが「面白い場面に遭遇したとき」。思わず吹き出してしまう、その後のまわりの冷たい視線…これがたまらなく怖い。ゲームやケータイは割と無表情で淡々とできる。この差が大きいんじゃないかなと思うわけですよ。

確かにそうですね。電車の中でひとりで大笑いしたらかなり恥ずかしいかも。これはフツーに人として恥ずかしい行為ですね。笑いに限らず、喜怒哀楽がハッキリ出てしまうものはかなり厳しいでしょう。

ただ、それは動画に限らない話だとおもいます。比較対象がゲームやケータイになってますが、これらは比較的喜怒哀楽が出にくいコンテンツでしょう。これを本やマンガと比較したらどうなるか。感情移入して泣いてしまう本もあるでしょうし、思わず大笑いしてしまうギャグマンガもある。私で言えば「リアル」は本気で電車で泣いたし(←マンガじゃん!)、「稲中卓球部」では電車の中で笑いこらえるの大変でした。

では人は電車の中で本やマンガを読まないか、といえば答えはNO。電車の中で読むならそれにふさわしい本を選ぶでしょうね。動画もそれと同じ話で、電車の中で見ることがきまっているなら、それにピッタリの動画を選べばいいと思います。

動画プレーヤーは単なるプラットフォームであって、どんな動画を載せるかは人次第。「笑っちゃうのが怖い」ならそれを使わなければいいだけであって、ごく一部の部分を切り出して全体を見てしまうのは、たとえるならブログというプラットフォームに対して「それって日記でしょ」と切り捨てるのと同義かと思います。もったいないよね、せっかくのいいプラットフォームなのに。

あくまでじぶんで録画したテレビを見るだけに限ったとしても、例えばワールドビジネスサテライトを毎週録画しておいて通勤時に見る、朝のニュースを録画しておいて通勤時に見る。そんな使い方はおそらく喜怒哀楽が外には見えないでしょうが、非常に有益かつ楽しいコンテンツになると思います。

iPodには、RSSとひもづけて音声を配信する「PodCasting」なる仕組みがあります。これとおんなじことを動画ファイルでできたらまた面白いかもしれません。残念ながら今はHTMLやテキストが読めないPSPですが、将来的にインターネットつなぐこと考えたらブラウザ載せるのは必須なので、このあたりもサポートしてほしいですね。

もうひとつ、実は「自分だけ」という環境は喜怒哀楽に影響を与えにくいのでは、という推測もあります。これは自分の話ですが、友達と一緒に見ていたら大爆笑するようなお笑い芸人も、割とひとりで見ていたらそこまで笑わなかったりすること多いです。ひとりぼっちでテレビ見ていて大爆笑する、しかも自分で[笑いたい」という意志なしにこらえきれないほど笑いが誘発されるときって、そうとうクオリティの高さが必要な気がしますね。

さきほど例に挙げたマンガにしても、マンガ雑誌を買うとシリアスマンガだけじゃなくてギャグマンガも入ってますが、よっぽどのことがないと電車の中で笑う人には遭遇しない。それは「ここは笑う場所ではない」という感覚が自然と笑いを止めているんだと思います。コンテンツが面白くなくなるのではなく、単に感情のアウトプットの方法がかわるだけ。

逆に言うと、テレビで見てもさほど笑えないお笑い芸人が、ライブで見るとすごく笑えたりする。それっていうのは「自ら笑いに行っている」という感覚の影響が大きいのでは。あくまで自分の話で恐縮ですが、そういう意味でモバイル動画にとって「笑い」はさほど怖がるものではないのかなと思う所存です。

テレビ電話のコメントにも触れておきますと、

テレビ電話の利用が思われていたより進まない理由の一つに、知らない人たちの前で表情を出すのに抵抗があるんじゃないかなと。(ちょっと違うかな)

どちらかというと「知っている人の前で環境を出す」ことに抵抗があるのかなと思います。最近、とみに若い人は「知らない」人の前では結構傍若無人で、平気で電車で電話できたり、電車の中で化粧できたり(←またそれかよ)。所詮他人なんて自分の人生に影響しない景色のようなもの、みたいな感覚あるのかもしれません。

テレビ電話は自分がどこにいるのか、自分が何をしているのか、それが自分の知っている相手に伝わってしまう。たとえば前述の電車内化粧(そうとう嫌いらしいよ)にしても、会社の知っている人の前ではしないでしょうねきっと。そういう「知っている人に知られる」ことがテレビ電話の敷居かなと感じてます。

という訳でまた勢いのみで書いてみました。現状思うのはまだまだモバイル動画はアーリアダプター層だろうなということ。2年前に「ブログすげー」ってさわいでいるようなもんなのかもしれませんねきっと。

2004.12.16

番組の途中ですが

blog.bulknews.netトラバキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

本日のラッキーさんWikipediaリンク裏編集後記トラバと、なんだかどんどん大人の階段上がって行ってますよ!!!これでfeed meterの☆も増えるかしら。

つうかタイトルが「PSP で動画を見る」だったんで、「おお、あのサイトがついにPSP Hackに動くか!」と期待して開いたら自分だよ! 今後の活動で何かしらのお役に立てれば幸いです。勢いで書いてるからあとでちゃんと文章直そうかな。

Re: モバイルムービーをもう一度考える

裏編集後記キター!

というわけで恥ずかしげもなく通勤電車でデカレンジャーと仮面ライダー剣を連続で見ております。もう動画プレーヤー街道まっしくらでございます。そんな私からもモバイル動画について考えてみたいと思います。

モバイル動画のポイントは私が思うに2つ。それを裏編集後記の中のキーワードから拾うと「動画を携帯して外で見たいというニーズ」「知らない人たちの前で映像を見るのはかなり勇気が必要だ。(不思議とゲームはあまり抵抗がない)」だと思います。

まず動画のニーズですが、これはおそらく高いニーズがあるでしょう。なぜならやっぱりテレビや映画といったコンテンツの面白さは、あくまで現状ではWebブラウザ内のコンテンツではかなわないくらいのクオリティだと思うから。インターネットがだいぶ普及したように見えて、今だ世間の話題はテレビが中心(新聞中心、からは少し変わってるかもしれませんが)。ネットどっぷりの会社ならともかく、一般的な企業であれば話題の中でテレビが占める比率も高いでしょう。コンテンツビジネスにおいて、市場全体ではなくあくまでコンテンツ1作品で高い収益&話題になるのは「いま、会いにゆきます」みたいな映画だったりします。

問題はそのニーズに対して「知らない人の前で映像を見ること」が恥ずかしいという気持ちがあること。たしかに現時点では恥ずかしい部分もあるかもしれませんが、この解決法はその後に続く「ゲームは抵抗がない」が答えを導き出していると思われます。

今でこそ電車の中でフツーにゲームしている女性も多く見かけますが、すくなくともゲームボーイが登場したての頃は、電車内でゲームするのは回りから浮く行為だったのは事実でしょう。それがなぜゲームやっていても違和感がなくなったかといえば、それだけゲーム世代が大人になっていることと、携帯ゲーム機のシェアが高まっている、この2点だと思います。

そもそも行為を純粋に見るなら、ほぼ誰もが家庭で見ているテレビのような動画と、「コドモのもの」との印象もまだぬぐいきれていないゲームでは、他から見た時の違和感はゲームのほうが大きいでしょう。それを感じさせないのは普及率やゲーム世代という、いわば「数の暴力」的なものだと思います。

ゲームボーイシリーズは大変な普及を遂げましたが、それに対してモバイル動画プレーヤーはまだまだ。PSP登場前は、明らかにコストパフォーマンスの悪いモバイル動画プレーヤーしかありませんでした。これがPSPの登場で少しは変化がおきるかもしれません。DVDレコーダ市場でよく言われる「普及率が10%を超えると急激に市場が伸びる」という話は、モバイル動画プレーヤーでも同じことでしょう。今の普及率ではまだまだ「恥ずかしい」かもしれませんが、行為そのものが恥ずかしい訳ではないのですから、機器の普及につれて少しずつモバイル動画ユーザーが増えていけば市場も広がっていくのでは。

で、その一助になりそうと思っているのが今日から始まったボーダフォンの「Vodafone live! BB」。これはパソコンでダウンロードしたコンテンツをメモリカード経由で携帯にうつし、携帯で暗号鍵を購入して再生するというサービスで、コンテンツ次第では携帯で手軽に動画が見られる環境が整うでしょう。韓国ドラマを1話配信したらかなりのニーズになるのではと思います。

携帯はとてもありがたい魔法の箱で、電車の中でゲームなんて、と思ってた人も携帯のゲームならやってたりする。そして意味のない恥ずかしさが少しずつなくなり、電車の中でゲームするという行為に違和感がなくなっていく。動画も携帯で見ることから慣れ始め、そのうちもっと安価で使いやすいプレーヤーが登場したときにのびていくのではと思います。

1つゲームと動画の違いを上げるなら、動画は誰が見ても内容わかりますが、ゲームは「ゲームだね」程度の認識で、知らない人は何やっているかわからないということ。でもそれはやってる本人の意識であって、ハタから見たら電車の中でなにかしらやってることにはかわりないですよね。単に「人と違うこと」が恥ずかしいのか、それとも本当に人として恥ずかしいことなのか、そこは似ているようでまったく違う問題に思います。まぁ電車の中で化粧してるほうがよっぽど本質的に恥ずかしいやね。

あと、ゲームボーイアドバンスSPは、画面がフタ側についているので、「他人から見られない」という意識をもてる点で便利かも。PSPは丸見えですしね。でも私は「現状ではものめずらしい」存在であったとしても、「恥ずかしい」行為とはまったく感じていませんので、これからもバリバリモバイル動画していきたいと思います。もちろん「ものめずらしく」見られることは承知のうえで。

2004.12.15

アルティメット

げっとー。これで今年の散財は終る予定。まぁココログ一周年の自分へのお祝いということでひとつ。

041215_1030001_s.jpg

殿堂入り

なんだかWikipediaからリンクされてましたよ!むぅもぉ.jp、memn0ck.comという大御所サイトとならぶとなんだか不思議。

PSPをマルチメディアプレーヤーとして使おう(動画編)

続いて動画編ですが、正直こっちは書くことがないというか、AV Watchのレビューがすべてですね。一応自分ではこんな感じで使ってますよという一例ということで。

まずは一番大事な動画変換ですが、ソニー純正の「Image Converter ver 2.1」を1,000円で買うか、無料ツール「携帯動画変換君」のどっちかを使います。正直純正でなくてもいいと思いますがおすきなほうをどうぞ。

どっちもデフォルトではエンコードレートや画像サイズが固定されてますが、純正はレジストリをいじれば、携帯動画変換君はiniファイルいじれば変更できます。純正のレジストリいじりはTECHSIDEで非常に丁寧にまとめられているのでここ見ましょう。携帯動画変換君はココ読むといいでしょう。どちらも自己責任であることをお忘れなく。

私の場合、HDD搭載DVDレコーダで動画をDVDに焼き、それをPCでMPEG-2に変換し、さらに今回のツールでMPEG-4化してます。面倒に見えますが割と時間かからないので、家に帰ってメールチェックやサイト巡回している間にMPEG-2まではできちゃいますね。

具体例を紹介。うちのレコーダは東芝の「RD-XS41」で、DVD-RAM対応してますので動画をDVD-RAMに焼きます。ここがRAMなのがミソですがそれはのちほど。今回は30分番組の「特捜戦隊デカレンジャー」を使いました。RD-XS41はHDDからDVD-RAMへ12倍速で書き込めますが、実測で言うと30分番組が7分くらいでしょうか。1時間ドラマなら倍の14分かな。

次にこの動画をMPEG-2にするのですが、ここでパナソニックのDVD-RAM対応ドライブ「LF-M721JD」を使います。このドライブにはDVD-RAMの動画をMPEG-2に変換できる「DVD-MovieAlbumSE」が同梱されていて、このソフトを使ってエンコードしました。ここがDVD-RAMを使った理由ですね。他にも方法あると思いますがすごく使いやすいツールなので。

MPEG-2に変換する前に、いらないCMを削除。といっても細かいのとってたら時間もったいないですから、番組終了後のCMを目分量でカットします。変換作業は時間がかからずめんどくさくないのが一番ですからね。

psp3

DVD-MovieAlbumSE

テキトーに切って25分程度になった番組をMPEG-2に変換すると、4分程度で変換が終了。ここまでのエンコード時間は実質15分もかかってません。1時間ドラマでも30分てとこなので、これならWebサイト巡回中に終われますね。

ちなみにうちのPCスペックは、Pentium 4 1.4GHzのメモリ384MB。最近ではそこまで高いスペックでもないですよねきっと。他のアプリ動かしていると画像乱れるかもしれませんが、そこまで高クオリティ求めてないからいいでしょう。

あとはMPEG-2をMPEG-4にするだけで、ここはもう何時間かかろうと気にしない。寝てる間にやっておけばいいだけですからね。純正ツールも携帯動画変換君もほぼ実時間かかるので、寝る前にエンコード開始してほうっておきましょう。

できあがったファイルは512kbpsで動画を、128kbpsで音声をエンコードして119MB。これが25分ですから、460MBで100分なので、映画もギリギリ入るのでは?正直384でも画質十分だと思うので、長いコンテンツは多少の妥協も必要かも。

というわけで以前に断念してしまったモバイル動画生活に明日から再チャレンジ。やはりPSPはゲームよりAV機器として使うに限りますなぁ。

PSPをマルチメディアプレーヤーとして使おう(音楽編)

512MBのメモリースティックDuoも無事ゲットして、PSPのマルチメディアプレーヤー化を邁進する今日この頃ですが、やはり音楽プレーヤーとしてPSPはかなり微妙です。

まず、電源のオンオフはリモコンではできず本体の操作が必要だということ。オンは良しとしても気軽に電源切れないのはちょっと辛い。また、リモコンの仕様がさらに微妙でして、クリップでかばんや服につけようとすると自然にボタンを押してしまうなんとも素敵なデザインなのです。なのでホールド状態で服につけてからホールド解除せなあかんorz

とは言え、iPodを失った私にとって、PSPはとりあえず代替品としては使えます。なのでいろいろと機能をいじくってみました。

基本的な機能はAV Watchのレビューを見てもらえば一番ですが、こういう製品に疎い初心者の目からみてわからなかった機能などを何点かつらつらと書いてみます。

基本的にPSPの音楽再生機能は、PSP直下のフォルダ「PSP」-「MUSIC」内に任意のフォルダを作り、その中に音楽を入れれば聞けるのですが、気になるのは「m3u形式のプレイリスト」「画像表示機能」の2つ。

まず簡単な画像表示ですが、試すまで仕組みが良くわからなかったので「画像フォルダに画像入れておいて連携させるのかな」と最初は思ってました。ところが実際には、iTunesなんかで画像を埋め込んだら、音楽ファイルのみで画像も表示できるんですね。これって当たり前なのかしら。

ちなみにこの画像埋め込み、Windows Media PlayerでやってみたらiTunesでは表示できるのにPSPでは表示できませんでした。で、iTunesで画像埋め込みやり直したら今度はPSPでも表示されたので、この機能使うときはiTunesが良いと思います。

iTunesで画像をつける場合は、適当にプレイリストを作り(「ファイル」-「新規プレイリスト」とかね)、そこに楽曲をドラッグ&ドロップ。そしたら楽曲を右クリックして「プロパティ」を選ぶと「アートワーク」という項目ありますので、用意しておいた画像を割り当てて上げませう。著作権的には自分で撮影したデジカメ写真とかいいんじゃないのと優等生的発言しておきます。


psp1


itunesのアートワーク機能

次にm3uのプレイリスト。これもよくわからなかったのですが、拡張子が「m3u」となっているMP3のようなファイルのことでした。


psp2


こんな感じ

で、先に結論ですが、正直言ってPSPでは役に立ちません。いろいろ試してみたんですが、大前提としてPSPの楽曲ファイルは一階層までしか使えません。「アーティスト」-「アルバム」という二階層にできないので、フォルダ作るには「アーティストのアルバム」1つのフォルダにまとめなきゃいけない。

で、プレイリストはそのフォルダ内でしか動作しないので、使うとしたら「1つのフォルダ内の任意の曲だけ任意の回数聞く」くらいしか使えない。フォルダをまたがって「このアーティストとこのアーティストだけ引っ張り出す」ってことできないのです。

ならば音楽フォルダを1つだけにしてすべての音楽を同じフォルダにいれて、プレイリストで楽曲管理しようと思ったんですがこれもダメ。1つのフォルダにつきプレイリストは1個しか認識しないようです。フォルダと並列に並べると今度はプレイリストが認識されない。素直にフォルダでアルバムを分けて管理したほうがいいですね。

それでもいいから使いたいって人向けに簡単な作り方を説明しておきます。手軽なのはWindows Media Player(WMP)ですね。iTunesと同様WMPに楽曲フォルダをドラッグ&ドロップ、あとは「ファイル」-「プレイビューリストに名前をつけて保存」を選び、ファイルの種類を「m3u」にするだけ。

できあがったプレイリストをテキストエディタで開いてみるとこんな感じになってます。

#EXTM3U
#EXTINF:0,New Stories (Highway Blues).wma
..\..\All Users.WINDOWS\Documents\My Music\Sample Music\New Stories (Highway Blues).wma

#EXTINF:0,Beethoven's Symphony No. 9 (Scherzo).wma
..\..\All Users.WINDOWS\Documents\My Music\Sample Music\Beethoven's Symphony No. 9 (Scherzo).wma

これはXPの中のサンプルミュージックから作ってみました。m3uの中身はかなりシンプルで、慣れたら手打ちできそうですね。楽曲は2つで、最初の「#EXTM3U」でm3uファイルを宣言しているのかな。楽曲の下段はファイル構造も出てますが、PSPでは一階層のためフォルダ構造を気にせず一番最後のファイル名だけを見るので気にしなくてOK。同じ名前の楽曲ファイルであればPCのどこにあってもPSPのプレイリスト作れます。あとはその楽曲があるPSPのフォルダ内にm3uファイルをコピーしてあげましょう。

画像表示はあるとちょっと便利かもですが、気にするほどのネタではないかも。次はおそらくメインの利用方法であります動画プレーヤーについて書いてみますよ。

ココログ一周年

おかげさまで12月15日を持ちまして当ブログも一周年を迎えました。最初は安住の地となるかどうか多少不安ではありましたが、いろいろ問題はありながらもなんとか1年間続けられました。皆々様に感謝する次第です。

初めてのブログはMyProileで、会社の同僚が使っているのを見て真似したのがきっかけ。確か秋ぐらいの話ですかねぇ。当時は容量がテキスト1MBというなんとも寂しい仕様で、あっという間に容量が埋まりそうだったのと、AirH"PHONEの画像送信に対応していない(メールで連絡しても回答がへんてこりん)のでやむなくNTTデータのDoblogに移行。しかしトラックバックがDoblog同士でしか打てなかった(記憶あいまいなので違うかも)とか、なんとなくDoblogだけの閉鎖された機能だったのでここもあきらめ、次は無料のSeesaaへ移りました。

Seesaaは割と居心地よかったんですが、ちょうどそのころ「ニフティがブログやるらしい」との話題が流れ始め、学生時代からニフティユーザーだった私はやたら気になってました。ふたを開ければ有料接続会員のみだったため、すでに@niftyをメールのみの250円プランに移行して回線を自由に切り替えるというマニアック生活していた自分にはなんとも残念だったんですが、すぐに250円プランもココログ対応してくたので、めでたくココログを開始できたのでした。

1年でブログ業界もほんとに変わりましたね。まだ一般に普及とまでは行きませんが、知名度の上がり方は非常に上り調子だし、ブログ周りのサービスも面白くなってきました。そろそろ来年あたりは、ブログを「日記」ではない新たなカテゴリとして訴求していけるようになるといいですね。「ブログって何?」が「インターネットって何?」って聞くくらい一般に溶け込むといいなぁ。それは相当先の話だと思いますが。

ほんとはココログ一周年キャンペーンにあわせて書こうかと思ってましたが、賞品が微妙だったのでやめときました。それよりデイリーポータルZの粘土当たらないかなぁ。

2004.12.13

DSとPSP

041213_2313001_s.jpgしかしすげぇ画像の汚さだな。

直前まで悩んでたPSPですが、会社の人がプレ予約を譲ってくれるとのことで思い切って購入してみました。当日は会社の人の住む駅まで取りに行ったのですが、せっかくだから朝の行列も見てきました。秋葉原と新宿見てきましたがもうすさまじい人・人・人。ディズニーランドでもここまでならばねぇという行列を実際に見るとなかなか感動モノです。ソフトが売り切れやしないか心配してたのですがまったくの杞憂でしたね。ただ、ハードを買う人の列が2時間立っても消化されないために、ほんとの開店時間までマンガ喫茶で粘ったり無駄な時間すごしてみましたが。

実際にプレイしてみましたが、ニンテンドーDSもPSPも、一番大事なのは「何がしたいのか」ということ。ゲームとしてみるならやりたいソフトがあるかどうかが重要なので、自分がみんゴルやりたいのかバンブラやりたいのかはきちんと考えたほうがいいでしょうね。

それは当然のこととしてハードの違いですが、さすがにPSPは液晶キレイすぎ。PSPやってからDSやるとやっぱりショボくみえちゃいますね。それはしょうがないですが。

でもハードの作りこみはやはりDSが何枚も上。DSはタッチパネルの傷が不安でしたが、どっこい買ってみると下手無なフィルターよりよっぽど傷が付かない。対するPSPは、大きな傷ではないですが擦れた後が簡単に残ってしまいます。最初はちょろっと触ったら売り飛ばそうとおもったけど、この扱い方で傷が付くとはおもわなんだ。

ゲームの立ち上がりも問題で、PSPが重いのはもうあきらめですが(ほんとはハードとしてどうかとおもうが、それはもうPS2もひっくるめた問題なので)、ゲームスロットにUMDが入っていると自動でゲームが立ち上がるアホ仕様はなんとかしてほしい。ゲームいれっぱでもメモリースティックDuoの音楽や動画を見たいときもあるでしょうに、ていうかそのためのマルチメディアプレーヤー機能じゃないのか? しょうがないから動画使うときはスロットを空けてカセットささったままの状態で電源入れてますが、この点はネットワークアップデートで修正をのぞみたいところです。ニンテンドーDSはゲーム自動起動も選択起動も設定で変えられますよ。

アナログコントローラのレベルの低さはPS2から考えてまったく期待してませんので、ある意味期待通り!? ボタンはちょっとヤワですね、連打系だとすぐダメになるかも。あとはゲームプレイ中の音量調整が画面に表示されないので、今どのくらいの音量なのかわからないのはちょっとやだ。というかだいぶやだ。

ゲームはリッジレーサーズとみんゴルやりました。どっちも面白いけど携帯でやるものかなぁ。特にみんゴルは18ホールありますから結構大変かも。そのかわり育成機能ついてるからいろんなとこで育てられるかな。あと、対戦はそれぞれソフト持ってる必要があるのは、DSになれちゃうとやや寂しいところ。

とさんざんにPSP否定してますが、そもそもゲーム機を作るメーカーとしてSCEIはかなりダメダメですからこんなもんでしょう。しかしAV機器としてのソニーグループはやっぱりすごい。動画プレーヤーとしての機能はもう充実ですね。レジュームこそないものの、早送りも3段階だし画面切り替えもすばやいし動画も滑らか。こりゃ512MBのメモリースティックDuo買うしかないでしょもう。

音楽プレーヤーとしては微妙ですね。いまのところ最大512MBのメモリースティックDuoではiPodとは比べ物にならないし、それなら1万円で買える512MBのMP3プレーヤー買ったほうがいいのでは。やっぱりPSPをフルにいかせるのは動画プレーヤーとしての役割でしょう。フォトストレージもアリっぽいけどね。ちなみに動画の作り方はココが充実しとります。

本日公開のPSP用動画変換ソフト「Image Converter 2」をダウンロードしようとおもったら、混んでて変えないorz。まぁ手元にメモリースティックDuoがないからのんびり待ちますかね。

しかしPSPの行列はほんとにすごい。というよりひどいというべきでしょうね。PSP以上の台数を出荷しているニンテンドーDSはキッチリ予約できたからほんとに物好きな人以外行列しなかった。私も朝イチでいきましたがほんとあっけない行列で、発売日以降も普通に変えてました。それは人気ないわけじゃなくて、流通体制がしっかりしてるからですよね。元にニンテンドーDSは出荷台数を上方修正しているわけですし。

それに対してPSPはいただけませんな。台数が見込めないからほとんどの店舗は予約をうけつけられず、結果としてあんな前近代的な行列を作り出すことに。生産数見込めないとか言う言い訳はあるでしょうけど、メーカーとしてはお粗末な体制ですよね。もちろん行列を意図的に作り出して人気アピールという作戦もひょっとしたらあるのかもしれませんが。とりあえずあの行列を見て、景気が回復しているとかコメントしちゃうのはどうかとおもうよ。

2004.12.11

今日のお買い物

久々にのんびり休日を過ごした気がします。お給料もらってからもお買い物いくひまがなかったので、前から欲しかったものを一通りそろえてみることに。

まずは前々から欲しかったUSB 2.0のPCIボード。「そんな安いもの」と言われるかもしれませんが、きっかけないとなかなか買えないのよね。むしろいままでよくUSB 1.1で持ちこたえたなぁ。

PCIボードはどれでも良かったんですが、比較した中で一番安かったバッファローに。といってもほんの200円差ですけどね。ヨドバシカメラで1,480円なり。

BUFFALO IFC-USB2P4
BUFFALO IFC-USB2P4
posted with amazlet at 04.12.11
バッファロー (2002/12/31)
売り上げランキング: 526
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 コストパフォーマンス最高!


続いて同じくネットワーク製品を。家にあるノートPC用のLANカードです。友達が「液晶がぶっこわれてもう使えない」というのを引き取って「サーバーにでもしようかな」と思って放置してたらいつのまにか液晶がもとにもどっていたという、単に電源入れっぱなしなのがわるかっただけじゃないのというのはココだけの秘密で、普通にPCとして使い続ける予定。

で、今まではむかーしに買った10BASE-TのLANカード(まだADSLが1.5Mbpsだったころに購入)使ってたんですが、このカードがどうも壊れたらしいので新しいのを購入。なんだかんだとADSLもスピード上がったので、10BASE-Tじゃ辛いしね。

で、買ったのがまたしてもバッファロー。いや、回し者じゃないですよ。単に「出っ張りの体積が一番すくなそうなの」で選んだらこれだっただけで。ほんとはUSB 2.0のPCIがバッファローだからこっちはアイ・オーにすっか、とか考えてたんですが、アイ・オーのはでっぱりでかすぎましたorz

BUFFALO LPC-CB-CLX
BUFFALO LPC-CB-CLX
posted with amazlet at 04.12.11
バッファロー (2003/07/31)
売り上げランキング: 617
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 とても楽です。

しかし家のノートPCにはこっちではなく、仕事用で持ち歩いているノートPCで使っていたスゴイカードを接続、今回買ったのを仕事用にまわしました。

スゴイカードというのはシステムトークスのブランドで、2つ以上の機能を持っている製品シリーズ。私のは「SGC-X3UFL」で、USB 2.0、IEEE 1394、LANポートの3つが一緒になったPCカードです。

SGC-X3UFL スゴイカード
SGC-X3UFL スゴイカード
posted with amazlet at 04.12.11
システムトークス (2003/09/30)
売り上げランキング: 2,838
入荷までに時間がかかります。いま注文すれば商品が入荷しだい発送されます。

これ、うまく使えれば古いPCも生きかえるすばらしい製品なんですが、なぜか私のノートPCとは相性が悪くて、USB 2.0ポートが動作しない。IEEE 1394は使えるけどあまり使う場面がないので、だったら家のPCに使おう、と思って交換しました。幸いにして家のPCでは無事にUSBポートも認識。出っ張りがでかいのでモバイルにはきついかもですが、家の据え置き型PCなら有力な選択肢かもしれませんよ。細かい話はコッチも読むといいです。

そして今度は音楽プレーヤー売り場へ。なぜなら会社の人に借りていたiPodがなぜか動作しなくなってしまったからorz。落としたりとかしてないのに、ある日突然動かなくなってしまいました……。お借りした方には謝りましたが、とりあえず今度おごりますよと改めて宣言。

で、やっぱ自分の金で買わないとね、と思ったんですが、どれも帯に短したすきに長しで、これというのがない。もうちょっと待ったほうがいい製品でるかなぁとおもって断腸の思いであきらめました。

でも、移動中に音楽無いのは辛すぎるので、昔使っていたMP3対応CDプレーヤーを復活させることに。

前に使っていたのは松下の製品ですが、残念ながらリモコンだけ壊れているのでリモコン買おうかなと店員さんに聞いてみる。松下ってどれもリモコン同じ形に見えて微妙に違うらしく、製品がどれかわからないとリモコン取り寄せられないんですって。

で、私の持ってるのはコレ。

Panasonic SL-CT700-W ポータブルCDプレーヤー (ホワイト)
松下電器産業 (2002/10/01)
売り上げランキング: 6,763
在庫切れ
おすすめ度の平均: 4
4 問題なし

やっぱネットに備忘録を残しとくと絶対便利ですよね。という訳で今日の買い物を列挙してみたのでした。

今度はニンテンドーDSのソフト「大合奏! バンドブラザーズ」を探しに行きましたが、残念ながら売り切れてました。すでにDSのソフトは「きみのためなら死ねる」「直感ヒトフデ」持ってますが、バンドブラザーズ略してバンブラはソフト1本あれば他の人と対戦!? できるので、やっぱりDS布教部隊としてはもっとかなあかんな、という考えから、前日に「新宿で売ってた」という会社の人の情報を新宿まで買いに行ってみました。

その結果が前エントリな訳ですが、イヤフォン同梱の初回限定版が手に入りました。あんまりいらないんだけどね、イヤフォンは。

大合奏! バンドブラザーズ
任天堂 (2004/12/02)
売り上げランキング: 32
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.25
3 バンドブラザーズ
4 ゲームの難しさ。
5 大合奏!


最後は生活改善の意味をこめて低反発まくらを買いました。これ、かなり寝心地がいいらしいので。値段も3,000円で収まるのでお手ごろですしね。

ぶじ

041211_1651001_s.jpgバンブラげっと。

嵐の前

041211_1642001_s.jpg静かかと思いきや大賑わいのヨドバシカメラ。明日のPSP発売時にはどうなるんでしょうね。

PSP実機コーナーも大人気です。

なぜ並んでいるかはまたのちほど。

2004.12.10

くれ!

と書くように指示ありましたのでさっそく。

ココログデザインリリース当日、最初は15時、次は17時、最後には20時オープンまで待たされながらも「マイニフティがデイリーポータルZがあるんだから、きっとココログデザインもあるはず!」と信じていたら報われた訳ですよ! そして即効デザインチェンジな訳ですよ! そんな私なのでください。デザインチェンジもかなりの早さでZくんに変えてるのでください。きっとトラックバックも一番なのでください。外れても第2弾、第3弾と使い続けるのでください。

でもまぁ抽選ですからね、とりあえず応募しなければ確実なゼロだ!(岩明均風)ということで。

2004.12.09

リキトム

今週からティーヌンで発売のリキトムを食らってきました。

リキトムとはトムヤムラーメン、つまりはトムヤムクンとラーメンのコラボレーションの派生商品でありまして、お餅がはいっていることから力うどんの「リキ」を名づけていると思われ。さらにスライスチーズも一枚乗っております。

味はチーズのおかげでこってりしますが、トムヤムの酸味が中和されてマイルドになるので、初心者は食べやすくていいかも。でも写真くらいパクチー大盛りにしちゃうトムヤムジャンキーにはほぼ同額で食べられるデラトムも気になるのでした。

rikitom

Zくんテンプレート

キター!!!!
しかも無料! そして例の粘土細工

クリスマスモードから一転、Zモードで攻めますよ!!!

ドラクエ8が気になる

上下2画面、そしてタッチパネル。
ニンテンドーDSは「慣れが必要」
(ポップコラム)

タイトルがニンテンドーDSな割にいきなりドラクエ8の話からはじまっちゃうおもしろコラムですが、きになったのはまさにドラクエの描写。

正直『ドラゴンクエスト7』は途中で放棄してしまった私だが、すごいね『ドラゴンクエスト8』は。堀井雄二の頭の中にはああいう世界があったんだなあ。昔のファミ通でやってそうな「未来のドラクエはこうなる!」みたいなのが、もうそのまんま出来ちゃったという感じ。フューチャー・イズ・ナウである。

私もドラクエは7で投げてしまい(シリーズ通して初めて)、その印象が強かったからなんとか8をパスできたんですが、こういわれると気になるよね。今日仕事でお会いした人も「ドラクエは6、7と途中で止めた」といってたので、この人が8にハマるかを持って判断してみたいとおもいます(今日からはじめるらしいよ)。

なお、本題のDSですが、タッチパネルのありがたみが薄いのはそのソフト群だからという気がしますよ。ワリオもマリオもバンブラもタッチパネルがメインではないですからね。タッチパネルの親和性はやはり直感ヒトフデ最強だと思います。

1週間ほどDSを使っていて思うのは、DSのメリットは「2画面」「無線」「タッチパネル」であって、バンブラは2画面やタッチパネルよりも[無線通信」をメインにすえているということ。マリオは無理矢理出した感があるから論外ですが、コラムにもあるとおりタッチパネルや二画面を無理に盛り込む必要はなくて、逆に無線通信だけに注力したソフトもきっとありですよ。

ちなみにこのコラム、私のような世代のひとにはムチャムチャツボ。結構偏った視点ではありますが、この視点が同じファミコン世代だとかなりシンクロできるのね。フツーのゲームコラムだったら「ダブルドラゴン」なんてもってきませんって。もう懐かしくて涙ちょちょぎれますよ。毎回毎回ゲームコラムを楽しみにしております。トラバできないのが残念。

電車男がマンガ化

http://www.akitashoten.co.jp/CGI/autoup/syousaiput.cgi?id=01336

いやもうおなかいっぱいなんですけど。
まぁあのBBSベタ張りかよという小説とちがって、マンガだからそれなりに編集されるのかな。

ちなみに電車男はネット慣れしてない人だと本でも面白いみたいね。2ちゃんねるとか当たり前に見てる人だとおもしろくないとか。この境界線って電子書籍の今後を占う意味でかなり重要な気がしますが気だけかもしれません。

2004.12.07

窓の杜大賞

今年の窓の杜大賞ノミネートが発表されました。

2004年 窓の杜大賞 ノミネートソフト一覧

毎年この発表は楽しみにしています。フリーソフトって数が多すぎて何がいいのかわからないんですが、少なくとも年間ノミネートされるソフトはそれなりに支持を受けている訳ですから。私がSleipnir使い始めたのも窓の杜大賞がきっかけですしね。

しかし今年は運が悪いですな。Firefoxがノミネートされている時点でもう1位はぶっちぎりで確定な気がしますよ。私はインストールこそすれ実際にはほとんど使ってないですが、話題性とマニア受けの良さからしてもほぼ確定じゃないでしょうか。

ノミネートされた中で使っているのは「Adobe Reader SpeedUp」「Headline-Deskbar」「POPfile」「iTunes for Windows」「ほぼテキストブラウザ」ですかね。Adobe Reader SpeedUpは、Reader使いは必ず入れなさいというほどオススメ。あの重いPDFがウソのように軽くなりますよ。ただ、PDFの編集も使う人は1回1回設定元に戻す必要アリですが、うちの会社は1ヶ月に1回しかPDF使いきっかけないですし、ボタン1つで元に戻せるので愛用しております。

Headline-Deskbarは、どっちかというとHeadline-Readerがノミネートしてほしかったところですが、リリース時期が違うのかな? いまやFTP同期機能のおかげで手放せなくなったHeadline-Readerなだけに、こっちがノミネートされたら投票間違いなしだったんですが。

POPfileも迷惑メール対策が必要なうちの仕事では必須ですが、これって今年なんでしたっけ。もっと昔から使っている印象ですよ。それだけなじんでいるのかな。ただ、POPfileはどうしてもメーラー動作も遅くなってしまうのが難点で、最近乗り換えた鶴亀メールと併用するとシャレにならんくらい激遅になるのが困り物です。Becky!は会社指定のウイルス対策ソフトと相性悪いからさらに不便だし。

iTunesはiPod使っているから使っているというだけで、ソフト自体にあまり魅力はないですな。WMPよりよっぽど軽いのはいいですが、どうもファイルの作り方が好きじゃなくて、なんかアップルの提唱する使い方にしたがって使いなさい、みたいな感じで、好きに使いづらいんですよね。

ほぼテキストブラウザは、会社で見るにはビミョーにはばかられるサイトを見るのにときどきつかってます。あとは動作がちゃんとブラウザしてるのも面白い。

他にもたくさんのソフトがノミネートされているので、時間あるときに1つずつ見て行こうと思います。これもまたささやかな楽しみですな。

クリスマス仕様

ココログのテンプレートもぜんぜん拡充されず、デザイン変えるのも飽きたのでしばらくは同じ色にしてましたが、せっかくの12月ですから今月はクリスマスにしてみましたよ。

2004.12.06

メイド イン 喫茶

041203_2255001_s.jpgいろんな意味でキター。

という訳でうわさのメイド喫茶に出陣ですよ。といってもそこまで凝ったお店じゃなくて、内装は文化祭レベルであとは女の子がコスプレしているレベルで、噂の「お帰りなさい」も聞けませんでしたorz でもまぁすべてがそういうお店ではないでしょうしね。

そうはいいつつも初のメイド喫茶にどきどきしたり、店員さんとお客さんのやり取りみてたりするだけでも十分楽しめました。本気のメイド喫茶はまた今度の宿題ですかね。

店内の写真撮影はいろいろゴタゴタがあったようで全面的に禁止。こういうメイド喫茶って、そばにありながらも手を触れない、みたいな暗黙の了解を守るところが粋なのかなぁとおもってたんですが、そういうルールを守らない人もいるみたいね。何かしらの結果を求めがちな風俗よりも、よっぽど男気があって侍魂なイメージもあったわけですが。

女の子は3人ほど見ましたが、1人はそのまま他の業界でも指名No.1とれるんじゃないかというレベルの高さでちょっとびっくり。しかしなんというか、立ち振る舞いはなるほどメイド喫茶ならではよねぇと感じる部分もありましたが。

とりあえず初のメイド喫茶はクリアしましたので、次の目標はコスプレ居酒屋で本気飲みですかね。

2004.12.05

銀の三連星

041204_1547001_s.jpgてな訳で某ファミレスにてニンテンドーDSを持ち寄り、店員や子供の視線も気にせずに通信プレイをむさぼり楽しんでみましたよ。

会社でも人気だったピクトチャット絵しりとりはここでも好評。ただしウインドウの狭さは難点ですね。下のテキスト画面のウインドウを表示オフにできればもっとのびのびと絵が描けるんですが。そのあたりアップグレード対応してくれるといいなぁ。キーボード画面からの文字入力はあまり使わない気がしますよ。あとはせっかくの楽しい絵しりとりなので、ログを保存してPCとかでも表示できたら楽しいなと思いました。

次には大合奏! バンドブラザーズをプレイ。リズムゲーは結構好きなので興味はあったんですが、多人数プレイが難しそうかなぁと思って見送ってました。が、これってソフト1本あればほとんどの曲をセッションできるのね。ファミコンやらゼルダやらマリオやら、聞いた瞬間にキュンと胸がうずくような名曲をみんなでセッションするとこれが楽しいの何のって。ただ、人数足りない場合はCPUが勝手に音をならしちゃうんで、純粋なセッションが楽しめません。多少音がヘボくなるのを覚悟で、あくまで参加者だけで奏でた音を聞いてみたいと思いました。うう、お金あったらこれ追加して欲しいかも。

大合奏! バンドブラザーズ
任天堂 (2004/12/02)
売り上げランキング: 15
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.25
3 バンドブラザーズ
4 ゲームの難しさ。
5 大合奏!

お次に私ご推薦の直感ヒトフデを無線でダウンロード配信。他のDSにはチュートリアルモードと、詰め将棋モード的なトライアル10面までが配信できます。トライアルはもうみんな熱中していてやはりこれは良ゲーだなと実感。そしてある程度ルールを把握してもらった後で落ちゲーモードに挑戦してもらうと、さらに盛り上がる訳で、追加購入のお約束を1件いただきましたとさ。

その場では発売したばかりの「研修医 天堂独太」も貸して頂くことに。「2日でクリアしてしまった」とのことで、「終わったら売り払うからとっととクリアするように」とのプレッシャーをうけながらただいま1面クリアしたところ。しかしこのゲーム、予想以上に逆転裁判パクリすぎですよ。カルテシステムもセリフ画面のデザインもキャラクターの展開も何から何まで! こりゃもうファイアーエムブレムとティアリングサーガどころの話じゃない気がするんですが、カプコンは何らかの形でこのゲームに参加しているんでしょうか。

ストーリーはヒロインキャラの激しすぎるブリっ娘ぶりに軽い殺意を覚えますが、それ以外は特に問題なく、割と興味もって進められます。問題は手術でしょうね。いろいろなサイトでも指摘されてますが、手術の判定がシビアすぎ。そもそも腹部を開く時って、現実の手術でもあそこまでキッチリやってないと思うんですが。開腹した部分に対象の臓器あればいいんでないの? 長さまで指定とかってどうなのよ。

ただ、ほぼすべての場面でセーブOKなので、手術自体は挑戦しまくればなんとか乗り越えられそうな予感。しかしスパイクのゲーム紹介ページ
最初の手術のヒント(というより答え)があるのはちょっと笑えました。

タッチパネルと手術ゲーというのは面白い組み合わせだと思いますが、ちょっと今回は消化不良というより手術面のゲーム性が低すぎるかな。同ジャンルの「カドゥケウス」に期待してみたいと思います。

研修医 天堂 独太
研修医 天堂 独太
posted with amazlet at 04.12.05
スパイク (2004/12/02)
売り上げランキング: 77
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 タッチスクリーン
2 難しい。
5 ニンテンドーDSならでは!

マリオ64 DSは数分ほどプレイさせてもらえましたが、案の定というか、タッチペン操作に違和感感じまくり。フィールドならともかく、ステージの一本橋とかをタッチペンでクリアするのは至難の業では? 結局十字キー操作になる気がしますよ。十字キー操作は悪くないし、二画面な部分だけを生かすのも良いことだと思いますが、それなら二画面に絞った新しいソフトがよかった。新ハードの同発でマリオシリーズのリメイクなんて今回が初ですよねきっと。なんか無理矢理マリオの名前付けたソフトが出したかった感がアリアリと感じられます。

ミニゲームの対戦は楽しそうですが、それってマリオパーティな訳でマリオではない。そういうオプションがウリになるんなら、そもそもマリオじゃなくていい訳ですから。無理にマリオださずに、ミニゲーム集めてマリオパーティで良かったんじゃないかなぁ。

最初こそ同発たくさんで喜んでましたが、今考えると同発多すぎで内容がしょぼすぎる。任天堂3、ライセンシー2の合計5本くらいでよかったのでは?ポケモンダッシュなんて明らかに子供がターゲットなんだから、クリスマス直前にあれば十分なタイトルだと思いますし、逆に直感ヒトフデなんて相当の良作なのに、ソフトの多さに埋もれてしまって目立たなすぎている。今後口コミで評判たかまることを期待してますよ。

2004.12.03

DS所感

終電ちょい前帰宅かつ朝から並んじゃったので激眠い上に明日は早朝からお仕事なのですが、まぁこれについては当日に思い残しとかんとね。

きっちり予約していたにも関わらず、地元で早朝販売やるというので朝から並んでしまう。もちろん予約の効力などなく並んだ順。しかも並んでいる奴ぁ、みんな予約なんてしてないのさ。そう、予約なんてするだけ無駄だったんですよ。心の安心てとこですかね。

ほんとは「きみ死ね」1本で行く予定が、よく考えたらポイント還元でソフト1本買えちゃうよという悪魔のささやきに魅了され、ついつい直感ヒトフデもゲット。FFI・IIもIIのほうがおわっていないというのにどうしたもんでしょうね。

DS本体はやはり大きく重いですが、2画面なことを考えればそれほど気にならないかも。スタイラスは短さがネックなものの触った感触は良好です。割と感動したのが電源ボタンで、十字キーの上にあるから間違って押しちゃうかも、なんて思ってたんですが、押しただけじゃ電源切れないのね。ちゃんと電源切ろうと思って押し込まないと効き目が無い。この力のバランスがなんとも絶妙。長押しじゃなくて、「電源切るならこれくらいだよね」っていう力加減にピッタリフィットしたボタンの感度なのですよ。

電源を入れると、ピクトチャット、ソフトダウンロード、DS、GBAいずれかを選べる仕様ですが、1回1回終了すると電源が切れるのがちょっと面倒。でも無線通信しているからセッションをリセットしないとよけいぐちゃぐちゃになるのかなぁ。電源立ち上げは割と早いので、まぁ我慢はできそうです。

ニンテンドーDS
ニンテンドーDS
posted with amazlet at 04.12.03
任天堂 (2004/12/02)
売り上げランキング: 1
在庫切れ
おすすめ度の平均: 4.21
4 実際にDSに触れて・・・
3 期待と不安
5 すごいです。


ソフトはまずきみ死ねから。基本はワリオと同じミニゲームですが、個人的にはこっちのほうが好み。ワリオはすべてのゲームが数秒なので、ゲームを楽しむと言うより反射神経を楽しむ感じ。松っちゃんの「ひとりごっつ」が連続攻撃してくるというか、人間の反応のよさにかかってますね。それにたいしてきみ死ねはゲームそのものを楽しめる。どっちもそれぞれの魅力あるんですが、私はゲームそのものを楽しめるきみ死ねにひかれました。サードパーティーではありますが、噂通りメインに買っていいソフトかと。

きみのためなら死ねる
セガ (2004/12/02)
売り上げランキング: 6
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.33
5 実際体験しての感想
5 こいつはイカス!
4 きみのためなら買える!


意外だったのが直感ヒトフデで、今はこっちにハマってます。詰め将棋みたいなモードもありますが、基本は落ちゲーなんですよね。テトリスの上級モードだと、最初から隙間がいっぱいあるブロックを消していきますよね。あの隙間をタッチペンの一筆書きで消していく感覚。もちろん一筆書きがある程度しやすいようにブロックは隙間が並んでいるし、ブロックごとではなく数段ごと降りてくる違いはありますが、テトリス系とおもったほうがイメージしやすいかな。

しかし秀逸なのが、白と黒のどっちを消してもいいというオセロ方式。これがゲームに深みを与えている。最初のうちはどうしても片方の色にばかり注目してしまいますが、ハっと意識を変えるとすごい連鎖が待ってたりする。この発想の楽しさはゼルダの謎解きにちろっと似ている気がしますと言うのはほめすぎですかね。

時間を気にしなくていい前述のような詰め将棋的モードもあるし、段差がつみあがりすぎても終わらない練習モードもあって、シンプルながら奥が深い。きみ死ねはきびしいこといえばボタン操作でも代用できますが、直感ヒトフデはタッチペンならではというか、むしろタッチペンと見事に一体化している感じ。このゲームを考えた人に拍手喝さいですよ。

おしむらくはソフト1本で対戦できないことかな。体験版を友だちに無線でおくることはできるんだけど。腕を磨いて対戦したいもんです。

直感ヒトフデ
直感ヒトフデ
posted with amazlet at 04.12.03
任天堂 (2004/12/02)
売り上げランキング: 14
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
3 タッチペンの魅力
5 Simple is best ! 期待大
4 タッチペンありきのゲーム

2004.12.02

N!D!S!

ゲットですよ041202_0746001.jpg

決戦当日

というわけでニンテンドーDSに乾杯 ほんとははよ寝なあかんのに041202_0042001_s.jpg

2004.12.01

最近

仕事が忙しくてろくにブログも更新できんとですよ。

まぁニンテンドーDSゲットしたら少しは何か変化おきるかもしれませんがと言い訳しておく。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ