« PSPあれこれ追加 | トップページ | 梅の花開く »

2005.01.10

Headline-Reader最強説【追記】

どうでもいいですが、タイトルが大文字で表示されるのはなぜ? ちゃんと大文字小文字いりまぜて入力しているというのに。

携帯動画変換君最強説」というエントリで、キーワード「携帯動画変換君」のGoogle検索では本家、おしえてgooに続いて3位、Yahoo!では本家に続いて2位という高SEO効果をたたき出せたため、調子にのって同じタイトルで攻めることに。

パラボナミニ」(現在開発中止)のティッカー型から「RSSGate」のブラウザツール型を経て、Webベース型の「Bloglines」最強! といきまいていた私ですが、最近ではメーラー型の「Headline-Reader」をこよなく愛しております。その最新バージョンの正式版がめでたくリリースされましたので、このあたりで一筆書いておこうかと。

FTPサーバー上で受信設定ファイルを同期できるRSSリーダー「Headline-Reader」(窓の杜)

私のRSSリーダーへのこだわりは、以前も書いたとおり「ブラウザとの親和性が高い」こと。そういう意味でメーラー型は避けていたのですが、この正式版1.20のベータ版からちょっと状況が変わってきました。

ベータ版で追加されていたのは「ジェスチャー機能」。Sleipnirなどでついているマウス操作で機能を実行できるこの機能は、一度使ったらもうやみつき間違いなしの機能なのですが、これがベータ版で追加されてました。

すると今度は、Headline-Readerをブラウザとして使っちゃえるんですね。Headline-Readerにはブラウザ画面だけを全体に表示する「ブラウザモード」があるんですが、これがジェスチャーで非常に生きてくる。初期設定ではマウスの右ボタンを押しながら「←↑」と動かせば、RSSリーダー画面とブラウザ画面を交互に表示できる。ティッカーのRSSをブラウザで表示させて、Alt+タブで移動するより簡単にブラウザへ移行できるのです。細かいところでは「→↓」で開いているページのタイトルとURLを自動コピーするのも便利。


hl01



ブラウザモードへジェスチャーで移動(伝わりにくいかな……)


タブブラウザとしてもかなりよくできていて、RSSから普通のサイトを開き、またRSSの項目に戻ると新たに概要ページでタブを1つ開く。言葉で説明しても伝わらないかもしれませんが、見たいサイトをガンガン開いていくタイプには非常に気持ちいい動作をしてくれますよ。つうかこのあたりの仕様も大きく変わっていると思うのですが、窓の杜ではそのあたり全然書かれていないのが不思議。ジェスチャーはヘビーユーザーほど必須機能なので、ジェスチャーの「ジェ」の字も書いてないのはもったいないかな。

hl02


サイト開いた後に概要も新タブ追加(これまたわかりにくい……

そしてもう1つの目玉が「FTPSync」機能で、これは別々のPCでも既読と未読を同期できる機能。個人ホームページを1つ無料で開設して、そこにフォルダ用意すればいいだけなので、RSSリーダーを使っちゃおうなんてマニアなユーザーは簡単に用意できるでしょう。個人的には容量100MBで、簡易ストレージとしても(ちょっと面倒だけど)使えちゃうinfoseekのiswebがオススメです。

基本動作は「他のPCで読み込んだものは既読扱いとする」というもの。つまり読み込んだがまだ読んでいないというRSSは対象外なのですが、そこいらはオンラインブックマークを併用するとか、自分で補完すれば済む問題なのでいいでしょう。また、他のPCで登録したRSSを別のPCでも同じように登録できる機能もステキです。さすがに自動ではないのですが、他のPCで登録したまま忘れるということがないのがすばらしい。ベータ版では不安定で、3台目のPCではなぜか同期とれなかったんですが、正式版に入れ替えたら設定変えてないのに直っていました。これで便利度あがりそうです。

今後の展開に期待したいのは、もうブラウザ機能を全部取り込んで欲しい! ということ。「標準のブラウザ」機能やユーザーの認証のポップアップ画面に対応してもらえれば、もうSleipnir以上に便利な環境ができあがります。ただ、ジェスチャー操作で、今開いているページを他のブラウザで起動する機能があるのでなんとか補完はできていますが。このジェスチャー操作も覚えておいて損はない機能です。

【追記】ありがたいことにご指摘いただきました。まず、ユーザー認証は正式版ですでにサポートされているとのことで、試しに@niftyのWebメール使ってみたらちゃんとログインできました。このあたり@niftyのWebメールにログインできないFirefoxより上ですね。誤った記述お詫び申し上げます。

あとは細かいとこですが、更新チェックするとすべてのフォルダが展開されるんですね。私はフォルダごとに見ていくタイプで、かつ登録RSSが200とか超えてるので、全展開されるとスクロール操作が増えてちょいと煩雑。更新時もフォルダ展開しないとちゃきちゃき見られてうれしいかな、と思いました。

【追記】この点もご指摘いただきまして、正式版ではフォルダ展開しない機能がついているとのこと。「ファイル」「設定」「環境」の「更新されたチャンネルのノードを自動的に開く」で設定可能です。ご指摘ありがとうございます。

最大の問題は有料ソフトというところなんですが、Sleipnirのパソコン盗難事件の際、「自分が便利に使えるものはお金を払ってもいい」と強く実感しました。幸い、最初の30日は無料で全機能を使えますし、OPML読み込みもできるので、これ読んで興味持った人はとりあえずダウンロードしてFTPSyncの設定しておくと、おそらく1週間もしないうちに便利さがわかると思います。ただ、タブやジェスチャーみたいな機能は積極的に使ってね。ジェスチャーとFTPSync、タブこそが最強の要因と個人的には思いますので。PC1台だから同期いらない人でも、ジェスチャーとタブはかなり魅力ですよ。

て、書いてて思ったんですが、これ複数のPCで使うときはライセンス別にいるのかしらん(汗

いままで愛用していたBloglinesですが、やはりWebサービスの限界が感じられました。まちがって他のフォルダ選択してしまうと、今読んでいる未読が全部既読になって読んだか読んでないかわからなくなるし、ドラッグ&ドロップも当然できない。右クリック操作もブラウザに準じるので、使い勝手もイマイチなんですね。そしてヘビーユーザーにとっては今最新のRSSを取りたいのに、Webサービスは自動巡回に限られるのも難点でした。また、Webサービスの一番の利点はどこでよんでも同じ環境を作れることなのですが、FTPSyncの登場でそれも意味がなくなったのです。

Bloglinesは携帯電話向け機能もあるので、AirH"PHONEでも愛用していたのですが、ある程度のサイト登録数を超えたあたりから容量が大きくなりすぎてトップページすら表示できなくなりました。また、「一度見てまた後で見たいな」ってときに、携帯電話からアクセスしちゃうとその点の連動が弱いんですよね。

というわけでティッカー、ブラウザ、Webサービスといろいろなリーダーを引越しした結果、最後のゴールは当面の間Headline-Readerになりそうです。

« PSPあれこれ追加 | トップページ | 梅の花開く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/2533376

この記事へのトラックバック一覧です: Headline-Reader最強説【追記】:

» 今年は新たなブラウザ戦争がはじまるか? [裏編集後記]
最近、Lunascape2のほかにOperaやRSSリーダーのHeadline-Readerのバージョンアップなど、使っているブラウザのメジャー/マイナーアップ... [続きを読む]

» BLOG [川の生活]
 今日も釣りにいけない天気ではなかったけど、休みました。  というのも昨晩からBLOG自体の仕組みに突如興味を持ち、いろいろ調べてたらはまってしまいました。。... [続きを読む]

« PSPあれこれ追加 | トップページ | 梅の花開く »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ