« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.06.15

ミュージカルバトンをやってみる

ミュージカルバトン(Musical Baton)なるものが回ってきました。

要は音楽に関する定型の質問を次々に振っていくという遊びで、ぶっちゃけチェーンメールというか。ただ、チェーンメールと違ってほいほい転送するのではなく、自分自身でちゃんとエントリー上げなきゃいけないわけですし、その仕組み自体が面白かったらチェーンでもないと思うので、積極的にチャレンジしてみたいと思います。

で、ミュージカルバトンの概要ですが。

・今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量:
・今、聴いている曲:
・最後に買ったCD:
・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲:
・次に、お願いしたい人5人

で構成されてます。音楽ファイルの容量ってのが今っぽいですね。昔だったらCDとかレコードの枚数なのかな。今聞いている局ってのも、PC使いながら音楽を聴くことが前提という、なんともiTunes文化が影響している気がしますよ。

では1つずついきましょうか。


・今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量:8.96 GB

NASを買ったので家にあるCDをかたっぱしから入れたのですが、そんな大した量でもないかな。そもそもここ最近は、アルバム買うよりもシングルレンタルしてばっかりだったので、あまり手持ちの楽曲数がないのですよ。


・今、聴いている曲:

パソコンに向かっているときは、音楽ではなく録画してあるテレビ見る派なので、帰宅途中まで聴いてた最後の曲にします。

mirage in blue(CCCD)/CHEMISTRY

前述の通り、シングル借りてばかりなので、今までにダビングした音楽をgigabeatにまとめてシャッフルで聴いてます。mirage in blueは結構前の曲ですが、割と好きな曲かな。最近のCHEMISTRYは特徴ない曲ばかりで寂しいですが。


・最後に買ったCD:

ネヴァー・ゴーン
ネヴァー・ゴーン
posted with amazlet at 05.06.14
バックストリート・ボーイズ
BMGファンハウス (2005/06/08)
売り上げランキング: 46
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

つい先週買ったばかりですが、ほとんど聴いてません。さすがにブランクは大きいというか、好きだった頃のBSBと比べると声がおっさんくさくなってて……。やっぱりBSBはMillenniumまでが一番かなぁ。


・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲:

これが一番メインな質問な気がしますね。ではまず1つ目。


Dangerous
Will You Be There/Dangerous(Michael Jackson)

生まれて初めて買った記念すべきアルバム。音楽デビューはちょっと人より遅くて、回りがB'zやBOOWYにはまってる頃、「みんな同じに聞こえて何が良いのかわからん」と冷めてたんですね。そんなとき、NHKでたまたまやってたMJの特集を見て衝撃を受けました。

それまでの自分の中での認識は、とんねるずのパロディのイメージが強かったせいか「白い」「鼻が変」という感覚。それがたった1時間のビデオクリップ(オタ的にはShort Filmという)で一気に吹き飛ばされました。外見とか風評で判断しちゃいけないね、ということを強く学んだ事件でもあり、そういう意味では私の人格形成にも大きな影響を与えた人です。

Will You Be Thereは、さきほど無罪になった少年疑惑が勃発したころのシングルカット曲。テレビでも非常にネガティブなイメージばかり飛び交ってましたが、その中でもこの曲はじわじわとチャートを上昇し、全米7位にまであがってきました。こんな事件起こしたら、日本だったら間違いなくランク圏外だと思うけれど、いい曲はちゃんと評価するというところで、アメリカの奥深さを感じた1曲でもあります。アルバム的にも一番好きなアルバムで、やはり思い出としては外せないところ。


Hold Me in Your Arms
Take Me To Your Heart/Hold Me in Your Arms(Rick Astley)

1曲目が初めて買った曲なら、こちらは初めて「いいな」と思った曲。子供の頃、三ツ矢サイダーのCMソングに採用されていた曲なんですが、名前覚えてないけど歌だけは強烈に覚えていたのです。

洋楽にハマりはじめてから、毎週毎週神奈川テレビの「billboard TOP 40」を見てたんですが、この番組、過去のヒット曲を毎週オススメするコーナーがあったんですよね。その中でRick Astleyの「Together Forever」が流れていて「気に入った」と思い速攻チェック。これは1stアルバムだったので、次に2ndアルバムに手を出したら、子供の頃気になっていたあの曲を歌っている人だった! という顛末で。なんだかこういう体験は2度おいしい感じです。


Best Memories
抱きしめて/Best Memories(チェキッ娘)

最初からマジメに入りましたが、3曲目にしてオタ全開モードですよ!

チェキッ娘といえばほとんどブレイクせずに終わった存在で、熊切あさ美ががけっぷちでがんばっているくらいでしょうか。といっても私が注目していたのはチェキッ娘そのものではなく、楽曲提供している人の豪華さだったり。

デビュー曲「抱きしめて」は河村隆一、2nd「はじまり」はDo As InfinityのDAIと、当時をときめく存在ばかり。特にソロになりたての河村隆一はかなりお気に入りだったので、その河村隆一の曲となると気になって即効チェックしたという経緯です。

この曲、つくりがなんともすばらしい。ストーリーとしては、いつもすれ違う人との恋を勝手に想像して楽しんでいながらも、そのうち逆に彼女がいるんじゃないかという想像に移り変わっていくんですが、特筆すべきはサビの歌詞がまったく変わらないこと。JASRACに怒られるのでここには書きませんが、好きな人がいる楽しいテンションと、その人のことを思いすぎて不安なときの感情が、まったく同じ歌詞で表現されているんですよ。しかもデビューしたてでチェキッ娘のボーカル力もたいしたことがなく、結果として棒読みな歌は感情がどちらとも取れる。これ計算してたら河村隆一おそるべしと思ったものです。

ちなみに2ndの「はじまり」も結構お気に入りで、これも歌詞がいい。卒業ソングなのでお別れのときなんかにいいですよ。


嘘とロマン
ペンフレンド/嘘とロマン(及川光博)

邦楽を聴き始めたのは大学に入ってからですが、その理由は「カラオケでついていけないから」。そんな私にとって邦楽はカラオケのための消費材であり、歌いたい曲、いいなと思う曲はあっても、アーティストとして大好き! という日本人は少なかったりしますが、そんな私でもイチオシできるのがこのミッチーこと及川光博。

一般的なミッチーのイメージは王子様キャラですが、私は歌のよさで引き込まれました。たまたまであったアルバムが良かったのもありますが、一見モテモテキャラに見えるミッチーの裏側、モテない男ぶりが発揮されているアルバムです。基本的に自分で曲を作っているので自分を投影するんだと思いますが、ミッチーのアルバム通じてここまで内面を出しているのは珍しいんじゃないかなと。特に好きなのは「ペンフレンド」ですが、「忘れてしまいたい」「ワンダフル入浴」あたりもツボですな。


素敵だね featured in FINAL FANTASY X
素敵だね/RIKKI(FINAL FANTASY X)

やはり最後はオタに締めましょう、PS2用ゲームソフト「ファイナルファンタジーX」の挿入歌です。FFシリーズを通じて1・2を争うくらい好きなタイトルで、何といってもストーリーがいい。ゲームで本気泣きしたのはこれがはじめてだし、このソフト以外にないでしょう。もはやゲームは娯楽を超えたエンタテインメントになってきたのかなぁと実感しました。

ゲームシステム自体はまったく目新しくないし、途中の水球とキャプテン翼を足して2で割ったようなミニゲームを強制させられるのはスクウェアのよくないところですが、ここさえ乗り越えればストーリーにひきこまれることまちがいなし。会社の先輩に「FFX良いですから買ったほうがいいですよ!」と進めたところ、「またまた大きいこといってるよ」とか笑ってたくせに、あとになって「すまん、俺が間違ってた。俺も泣いた」といわせたほどの良作です。その人、結局続きが見たくてインターナショナル版も買ってたな。ストーリーの山場やCMで流れたこの楽曲、ゲームをプレイした人には忘れられないのでは。

というわけで5曲クリア。ほんとはもっと好きな曲とかいろいろありますが、ネタとして書きやすいものをピックアップしました。

次の5人ですが、5人全員に書いてもらうのは大変ですし、人によってはスパム的で好ましくない可能性もありますので、とりあえず5人に振るだけ振ってみます。迷惑だったらスルーするなり、トラックバック消すなり、お手数ですが対処いただけますか。

ミュージカルバトン(裏編集後記)

ちなみに5人にはTBなりメールなりしてますが、受けていただいたときだけ書くことにします。スパム的で迷惑な可能性もありますからね。

2005.06.12

電車男見てきました

いろいろ考えさせられること多かったので、久々に映画関連のトークを。ちなみにおもいっきりネタバレになりますので、ご覧になっていない方はお読みになりませんよう。さらにはおもいっきり電車男側のオタクの視点であることもご了承ください。読み続ける方は下のほうまでどうぞ。











































という訳でそろそろ書き始めますか。

映画版は大きく2つの流れにわかれていると思います。前半はまとめサイトを忠実に映像化、そして後半は映画独自の味付けで編集されています。

前半は2つの視点で非常にムズガゆかく。1つはオタクな面で、もう1つはエルメスのために生まれ変わろうとしている場面。オタクな点はたとえば2ちゃんねる用語が音読されちゃったり、マトリックスになると熱く語っちゃったり、家の中にPCがあるとついつい気になっちゃうところとか、なんとも自分の中のオタク部分が覗かれているようでなんか恥ずかしくなるとですよ。

エルメスのために一生懸命生まれ変わろうとしているシーンは、これは男にしかわからない感覚かも。かなり勝手な持論なのですが、女の子は性の関係もあって自然に女性への変化を遂げていくと思うのですが、男はあまりからだの変化があるわけではないので、子供から大人へ生まれ変わるにはきっかけが必要なのです。自分から発する変化を恥ずかしがって後回しにしてしまうと、まわりはどんどんファッションを気にし始めたり、女の子を意識し始めたりして取り残されていき、そうして残された人はどんどんオタク化してしまう。

そういう、自分のきっかけでうまれかわらなきゃ、みたいな感覚が非常に恥ずかしいんですね。床屋から美容院になったり、来たこともないファッションを買ってみたり。そういう恥ずかしさも相まって、前半戦はずっとニヤけてしまいました。

映画化に関しては前半戦はほぼカンペキな仕上がりかな。最初は「キボンヌ」とか2ちゃんねる用語がそのまま出ていて「わかるのかな?」と不安になりましたが、それ以降用語はあまり登場しないし、キボンヌもあとで使い方を説明するシーンがあったので十分かと。欲を言うなら字幕の感覚で用語解説いれてもいい気がしますが、逆にジャマかもしれませんね。

2ちゃんねる用語やオタクな一面自体は、オタクから見ると恥ずかしくて仕方ないですが、周りにいた普通っぽい方々は自然と笑ってたので、逆に面白いものなのかも。この点はオタクである自分ではまったくわからない感覚なので、一般の人の話が聞いてみたいところですはい。

また、映画化がよかったところは、ストーリーの同時進行を表現できること。2ちゃんねるの掲示板は、ほぼリアルタイムとはいえ、掲示板自体は時間軸で進んでいきますし、時間の感覚がない書籍では、さらに縦の時間の流れで進んでいくのですが、マルチウィンドウで同時進行を表現できる映像は、2ちゃんねるの掲示板以上にリアルタイム性を「作品として」表現できるのかなと思いました。

後半は2つの特徴があって、1つは映画オリジナルのストーリー展開。もう1つはサブキャラクター、つまり電車男を応援していた人たちのストーリーが描写されるところです。

オリジナルストーリーは、原作ではとんとん拍子だった電車男が、途中で自分のオタクさと、一生懸命エルメスにあわせようとするあまり「実は自分がムリをしているんじゃないか」と落ち込むという流れですが、そのストーリー自体は非常に面白い。確かに現実にあの展開が進んだら、元々引きこもりの性格の人にとってはどうしても気になってしまうでしょうし、シアワセ全開の原作ストーリーよりはドラマ性があってよかったと思います。

ただ、ちょっとその表現方法がイマイチだったかな。電車のホームを舞台に、落ち込む電車男を反対側のホームからサブキャラクターたちが応援し、最後は大勢の人々が反対側のホームから応援するという展開なのですが、反対側から1人1人応援するシーンが演劇っぽいというか、なんか感情移入できないんですよね。

その応援は、1人1人が自分の生活の感情を込めながら順々に語っていくのですが、電車男はリアルタイムかつ同時発生的に盛り上がって応援していく話だったのに、順番に1人1人語っていく展開がなんか頭の中でしっくりつながらないんですね。もっとみんながかけよって同時に応援していくような展開が欲しかった。

なので応援の場所は、ホームよりも電車内のほうがよかったんじゃないかな。1人で落ち込んでいる電車男の周りの席がどんどん仲間で埋められていって、気づけば隣の車両からも応援されているという。予告編はそういう映像だったのに、本編ではその映像ではなかったことが違和感の要因かもしれませんが、とりあえずあの1人1人の青年の主張的応援はなんとも違和感でしたはい。

サブキャラクターのストーリー展開は、予想通りとはいえなかなか良かったと思います。むしろオリジナリティを出すためには、もっと光を与えちゃってもよかったのかな。それにしてもサブキャラクターが豪華すぎるのに、あくまでサブでしか使わないストーリーも注目の1つかなと思いました。

全体的には中だるみもないしテンポもよく、割と見やすい映画だと思います。キャストの豪華さも割と注目で、スタッフロール見てから田中幸太朗が出ていたことに気づいたので、2回目の機会があればキャストに注目してみてみたいなと思います。

キャストといえば、主演は山田孝之でサブキャラに瑛太が出ているあたりはウォーターボーイズつながりですね。いとうあいこと田中幸太朗は、アバレイエローとアバレキラーというアバレンジャーつながり。というかそもそもスターダスト所属が大多数というからくりなわけですが、スターダストでいくんだったらやっぱりイチオシの木下あゆ美が出なかったのが寂しいですなぁ。

ウィルコムにナンバーポータビリティはいらない

ここのところ忙しくてほとんどブログ更新できない日が続いておりまして。なんだかブログもこのまま更新やめてしまおうかなともちょっと思ったりしてたのですが、track feedでこのブログがリンクされているのを目の当たりにして、ああ自己満足にしか過ぎないこのブログも、何かしら人のお役に立てているのね、とちょっと思いなおしてみました。ブログは更新しなければ意味がないとか、そんなことは決してないのねと。

で、どうもこのブログに一番求められているのはどうやらウィルコム関連ネタらしいので、前々から思っていたウィルコムのお話を書いてみたいと思います。

2006年にも実施されるという携帯電話のナンバーポータビリティ。携帯電話の番号はそのままに、ドコモやau、ボーダフォンといったキャリア変更が可能になる制度ですが、以前はずっと「ウィルコムもその仲間に入らないかなぁ」と願ってました。

しかしここ最近のウィルコムのサービスや戦略を見ているうちに、「むしろポータビリティしないほうがいいこといっぱいあるのでは」と思うようになりました。

理由の1つは、アステルの停波に続き、ドコモもPHS撤退を決めたこと。これでPHS特有の「070」はウィルコム専用の番号になりました。

もう1つの理由は、ウィルコム同士なら定額で通話できるウィルコム定額プランの登場。つまり、中長期的には070という番号はすべてウィルコムのものになる、それは070という番号そのものが「かけ放題の目印」になるわけですよ。

これがナンバーポータビリティをしてしまうと、携帯電話からの乗り換えも可能になるかもしれないけれど、090と070が混じることで相手が常に無料電話かどうかは判断が付かなくなる。現状のところ、携帯電話には真似ができないサービスだけに、専用の識別できる番号があるということは実は強力なメリットになるのではないでしょうか。

定額の通話というと050番号のIP電話もありますが、こちらは実際には事業者ごとに無料だったり有料だったりしますし、そもそも同じ050番号でも繋がらないことも多々あります。050は決して無料の目印ではなくなっているし、同じ050なのに無料・有料いりまじっているのは非常にわかりづらい。IP電話にもできなかった同一番号の無料通話の宣伝効果としても070番号はうまく使えるんじゃないかなと期待しております。

インターネットも見られるブラウザ機能は、携帯電話事業者が追随してはいますが、実際には伝送制限があったり値段が高かったりしますし、そもそもコンテンツ囲い込みビジネスで成長してきた携帯電話は、ウィルコムほどの開き直りは難しいでしょう。これもウィルコムがコンテンツを揃えられなかったからこそできる、後付のサービスではあると思いますが。

そして今回の音声定額も、今のインフラでは携帯電話には難しい。KDDIの傘下で動いていたころはとても携帯電話との違いを打ち出せませんでしたが、今は違う。携帯電話とは違う魅力をアピールしていくには、070番号はとてもよい武器になるのではというお話でした。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ