2005.06.15

ミュージカルバトンをやってみる

ミュージカルバトン(Musical Baton)なるものが回ってきました。

要は音楽に関する定型の質問を次々に振っていくという遊びで、ぶっちゃけチェーンメールというか。ただ、チェーンメールと違ってほいほい転送するのではなく、自分自身でちゃんとエントリー上げなきゃいけないわけですし、その仕組み自体が面白かったらチェーンでもないと思うので、積極的にチャレンジしてみたいと思います。

で、ミュージカルバトンの概要ですが。

・今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量:
・今、聴いている曲:
・最後に買ったCD:
・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲:
・次に、お願いしたい人5人

で構成されてます。音楽ファイルの容量ってのが今っぽいですね。昔だったらCDとかレコードの枚数なのかな。今聞いている局ってのも、PC使いながら音楽を聴くことが前提という、なんともiTunes文化が影響している気がしますよ。

では1つずついきましょうか。


・今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量:8.96 GB

NASを買ったので家にあるCDをかたっぱしから入れたのですが、そんな大した量でもないかな。そもそもここ最近は、アルバム買うよりもシングルレンタルしてばっかりだったので、あまり手持ちの楽曲数がないのですよ。


・今、聴いている曲:

パソコンに向かっているときは、音楽ではなく録画してあるテレビ見る派なので、帰宅途中まで聴いてた最後の曲にします。

mirage in blue(CCCD)/CHEMISTRY

前述の通り、シングル借りてばかりなので、今までにダビングした音楽をgigabeatにまとめてシャッフルで聴いてます。mirage in blueは結構前の曲ですが、割と好きな曲かな。最近のCHEMISTRYは特徴ない曲ばかりで寂しいですが。


・最後に買ったCD:

ネヴァー・ゴーン
ネヴァー・ゴーン
posted with amazlet at 05.06.14
バックストリート・ボーイズ
BMGファンハウス (2005/06/08)
売り上げランキング: 46
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

つい先週買ったばかりですが、ほとんど聴いてません。さすがにブランクは大きいというか、好きだった頃のBSBと比べると声がおっさんくさくなってて……。やっぱりBSBはMillenniumまでが一番かなぁ。


・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲:

これが一番メインな質問な気がしますね。ではまず1つ目。


Dangerous
Will You Be There/Dangerous(Michael Jackson)

生まれて初めて買った記念すべきアルバム。音楽デビューはちょっと人より遅くて、回りがB'zやBOOWYにはまってる頃、「みんな同じに聞こえて何が良いのかわからん」と冷めてたんですね。そんなとき、NHKでたまたまやってたMJの特集を見て衝撃を受けました。

それまでの自分の中での認識は、とんねるずのパロディのイメージが強かったせいか「白い」「鼻が変」という感覚。それがたった1時間のビデオクリップ(オタ的にはShort Filmという)で一気に吹き飛ばされました。外見とか風評で判断しちゃいけないね、ということを強く学んだ事件でもあり、そういう意味では私の人格形成にも大きな影響を与えた人です。

Will You Be Thereは、さきほど無罪になった少年疑惑が勃発したころのシングルカット曲。テレビでも非常にネガティブなイメージばかり飛び交ってましたが、その中でもこの曲はじわじわとチャートを上昇し、全米7位にまであがってきました。こんな事件起こしたら、日本だったら間違いなくランク圏外だと思うけれど、いい曲はちゃんと評価するというところで、アメリカの奥深さを感じた1曲でもあります。アルバム的にも一番好きなアルバムで、やはり思い出としては外せないところ。


Hold Me in Your Arms
Take Me To Your Heart/Hold Me in Your Arms(Rick Astley)

1曲目が初めて買った曲なら、こちらは初めて「いいな」と思った曲。子供の頃、三ツ矢サイダーのCMソングに採用されていた曲なんですが、名前覚えてないけど歌だけは強烈に覚えていたのです。

洋楽にハマりはじめてから、毎週毎週神奈川テレビの「billboard TOP 40」を見てたんですが、この番組、過去のヒット曲を毎週オススメするコーナーがあったんですよね。その中でRick Astleyの「Together Forever」が流れていて「気に入った」と思い速攻チェック。これは1stアルバムだったので、次に2ndアルバムに手を出したら、子供の頃気になっていたあの曲を歌っている人だった! という顛末で。なんだかこういう体験は2度おいしい感じです。


Best Memories
抱きしめて/Best Memories(チェキッ娘)

最初からマジメに入りましたが、3曲目にしてオタ全開モードですよ!

チェキッ娘といえばほとんどブレイクせずに終わった存在で、熊切あさ美ががけっぷちでがんばっているくらいでしょうか。といっても私が注目していたのはチェキッ娘そのものではなく、楽曲提供している人の豪華さだったり。

デビュー曲「抱きしめて」は河村隆一、2nd「はじまり」はDo As InfinityのDAIと、当時をときめく存在ばかり。特にソロになりたての河村隆一はかなりお気に入りだったので、その河村隆一の曲となると気になって即効チェックしたという経緯です。

この曲、つくりがなんともすばらしい。ストーリーとしては、いつもすれ違う人との恋を勝手に想像して楽しんでいながらも、そのうち逆に彼女がいるんじゃないかという想像に移り変わっていくんですが、特筆すべきはサビの歌詞がまったく変わらないこと。JASRACに怒られるのでここには書きませんが、好きな人がいる楽しいテンションと、その人のことを思いすぎて不安なときの感情が、まったく同じ歌詞で表現されているんですよ。しかもデビューしたてでチェキッ娘のボーカル力もたいしたことがなく、結果として棒読みな歌は感情がどちらとも取れる。これ計算してたら河村隆一おそるべしと思ったものです。

ちなみに2ndの「はじまり」も結構お気に入りで、これも歌詞がいい。卒業ソングなのでお別れのときなんかにいいですよ。


嘘とロマン
ペンフレンド/嘘とロマン(及川光博)

邦楽を聴き始めたのは大学に入ってからですが、その理由は「カラオケでついていけないから」。そんな私にとって邦楽はカラオケのための消費材であり、歌いたい曲、いいなと思う曲はあっても、アーティストとして大好き! という日本人は少なかったりしますが、そんな私でもイチオシできるのがこのミッチーこと及川光博。

一般的なミッチーのイメージは王子様キャラですが、私は歌のよさで引き込まれました。たまたまであったアルバムが良かったのもありますが、一見モテモテキャラに見えるミッチーの裏側、モテない男ぶりが発揮されているアルバムです。基本的に自分で曲を作っているので自分を投影するんだと思いますが、ミッチーのアルバム通じてここまで内面を出しているのは珍しいんじゃないかなと。特に好きなのは「ペンフレンド」ですが、「忘れてしまいたい」「ワンダフル入浴」あたりもツボですな。


素敵だね featured in FINAL FANTASY X
素敵だね/RIKKI(FINAL FANTASY X)

やはり最後はオタに締めましょう、PS2用ゲームソフト「ファイナルファンタジーX」の挿入歌です。FFシリーズを通じて1・2を争うくらい好きなタイトルで、何といってもストーリーがいい。ゲームで本気泣きしたのはこれがはじめてだし、このソフト以外にないでしょう。もはやゲームは娯楽を超えたエンタテインメントになってきたのかなぁと実感しました。

ゲームシステム自体はまったく目新しくないし、途中の水球とキャプテン翼を足して2で割ったようなミニゲームを強制させられるのはスクウェアのよくないところですが、ここさえ乗り越えればストーリーにひきこまれることまちがいなし。会社の先輩に「FFX良いですから買ったほうがいいですよ!」と進めたところ、「またまた大きいこといってるよ」とか笑ってたくせに、あとになって「すまん、俺が間違ってた。俺も泣いた」といわせたほどの良作です。その人、結局続きが見たくてインターナショナル版も買ってたな。ストーリーの山場やCMで流れたこの楽曲、ゲームをプレイした人には忘れられないのでは。

というわけで5曲クリア。ほんとはもっと好きな曲とかいろいろありますが、ネタとして書きやすいものをピックアップしました。

次の5人ですが、5人全員に書いてもらうのは大変ですし、人によってはスパム的で好ましくない可能性もありますので、とりあえず5人に振るだけ振ってみます。迷惑だったらスルーするなり、トラックバック消すなり、お手数ですが対処いただけますか。

ミュージカルバトン(裏編集後記)

ちなみに5人にはTBなりメールなりしてますが、受けていただいたときだけ書くことにします。スパム的で迷惑な可能性もありますからね。

2004.12.15

アルティメット

げっとー。これで今年の散財は終る予定。まぁココログ一周年の自分へのお祝いということでひとつ。

041215_1030001_s.jpg

2004.11.03

iPodの衝撃

ありがとうiPod さんのTIPS & FAQより。


iPodの音楽をパソコンに戻したい

著作権保護のため、iPodからパソコンへの音楽ファイルのコピーはできないようになっています。
iPodに転送してしまったからといって、パソコンから曲を消さないでください。

ガーン!
知りませんでしたよ……orz
やっぱりPC内の楽曲は消さないほうがいいのね……割と不便だなぁ……。

iPodを使うまではWMAで焼いていたので、PC内のファイルぐちゃぐちゃなのですが、ここらでMP3にまとめたほうがいいのかも。

2004.10.01

MJアルティメットコレクション

Amazonキター!

一応説明しておくと、この商品はオタ専用なので一般の方が買うとケガする可能性大。だってデモバージョンとか普通の人にはどうだっていいっつーの。普通の人は素直にNumber Onesとか買ったほうがええと思います。

しかしこのセットのキモは、なんと言っても初のライブツアーDVD化。しかも一番一般受けしやすいDANGEROUSツアーってのがにくいね。HISTORYは口パク増えてライブの臨場感に欠けるし、BADは歌は歌ってくれてるけどビデオクリップのような演出は少ないので。顔が白いだのコドモ好きだのと批判も多いカレですが、才能はモノホンなので一度このライブ映像とか見てみることをオススメします。

さらにマニアが注目すべきはディスク2の「ウィ・アー・ヒア・トゥ・チェンジ・ザ・ワールド」。これ、20代後半より上の人々は一度は耳にしているかもしれません。ディズニーランドの名作or迷作として名高い「キャプテンEO」のメインテーマですが、ソニーとディズニーと歌ってる本人とで著作権がこんがらがって製品化されずじまいだった幻の作品。CD用の楽曲バージョンはどういうアレンジなのか今から楽しみでございますよ。

個人的にはJ5時代とソロ時代は音楽性が明確に違うので一緒くたにして欲しくはなかったですが、これだけ未発表曲が揃っているとオタにはたまらない訳で。とりあえず発売日にどうやって入手しようか思案中です。

アルティメット・コレクション
マイケル・ジャクソン ジャクソン・ファイヴ
Sony Music House (2004/11/10)
売り上げランキング: 84
近日発売 予約可
おすすめ度の平均: 5
5 DVDだけじゃなくCDでも!マイケルを堪能
5 音楽遺産、文化遺産に指定したいような逸品
5 最大の魅力はなんと言ってもDVD。

2004.09.15

Utadaニューアルバム「EXODUS」

韓国行っている間にいつの間にか発売になっていたUtada名義のニューアルバム。帰国後にソッコー買って見ました。

感想はというと、かなり残念な感じ。シングルカットの「Easy Breezy」には今までにない新しさを感じていたのですが、そのほかの曲は今までの宇多田ヒカルを英語にしただけのような曲ばかりでした。しかも私自身あまり好きでない3rdアルバムっぽい曲ばかりだったのでますます残念。せっかくの米国デビューなので、ブリトニーくらいはっちゃけた音にも期待していたのですが。

1曲、タイトルわすれたけれど一時期ハマってたソフィー・B・ホーキンスみたいな曲はあって、それは微妙に気に入りました。しかし自分の中ではやっぱり1stアルバムを超えられないなぁという感じ。これじゃ全米ブレイクは厳しそうかも知れませんと思いました。全体的にDCTの全米デビューのときっぽいかな?

まぁ、私は音楽の専門家ではありませんので、その筋の人が聞くといい音楽で、ブレイクまちがいなしなのかもしれません。むしろそうであると願いたいところです。

EXODUS
EXODUS
Posted with amazlet at 04.09.15
Utada T.Moseley
ユニバーサルミュージック (2004/09/08)
売り上げランキング: 2
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 3.65
2 ガックシ、、__/、冫、)_
4 アーティストとしての存在感が大きくなったUTADA
3 う~ん

2004.08.29

CoCo d’Orレビュー

元SPEEDのhiroがアーティスト「CoCo d’Or」名義でJAZZボーカリストデビューした本作。ある程度聞き込んでから感想書こうと思ってたらちょうど良くamazonにも登場したので、amazletデビューしてみます。

まずはじめに。hiroをヴォーカルとして好きな人は買って損はないというか、むしろすぐ買え! 絶対買え!な一品。逆にJAZZ的なものを求めると、ちょっと期待外れな感もあるやもしれません。

全編に渡って、これぞhiro的なヴォーカル満載ですので、その点ではファンとして抑えておくべきといえます。ただなんいうか、まだ声が若いのでちょっと背のびしている曲もちょこちょこあるんですね。しっとりしたバラード、例えば「Fly Me To The Moon」とか「Calling You」とかはもう絶品ですが、演歌でいうところのコブシ的な歌いこなしが必要なアップテンポの曲、1曲目の「Route 66」とかは声がかわいらしすぎて迫力に欠けてしまい、曲に負けちゃってる感じなんです。

ただし、ファンとしてはその声の若さっぷりも好きなところなので、これはこれでアリ。むしろ今のhiroはそこが魅力でもありますしね。最近は音楽活動めっきり減ってますが、これを機会にまたオリジナルな楽曲を歌って欲しいものです。

一時期というかhiroがSPEEDとしてデビューした頃は、女性ボーカルはキーが高い歌を歌っていれば良いというような風潮ありました。歌のうまさというよりどれだけ高音な声で叫べるか、みたいな感じで、歌を歌いこなすということが二の次のようなね。

その中でhiroは、しっとりとしたバラードも歌いこなしつつ、高いキーもこなせる歌のうまさを感じてました。ソロになりたてのころはアイドル路線でいくのかどうなのかの迷いが感じられましたが、2ndアルバムは方向性がはっきりしていてすごく完成度高かった。

高いキーの歌って、歌いこなしという概念がないんですよね。その高さを出せる声は1種類しかないから。そうではなくてほどよい高さのキーは、いろんな歌い方ができて幅が広がる。hiroはすごく高いキー能力ありながらも、歌を歌いこなすということが先に着ている感があって好きなのです。2ndアルバムのシークレットトラック「花」なんてもう涙モノですよ。

という訳で、hiro好きな人はきちんと買って、次の活動を楽しみにまちませう。

CoCo d’Or
CoCo d’Or
Posted with amazlet at 04.08.29
CoCo d’Or Bobby Troup Akio Suzuki Al Jolson B.G.De Sylva John Gillespie Frank Paparelli Arif Mardin Chaka Khan Yukihiro Fukutomi
エイベックス (2004/08/04)
売り上げランキング: 131
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.33
5 大人の雰囲気
3 今後の彼女に期待 "大” ですね(^^ゞ
5 歌唱力が曲に負けてない!!

2004.08.16

Coco d'Or購入

思い立ったが吉日、さっそく買ってきました。いわずもがなのCCCDなんですが、まぁそれは見てみないふり。

最初はhiroのアルバムだと思っていたんですが、正確には「Coco d'Or」名義のアルバムなんですね。JAZZアーティストとしての。

ちゃんとした感想はちゃんと聞き込んだ上でまた後日書こうと思いますが、数曲聴いた段階ではかなりいい仕上がり。JAZZに興味なくても「Fly Me To The Moon」とかエヴァのエンディング有名な曲も入っていますのでとっつきもいいですしね。

ジャケットデザインはかの有名な水森亜土探すの大変ですからこれから買う人はなんとなくジャケットのイメージ覚えておくと良いです。

040816_1936001.jpg

2004.08.15

hiroニューアルバム「Coco d'Or」

テレビCMで見て初めて知りました。しまった! そんなん出てましたか! ファンとして失格ですorz

hiro JAZZスタンダードに挑戦!
アーティスト名: Coco d'Or
アルバムタイトル: Coco d'Or
AVCD-16049 (SONICGROOVE) ¥3,059(tax out ¥2,913)
2004.8.4 on sale

画像張りたかったですがAmazonにはないみたい。明日お仕事のついでに買いに行かなくては。

しかしhiroのオフィシャルサイト、2003年7月発売の「愛が泣いてる」でストップしているのが寂しすぎです。デビュー当時からhiro一点買いだった私としては寂しい限り。

2004.08.05

ヒカルの誤

昔使ったタイトルの流用ですがまぁいいや。

発売日と同時に購入した宇多田ヒカルのライブDVD「ヒカルの5」ですが、忙しくてまだ見れてません。もう買った友達やらレビューなんかでは賛否両論みたいですが、今週末こそ何とか見たいな。基本的に丸っこくなっているのは無問題だし、FINAL DISTANCEではなくDISTANCEを歌っていてくれるとこにも期待。私の中でDISTANCEは宇多田ヒカルソングBEST3に入るくらいお気に入りなんですが、FINAL DISTANCEって全部ぶち壊しなんですよ。バラードにすりゃいいってもんじゃなかろうに。

Utada名義の曲も聴きました。日本向けのEasy Breezeyはなんとも洋楽っぽくて今までの宇多田ヒカルではないんですが、これはこれで好きです。米国iTunesで先行販売されたDevil insideも入手して聞きましたが、こっちはリミックスでいぢりすぎていて楽曲としては好みではありませんでした。

あくまで主観ですが、宇多田ヒカルはアルバム重ねるごとにどんどん曲の魅力が減少していて残念だったのですが、少なくともEasy Breezeyは新しい何かを感じました。3rdアルバムなんてシングルカット以外手抜きにしか思えんかったし。COLORSは結構好きでしたが、それでも今までの曲と路線一緒ですしね。ただ、Easy Breezeyの「コンニチワ・サヨナラ」はどうかと思う。米国で勝負するんなら変に日本語に逃げないで欲しかったかな。

2004.04.24

強いキズナを聴きながら

昨日買った強いキズナ、さっそく聴いてみました。どきどき。

……。

……。

ああ、

変わってないよ、

相変わらずヘタだよ……。

これを聞いて「うまくなったねぇ」といっていたとくダネの小倉さんは、いったいいつもどんな音楽を聴いているのだろうか。それとも前がヘタすぎたっていうこと?

これってバカにしてるんじゃないですよ。変わらぬアミーゴであってくれたのがとても嬉しいのです。歌がうまくったって心に残らない人はたくさんいますが、少なくとも自分にとっては鈴木亜美の歌は心にひっかかる存在であるので。

ただちょっぴり寂しいのは、歌がフツーすぎることかな。あみ時代後期の小室さんの歌のように、少々ぶっこわれ気味の歌を笑顔で歌いこなしていた頃が好きだったので。繰り返しますがThank U 4 Everyday Everybodyはほんと最強ですよ。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ