« ウィルコムにナンバーポータビリティはいらない | トップページ | ミュージカルバトンをやってみる »

2005.06.12

電車男見てきました

いろいろ考えさせられること多かったので、久々に映画関連のトークを。ちなみにおもいっきりネタバレになりますので、ご覧になっていない方はお読みになりませんよう。さらにはおもいっきり電車男側のオタクの視点であることもご了承ください。読み続ける方は下のほうまでどうぞ。











































という訳でそろそろ書き始めますか。

映画版は大きく2つの流れにわかれていると思います。前半はまとめサイトを忠実に映像化、そして後半は映画独自の味付けで編集されています。

前半は2つの視点で非常にムズガゆかく。1つはオタクな面で、もう1つはエルメスのために生まれ変わろうとしている場面。オタクな点はたとえば2ちゃんねる用語が音読されちゃったり、マトリックスになると熱く語っちゃったり、家の中にPCがあるとついつい気になっちゃうところとか、なんとも自分の中のオタク部分が覗かれているようでなんか恥ずかしくなるとですよ。

エルメスのために一生懸命生まれ変わろうとしているシーンは、これは男にしかわからない感覚かも。かなり勝手な持論なのですが、女の子は性の関係もあって自然に女性への変化を遂げていくと思うのですが、男はあまりからだの変化があるわけではないので、子供から大人へ生まれ変わるにはきっかけが必要なのです。自分から発する変化を恥ずかしがって後回しにしてしまうと、まわりはどんどんファッションを気にし始めたり、女の子を意識し始めたりして取り残されていき、そうして残された人はどんどんオタク化してしまう。

そういう、自分のきっかけでうまれかわらなきゃ、みたいな感覚が非常に恥ずかしいんですね。床屋から美容院になったり、来たこともないファッションを買ってみたり。そういう恥ずかしさも相まって、前半戦はずっとニヤけてしまいました。

映画化に関しては前半戦はほぼカンペキな仕上がりかな。最初は「キボンヌ」とか2ちゃんねる用語がそのまま出ていて「わかるのかな?」と不安になりましたが、それ以降用語はあまり登場しないし、キボンヌもあとで使い方を説明するシーンがあったので十分かと。欲を言うなら字幕の感覚で用語解説いれてもいい気がしますが、逆にジャマかもしれませんね。

2ちゃんねる用語やオタクな一面自体は、オタクから見ると恥ずかしくて仕方ないですが、周りにいた普通っぽい方々は自然と笑ってたので、逆に面白いものなのかも。この点はオタクである自分ではまったくわからない感覚なので、一般の人の話が聞いてみたいところですはい。

また、映画化がよかったところは、ストーリーの同時進行を表現できること。2ちゃんねるの掲示板は、ほぼリアルタイムとはいえ、掲示板自体は時間軸で進んでいきますし、時間の感覚がない書籍では、さらに縦の時間の流れで進んでいくのですが、マルチウィンドウで同時進行を表現できる映像は、2ちゃんねるの掲示板以上にリアルタイム性を「作品として」表現できるのかなと思いました。

後半は2つの特徴があって、1つは映画オリジナルのストーリー展開。もう1つはサブキャラクター、つまり電車男を応援していた人たちのストーリーが描写されるところです。

オリジナルストーリーは、原作ではとんとん拍子だった電車男が、途中で自分のオタクさと、一生懸命エルメスにあわせようとするあまり「実は自分がムリをしているんじゃないか」と落ち込むという流れですが、そのストーリー自体は非常に面白い。確かに現実にあの展開が進んだら、元々引きこもりの性格の人にとってはどうしても気になってしまうでしょうし、シアワセ全開の原作ストーリーよりはドラマ性があってよかったと思います。

ただ、ちょっとその表現方法がイマイチだったかな。電車のホームを舞台に、落ち込む電車男を反対側のホームからサブキャラクターたちが応援し、最後は大勢の人々が反対側のホームから応援するという展開なのですが、反対側から1人1人応援するシーンが演劇っぽいというか、なんか感情移入できないんですよね。

その応援は、1人1人が自分の生活の感情を込めながら順々に語っていくのですが、電車男はリアルタイムかつ同時発生的に盛り上がって応援していく話だったのに、順番に1人1人語っていく展開がなんか頭の中でしっくりつながらないんですね。もっとみんながかけよって同時に応援していくような展開が欲しかった。

なので応援の場所は、ホームよりも電車内のほうがよかったんじゃないかな。1人で落ち込んでいる電車男の周りの席がどんどん仲間で埋められていって、気づけば隣の車両からも応援されているという。予告編はそういう映像だったのに、本編ではその映像ではなかったことが違和感の要因かもしれませんが、とりあえずあの1人1人の青年の主張的応援はなんとも違和感でしたはい。

サブキャラクターのストーリー展開は、予想通りとはいえなかなか良かったと思います。むしろオリジナリティを出すためには、もっと光を与えちゃってもよかったのかな。それにしてもサブキャラクターが豪華すぎるのに、あくまでサブでしか使わないストーリーも注目の1つかなと思いました。

全体的には中だるみもないしテンポもよく、割と見やすい映画だと思います。キャストの豪華さも割と注目で、スタッフロール見てから田中幸太朗が出ていたことに気づいたので、2回目の機会があればキャストに注目してみてみたいなと思います。

キャストといえば、主演は山田孝之でサブキャラに瑛太が出ているあたりはウォーターボーイズつながりですね。いとうあいこと田中幸太朗は、アバレイエローとアバレキラーというアバレンジャーつながり。というかそもそもスターダスト所属が大多数というからくりなわけですが、スターダストでいくんだったらやっぱりイチオシの木下あゆ美が出なかったのが寂しいですなぁ。

« ウィルコムにナンバーポータビリティはいらない | トップページ | ミュージカルバトンをやってみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6039/4517030

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男見てきました:

» みんな大好き〜 ・・・クローサーと電車男をハシゴ・・・ [フミータ☆カタローグ]
今日は映画2本見てきました・・・疲れた・・・   最初にクローサーを観てきたのですが、なんだかリアル。かなり苦笑えました。   しかしジュード・ロウのヨレヨレ感が見事。   大切なものを一言でぶち壊す、正直に言えないけどう嘘はつけないし困っ... [続きを読む]

» 2ちゃんねる用語 [噂・うわさ・伝説etc]
2ちゃんねる用語2ちゃんねる用語(にちゃんねるようご)は、インターネットの電子掲示板ウェブサイト|サイト2ちゃんねる発祥の隠語のこと。2ちゃんねる用語の詳細な用語解説は2ちゃんねる用語辞典『2典』を参照のこと。2ちゃんねるの利用者(2ちゃんねらー)が2ちゃんねる以外の場所(インターネット上、あるいは...... [続きを読む]

« ウィルコムにナンバーポータビリティはいらない | トップページ | ミュージカルバトンをやってみる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ