2005.02.20

R-1ぐらんぷり2005 決勝を振り返る

いやぁ面白かった。前日の笑わず嫌い王がイマイチだっただけに余計楽しく見られました。ということで出場者を1人1人振り返ってみたいと思います。例によって他を見ると意見ブレそうですから、まずは自分の意見を書いて他を見にいこうかと。

1.長州小力(8位:429点)
TOPバッターというプレッシャーの中でもいつも通りの長州小力が見られました。導入部分は準決勝と同じ、というかいつ見ても「今日もアウェーだな」とかの入りは同じですね。メインのネタはパラパラ、体操、童謡ネタと数種類ある中で体操ネタをセレクト。準決勝の出来を見る限り、童謡「アブラハムの子」のほうがよかったかなぁ。もともと優勝に向いているキャラではないので、知名度アップという意味では今回の大会で一番メリットがあった人かも。ここで「面白い」と思った人のために、来週の笑わず嫌い王は違うネタで臨んでいることを祈ります。

2.ネゴシックス(同点4位:458点)
これまたいつも通りのネゴ。舞台度胸はさすがという感じ。ネタは久々に見たのと初めて見たネタなので楽しかったですが、クオリティでいうと去年の笑わず嫌い王の「ドレミファがせまってくるよー」には勝てないかな。小物系以外のネタもできるなら見てみたい。

3.あべこうじ(3位:471点)
緊張してましたなぁ。時々審査員が気になっているのか、いつもは饒舌なあべこうじが「えー……」とかいってつないでいる箇所が何回か見られました。ネタは一通り見たことあるネタだけど、準決勝とは半分くらい入れ替えてましたね。自分の手持ちのネタをちょこちょこ取り出してまとめている感じ。ただ、せっかく受けが狙えるかめはめ波ネタに入る前にちょっともたついたのは残念。あそこサクサク落ちに持っていけてたらもうちょい笑えたのでは? そうはいいつつ3位に落ち着いたのは、あべちゃんファンとしては嬉しい限りですよ。

4.友近(同点4位:458点)
正直なところ、友近で笑ったことが1回もありません。友近自体は好きなんですが、ネタに関してはまったく琴線に触れない。細かい描写にこだわるのはいいんですが、それが「笑わせたい」というところまで繋がってない気がするんですが。笑いのPull配信というべきか、「笑いたい人が笑いなさい」みたいな。私がその感覚を最も感じてしまうソーセージネタが決勝でてきたのですが、思ったより審査員の評価は高かったかな。というよりそれより下の人にミス多発だったせいだと思いますが。

5.ヒロシ:(6位:436点)
ライブでは出したことあるらしいが、テレビでは初めてというネタ。「ヒロシです。」を期待している人にとっては導入部分からがっかり感を与えてしまった上に、なれないネタで動揺が手に取るように伺えました。ヒロシという知名度の縛りはあれど、ここは素直に「ヒロシです。」で攻めるべきだったかなと。ネタ自体は「ヒロシです。」と方向性はほぼ同じですが面白くはあったので、もうちょっといろんな場所で披露した後にまた見てみたいかも。

6.ほっしゃん。(優勝:478点)
文句なしの優勝でしょうね。準決勝もそうですが、ネタをよく作りこんでいる。「京唄子」「モト冬樹」「京本政樹」のコンボは見事でした。あと、ネタが始まって早々に会場をつかめたのは大きいかな。「オールキャベツ」で会場がドカンと受けて、あとのネタに気持ちよく繋がってました。そりゃ「お笑いズハイ」にもなるでしょう。

7.中山功太(7位:434点)
ネタ選びに失敗した感がありますね。中山功太というと視点の鋭さと毒のある突っ込みが魅力だと思いますが、時間の半分がDJのラップに取られてしまって、結果として笑える時間も1/2に減ってます。その上毎回毎回「チェケラー」「ヒィウィゴー」はワンパターンになっちゃいますね。テーマはよかったと思うので、ヘタにDJで引っ張らないほうがよかったのではと思います。

8.井上マー(2位:473点)
全部見たことあるネタだったのですが、会場の笑いは一番だったかも。ただ、井上マーの場合キャラクターが強いので、一度見たネタで何回も笑わすのは辛そうなんですよね。その点では、彼の知名度の低さ(あくまで一般層の)が逆に効果があったのかもしれません。やっぱり会場が笑っていれば、それは審査にも影響するでしょうしねぇ。去年の南野やじにも思いましたが、尾崎ネタ以外を作っていけるかが今後の課題かなと。

点数を見る限り、ほっしゃん。、井上マー、あべこうじまでの3位とそれ以下で1つのラインができてますね。審査員の点数も会場の笑いを反映していて、なかなか良い結果だと思います(友近の評価が若干高いような気もしますが)。ヒロシと友近は知名度効果みたいなのもあるのでしょうか。名もない芸人のネタだったらもうちょい点数低かったかもね。その点長州小力は、ヘタな位置より堂々の8位のほうがかっこよい。

ただ、番組の作りがいかんせんチープ。せっかく面白いネタ披露しているのに、番組自体が盛り上がってなかったなぁ。せっかくのピン芸人の陽の当たる舞台なのに、なんとももったいない感ただよいまくりですよ。雨上がりは2年連続決勝の司会担当してますが、正直新人いじりあまりうまくないよね。M-1の今田耕司のように、新人いじりがうまい人のほうが盛り上がったかなと思います。やはりキー局と地方局では番組クオリティにも差がでちゃうものなんですかねぇ……。それともゴールデンと夕方の予算の違い? ピン芸人のほうが好きな私としては、R-1の格付けももっとがんばってほしいところです。

2005.02.17

木下あゆ美テレビ出演

「指名手配」オフィシャルサイト

FILE:024 / 氏名:木下あゆ美 / 身長:160センチ位
指名手配期間:05/02/17~05/02/23





キタ━━━━




(゚∀゚)━━━━



ッ!!

まぁ菊地美香も一緒な上にテレビ朝日なのでまんまデカレンジャーつながりですが、理由はよいよいよい。みんな録画必須ですぞ!

2月23日が蒼井そらなので、その次の3月2日が記念日ですね。忘れないようにしないと。

と思ったらどうやら3月16日のようです。安田美沙子が突如現れた!

2005.02.15

R-1ぐらんぷり2005の決勝進出者について考える

前回さらりと書いた決勝進出者。私としては割と納得のメンバーかなと思いましたが(芦沢教授は見たかったけど)、ブログではいろいろ論議をかもし出している模様。

メンバーについては、なんやかやいってもある程度手堅い気がします。もちろん一般の人はヒロシと友近くらいしかしらないでしょうが、実際には井上マー、あべこうじ、中山功太、ネゴシックスあたりはエンタの神様も出てますし、ネゴシックスは昨年の笑わず嫌い、長州小力は今年の笑わず嫌いに出場。さらにあべこうじとネゴシックスは前回のR-1ファイナリストでもあり、中山功太は業界ではブレイク間違いなしの存在として注目を浴びている。ほっしゃん。だって、天然素材の芸人ですからそれなりの知名度は持っています。ヒロシほどの知名度がなくとも、ある程度笑いを集められる、という実力と場慣れの経験値からいったら、やはり手堅いと思うのです。

プラン9勢は全滅しましたが、やっぱりグループのソロ活動は認めにくいのかも。だいたひかるはまだR-1がマイナーだった第1回に優勝し、そこからめきめきと頭角を現しましたが、2回目優勝の朝越ゴエは、せっかく優勝したのにピンでの活動は目立たず、プラン9でばかり(少なくともブラウン管では)目にしたように思います。せっかくのピン芸人の賞なのに、その力を使って育っていかないんだったら、今後のグランプリの価値にも関わってくる問題でしょうから、総合的に考えて多少厳しくなるのかなと思います。

関西では南野やじがガッツポーズを出すほど会心のデキだったみたいですが、やっぱり相手が悪いですね。ヒロシに友近は、テレビ放映である程度人集める時の知名度として必須の存在でしょうし、残り2枠でも、中山功太はブレイクが期待されているだけに、このあたりで出しとかないと、というのもあるやもしれません。ネゴシックスと南野やじだと、テレビでの活躍やキャラクターの強さから考えてもネゴが有利な気がしちゃいますね。このあたりはお笑いのクオリティではなく、その人の持っている経歴や今後のお笑い界での成長を混みにしてるのかな、と思います。あくまで推測ですが。

準決勝を見ていて「この人みたい」と思ってもあがってこなかった人はたくさんいましたが、むしろそういう芸人に出会えた準決勝にこそ感謝です(ここ試験に出るよ)。テレビで見てたらきっと知らないままで終わっていたお笑い芸人にたくさん出会えたので。正直最近「お笑いに飽きてきたなぁ」とか思ってましたが、まだまだテレビでは知られていない凄腕の芸人に会えてその考えも改めました。今年最高の収穫はとにもかくにも芦沢教授ですな。

さてさて決勝の予想ですが、ヒロシ、友近はもう有名すぎて今さら賞はこないかも。みんな芸を見慣れているので、今までと同じではさほど新鮮さがないという、知名度あるがゆえの辛さはあると思います。

残りのメンバーでいうと、やはり長州小力は厳しいかも。長州ネタであれだけひっぱるのはすごいですが、どんなに笑えても一般性ってところが足かせになると思います。残り5人では、やはり前評判の高さで中山功太を本命に、まさにピン芸人の真価であろうトークの饒舌さで対抗にあべこうじ。ネタの作りこみでほっしゃん。も対抗馬かも。ネゴと井上マーはキャラ勝負なので微妙に厳しそうかな。あえてド大穴に長州小力をすえておきます、キャラものというハンデを背負いながらあれだけ笑わせる力に期待して。

そうそう、去年私がハマったR-1ぐらんぷり決勝の模様は、3月1日、事実上2月いっぱいまでネットで見られます。今回の予習にはいいかもしれませんよ。つうか冷静に、ヒロシ、友近、あべこうじ、ネゴシックスって2年連続ファイナリストですね。陣内は不参加、浅越ゴエは優勝で参加権なしだから、純粋に落ちたのはヤナギブソンと南野やじだけ。新鮮さと言う意味では、この2人が決勝くるのは厳しかったかもしれませんね。

2005.02.14

R-1決勝進出者

ニッカンスポーツに結果出てました。

ヒロシら「R-1ぐらんぷり」決勝進出

「ヒロシです」と自虐的に笑いを誘う元ホストのヒロシ(33)をはじめ、友近、井上マー、あべこうじ、長州小力、中山功太、ネゴシックス、ほっしゃん。の8組。

予想以上に無難なメンバーですなぁ。ある程度テレビ出たことある人ばかりですもんね。ネタが多少ダメでも今までの実績値で選ばれているのかな。芦沢教授がみたかったけどさすがに無理か。

予想的中率としてはあべこうじ、ほっしゃんで50%。そのほかも候補に入れといた人ばかりなのでまぁまぁでしたかね。あくまで実力の場ではなくて、テレビ番組のためのコンテスト、という気がしました。それはそれでアリだと思うし。

2005.02.13

R-1ぐらんぷり2005 東京準決勝

R-1 GRAND PRIX 2005

楽しみにしていたR-1ぐらんぷり2005の東京準決勝に行ってきました。会場はabcホール。昔就職活動で来たよなぁと懐かしい思い出がよみがえる。

ついてみると開場時間なのにみんな外で待っている。だいぶ押しているようではありますが、それにしてもスタッフの手際が悪い。開場5分前になって「当日券お買い求めの方はこちらにー」って、早く言ってあげなさいよ。最初から並んでいる人と、知らなかった人との間でずいぶん差ができてますよ。

入場の時も、入り口の外でわらわらと待っていた群衆に対して「開場しますので一列に並んでお入り下さい」って。じゃぁ最初から並べときなさいな。学園祭レベル以下の対応にちょっと引きました。

準決勝ということで、当然なのかもしれませんがパンフレットなぞなく、はりけーんずがMCを務めながら5~6人ずつ1グループでどんどんまわしていく。出場者は34人、時間は3時間で休憩はなし。でもテンポよく進むのでそれほど長さは感じませんでした。

前に東京・大阪の出場者テーブル作りましたが、あの後もちょこまか変更があったみたいで、大阪のはずのタケウチパンダが東京になってました。出場者は結構重要なポイントだから、更新履歴はHPに書いておいて欲しかったかな。

あとで忘れないように芸人の番号、名前、ネタの特徴をメモりながら鑑賞。以下がその感想です。いまのところ、だれが決勝残るかわからないので、メジャーなネタ以外はオチや芸風に言及しないで進めたいと思います。

番号控えたけれど名前忘れた人は、ところどころ花菊さんを参考にさせていただきました。あと、チロリさんのところにも感想あるみたいですが、他の人の意見みると書くことかわっちゃいそうなので、更新し終わってから楽しみに読ませていただきたいと思います。

【第1グループ】
460 ジョン・レノソ(アマチュア)
B-RAPと同じ「あんまり意味がない」ネタ。アマチュアに一発目は厳しかったかな。会場の空気がまださめている感じでした。

546 ザブングル加藤(ワタナベエンターテインメント)
「カッチカチやで!」「悔しいです!」のみ。もうちょいネタ磨いたほうがいいかもね。あとそのタクシー、左ハンドルになってるよ。

552 Dice(ワタナベエンターテインメント)
いつもの歌ネタ。テレビで見たネタが多いのと、「あー夏休み」は最初からネタばれしやすいのでいまいち。全体を通して歌ネタ多かったな。

553 フモモ(ケイダッシュステージ)
【初見】元自衛隊の経歴を活かしたオカマネタ。みんなが知らない自衛隊の姿が面白いのであって、ネタではないんじゃないかと。そもそも自衛隊自体もトリビア感覚でした。「へぇー」。

602 小野まじめ(ワタナベエンターテインメント)
【初見】HIPHOPネタ。会場を一体にできたら強そうなんだけど、今回は残念ながら。視点自体もちょっとありきたりだしね。2/26だけは激しくツボでしたが。

947 荒木巴(オフィス笑門福来)
【初見】大道芸+ネタ。でもネタの部分が全然。伊藤麻子系っぽいですが、大道芸の人が出ていましたってだけなのかも。


【第2グループ】
654 春風亭栄助(落語協会)
【初見】まったく笑えず。まったくもって会場とツボがずれてました。ちゃんとした落語のほうが面白かったのでは。

750 やまもとまさみ(マセキ芸能社)
モノをSMでいじめるネタ。ネタ自体はテレビでみたことあったけど、対象が新しかったので良かった。会場の受けもよかったかな。こういう変わった視点は割とスキです。

751 星野卓也(マセキ芸能社)
ありえない記念日。面白かったんだけど、しゃべりが聴きたいのでもっとDJっぽさを活かしたネタがみたかったな。

757 狩野英孝(マセキ芸能社)
【初見】イケメン引越し。割と面白い。

796 芦沢教授(太田プロダクション)
【初見】一番の大穴。ギャル男ネタで最初引いたけど、怒涛の紙芝居はお腹痛くなるほど笑いました。笑った量は今回一番っぽい。むりだろうけど決勝で見たいなぁ。ああいうシュールっぽいけど一本筋が通ってるネタ、結構スキです。

1158 藤原(ライセンス)(吉本興業 東京)
乙女ノート。あるある系のネタで、うなずくけど笑うって感じじゃないかな。

856 井上マー(吉本興業 東京)
期待してましたが全部見たことあるネタ。こういう時の客観的な判断は苦しみます。


【第3グループ】
812 サワー沢口(太田プロダクション)
【初見】メモに「歌ネタ」としか書いてない。たしかなんか誰かの物まねを歌いながら、最後に誰なのかボソっと言う、っていうネタだったような。ボソボソすぎて誰のこと言ってるのかわからなくて笑えない場面があったので、ちょっともったいない。

803 大西ライオン(吉本興業 東京)
【初見】ミュージカルオーディション。歌はうまい。で?

899 森下英矢(NAMARA事務局)
【初見】被災ネタ。選んだ題材が悪い上に内容もない。バイトにいる気のいいあんちゃん、ていう感じ。

902 増谷キートン(吉本興業 東京)
【初見】シュールすぎ 4分間が全編に渡って1つのギャグというなんともギャンブルな展開。

968 赤いプルトニウム(フリー)
「おめぇらいつまでも調子に乗ってんじゃねぇかんな」。1つ1つが短いから4分ずっとだと飽きるかな、と思ったけど、ちょこちょこアクセント入れてたので大丈夫でした。やせたらすごい美人になる気がします。今のままでも十分ストライクゾーンですが。

373 お~い!久馬(吉本興業 大阪)
出場者一の変化球ネタでは。始まったのになかなか舞台に出てこない時は、他人ながら4分の締め切りが気になりました。こういう視点結構スキです。


【第4グループ】
986 まちゃまちゃ(吉本興業 東京)
知らんと思っていたら、エンタで「魔邪コング」で出ていた人。これまた4分間が1つのネタというタイプで、笑ったとしても1回だけっていうのはもったいないかなぁ。エンタのマイクパフォーマンスのほうが受けたのでは。

381 灘儀武(吉本興業 大阪)
志村けんネタ。面白いという以前にネタとして失格だと思う。同じプラン9のお~い!久馬が変化球なら、こちらは大暴投かボークだな。

1001 じゅんご(浅井企画)
【初見】ファニーミュージック。ホリケン系の天然ネタ。今回の会場の空気だと、こういう天然系は受けにくい気がしました。天然はキライじゃないけど、ネタのところどころに作りこみが見えたのが残念。

1224 鈴木つかさ(吉本興業 大阪)
竹内力になりきってモノマネ。割と面白かった。

???? ヤナギブソン(吉本興業 大阪)
すみません夢中になりすぎて会員番号わからなかったorz。去年と同じお題ネタ。待ってました! 多少ストックはあるだろうけど運に左右されるこのネタで、今回は割とうまくはまっていたのでは。


【第5グループ】
1173 猫ひろし(ワハハ本舗)
出場者の中で、名前呼ばれた瞬間にもっとも歓声が上がっていたのにビックリ。割と会場いじりもしてくれるので予定通り楽しめました。ただ同じネタ2回やっちゃいかんかな。ポーツマスは1ネタ1回でひとつ。

1181 ほっしゃん。(吉本興業 東京)
ウェットティッシュ工場。ウェットティッシュだけじゃなく、他のものの作り方までつなげられているのはすごい。ちゃんとネタを作りこんでいるなと思いました。

1187 河本センス準一(次長課長)(吉本興業 東京)
ダフ屋ネタ。ネタが単調な感じで、もうちょいいいネタあるじゃないかなぁと思いました。

1214 伊藤麻子(マセキ芸能社)
負け犬系というべきか。結構好きです。会場の笑いにすばやく反応しているアドリブもよかった。

1220 清水宏(石井光三オフィス)
サザエさんハリウッド版。結構英語が続くのに、会場にわかりやすい笑いにできているのはすごい。面白いんだけど4分ひっぱるには長かったかも。1回戦で使ったという、ドラえもんハリウッド版も見てみたい。


【第6グループ】
1225 タケウチパンダ(松竹芸能)
カラササイズ。ダディ連続攻撃は良かった。ああいうフレーズ持ってる人は強そうなんですが、見た目がメジャー向きじゃない?(失礼)。今度「結構です」職場で使おうと決意しました。

1226 田上よしえ(プロダクション人力舎)
学校の先生。ベテランの貫禄というか、とてもオーディションの場には見えなかった。見たことあるネタですが、ところどころ新しい時事ネタ取り入れてるかな。でも田代まさしの自己紹介はそろそろ他にないものか。

???? 長州小力(フリー)
割りと気になっていましたが、予想以上に楽しめました。長州力を知らない人が大半なのに、あれだけ会場沸かせるのはすごい。有田の長州モノマネの効果もあるのかな。あと、会員番号はなぜかつけてませんでしたよ。

1228 テル(どーよ)(サンミュージック)
あいもかわらずデニーロ。そろそろそれ以外の笑いがないと先に進めないのでは。

1213 あべこうじ(吉本興業)
トリは大好きなあべこうじ。初見ネタもあったけど、いつものネタでも生あべこうじパワーで笑えました。日常に笑いを取り混ぜる感覚が好きです。


13日正午には記者会見で決勝出場者が発表されているらしいですが、いまのところ私はまだわかっていないので決勝進出者予想でも。決勝は8人とのことなので、東京・大阪4人ずつで考えてみました。

固めにいくとあべこうじ、ほっしゃん。ヤナギブソン。一番笑ったという意味で、大穴だと思いますが芦沢教授の4人でFA。それ以外の候補としては、井上マー、お~い!久馬、猫ひろし、伊藤麻子、田上よしえ、長州小力てなところで。

2005.02.07

R-1準決勝の謎

R-1のサイトをチンタラ見ていたら、なんだかしっくりこない。よくよく見ると、2回戦通過者と準決勝大会出場者の名前が違っているではありませんか!お目当ての芸人さんが変わってるよ!

と思ってとりあえず2回戦通過者と準決勝出場者のテーブルつくってみました。テーブルの左が準決勝東京会場
、右が大阪会場で、青が大阪の2回戦通過者、ピンクが東京の通過者です。



赤いプルトニウム
(フリー)
追い風三等兵(南海キャンディーズ・山里)
(吉本興業 大阪)
芦沢教授
(太田プロダクション)
大木三郎
(吉本興業 大阪)
あべこうじ
(吉本興業 東京)
O・D・A
(アマチュア)
荒木巴
(オフィス笑門福来)
桂三若
(吉本興業 大阪)
伊藤麻子
(マセキ芸能社)
加藤たかこ
(吉本興業 大阪)
井上マー
(吉本興業 東京)
国崎恵美
(吉本興業 大阪)
お~い!久馬
(吉本興業 大阪)
後藤秀樹
(吉本興業 大阪)
大西ライオン
(吉本興業 東京)
小籔千豊
(吉本興業 大阪)
狩野英孝
(マセキ芸能社)
末高斗夢
(ホリプロコム)
河本センス準一(次長課長)
(吉本興業 東京)
住谷正樹
(吉本興業 大阪)
サワー沢口

(太田プロダクション)
SOGANO妹子
(アマチュア)
清水宏
(石井光三オフィス)
竹井輝彦
(松竹芸能)
ジョン・レノソ
(アマチュア)
タケウチパンダ
(松竹芸能)
鈴木つかさ
(吉本興業 大阪)
ちゃいますねん八木
(吉本興業 大阪)
田上よしえ
(プロダクション人力舎)
テント
(吉本興業 大阪)
テル
(サンミュージック)
友近
(吉本興業 大阪)
灘儀武
(吉本興業 大阪)
中田なおき
(吉本興業 大阪)
猫ひろし
(ワハハ本舗)
中山功太
(吉本興業 大阪)
フモモ
(ケイダッシュステージ)
ネゴシックス
(吉本興業 大阪)
星野卓也
(マセキ芸能社)
ハローケイスケ
(吉本興業 東京)
ほっしゃん。
(吉本興業 東京)
兵動大樹
(吉本興業 大阪)
増谷キートン
(吉本興業 東京)
ヒロシ
(サンミュージック)
まちゃまちゃ
(吉本興業 東京)
藤原・F・オニオ
(アマチュア)
森下英矢
(NAMARA事務局)
帽子屋お松

(アマチュア)
ヤナギブソン
(吉本興業 大阪)
松本美香
(松竹芸能)
やまもとまさみ
(マセキ芸能社)
南野やじ
(吉本興業 東京)
宮戸洋行
(NSC)
横木ジョージ
(吉本興業 大阪)
了解しましま
(吉本興業 大阪)
若井おさむ
(吉本興業 大阪)

これみて一発で何が起きたかわかる人はかなりのお笑い通でしょうね。私は名前チェックするまでわかりませんでした。

何が起きたかというと、ザ・プラン9のメンバーがすべて東京会場に集結しているのです。前回優勝して出場権のない浅越ゴエを除いた4人全員がね。4人とも通過はおめでたいですが、場所とか交通費の関係なのだろうか、場所が移動したのはちょっと謎。

悲しいのはザ・プラン9の移動に合わせて大阪出場に変更した方々。ヒロシ、末高斗夢、ハローケイスケ、南野やじと、みたかった人ばかりじゃないですか! ヒロシなんて今回一番の大物と思われるので、それが大阪に変更されたのはかなり痛いorz

住谷正樹は赤くなってますが、大阪、東京共に2回戦通過者の中から名前見つけられませんでした。見落としなのか敗者復活みたいなもんなのか、よくわからんとですはい。

かなり楽しみ度が減ってしまいましたが、それでも猫ひろしはいるし、あべこうじはいるし、まだまだ残っている見どころを楽しみにしたいと思います。

2005.02.06

R-1ぐらんぷり2005 準決勝進出者

公式サイトで結果速報があがっていました。

2回戦大阪1日目

2回戦大阪2日目

2回戦東京1日目

2回戦東京2日目

1日ごと14~18人が準決勝進んでいるのでかなりの人数ですね。準決勝は東京、大阪別々なので次は1会場ごと1/4くらいに絞り込むのかな。

まずは東京の出場者をチェック。井上マー、末高斗夢、田上よしえ、ヒロシ、藤田・トータルテンボス、猫ひろし、あべこうじ、ハローケイスケあたりが気になるところですかね。あとはB-RAPハイスクールのジョン・レノソがアマチュア出場してるところも面白い。ワンパターンネタですが長州小力好きなのと、前回決勝まで残りながらもいまいちブレイクしきれていない南野やじにも注目したいところ。

続いて大阪。前回ファイナリストのネゴシックス、ヤナギブソンや、すでにこんなとこ出る必要ないんじゃないの友近、意外にもネタであがってきたなかやまきんに君に加えて、若井おさむが準決勝に!(前回はアマチュアだったのに吉本になってますな)。若井おさむのガンダムネタはオタにはたまらんうえに、ガンダムだけに頼ることなく独自の視点入れてるあたりが結構お気に入りなのです。あとはお~い!久馬も残るなど、ザ・プラン9は実力派が集まってる感ありますねぇ。

東京会場の準決勝チケットは無事に取れたので、当日が楽しみであります。知らない人も結構いるので、新しいお笑いに出会える可能性も期待したいところ。大阪会場の若井おさむに会えないのが気になりますが、生の猫ひろし見られるのでよしとしますよ。

しかしくやしかったのが、決勝の観覧募集をすでに発表していたこと。今日気づいたのですが、7日必着であて先が大阪ではもうどうにもならんよorz。ヤフオクでの発売をちょっと期待したいと思います。

2005.01.24

過激なり木下あゆ美写真集

れもん色の午後―木下あゆ美1st.写真集ジャスミンこと木下あゆ美のファンだと公言しておりましたらば、知人が木下あゆ美の写真集を見せてくれました。

中を見てビックリ、衝撃が並びすぎですよ!!!

デカレンジャーでは不幸な生い立ちを背負いながらも仲間と元気に働いており、メンバーの中でもひときわクールなジャスミンが!!!

半ケツだしまくり!

1st写真集だというのにほんと出しすぎ。胸も突起部分だけ隠してあとでまくってたり、なにもまとわない全裸のような姿(上半身のみ)とか、もうきわどすぎですから全体的に!!


木下あゆ美がこんなだったなんて……。


こ、こんな木下あゆ美……。


ますます気にいりましたよ!

というわけで、2005年はマジレンジャーがはじまっても全力で木下あゆ美を応援していく所存です。

まもなくデカレンジャーも放映終了ですので、一度東京ドームでのショー観覧も計画中。デパートの屋上でのヒーローショーは見たことあっても、聖地ともいえる後楽園では見たことがないので、子供の頃からの夢をかなえる意味でも一度行って見たいところ。大人買いみたいな感覚とご理解くださいませ。

2005.01.19

テレ朝ドラマ「富豪刑事」にデカレッドが!

ドラマ初回がたて続いた先週、時間取れなくて録画に頼ってしまったために話題遅れましたが、深田恭子主演ドラマにデカレッドこと載寧龍二が!

富豪刑事

テレ朝かつ刑事つながりだから出演とはなんとも安直な! そして初回から深田恭子がデカレッドにほれてしまいそうな展開に! なんともスーパー戦隊シリーズから大出世であります。

いい機会なのでいまのところ見たドラマのまとめでも。今のところ面白いのは「不機嫌なジーン」、今後の展開に期待は「みんな昔は子供だった」「救命病棟24時」、とりあえず見るかなぁというのが富豪刑事。救命病棟はリアルすぎてちょっとヘビーかな。病院ものならともかく、地震ものはタイムリーなことに加えて、誰の身にもおきそうなので不安高まりますよ。

今クールのダメダメNo.1はやはりH2でしょう。まずキャストがウォーターボーイズだらけで、新しいドラマを見ている気がしない。事務所の力かなんだか知りませんが、ウォーターボーイズのなかからキャスト選んでいるようで、H2にピッタリの人選とはまったくもって言いがたい。特撮もちゃちだし演技は全員ショボいし。H2が一番盛り上がるのはサッカー部やめて野球愛好会行くシーンだと思うんですが、すげーおざなりに展開しちゃいました。ファンとして泣けるぜこの仕上がりっぷり。

まだ見てないのは「87%」「ごくせん」「Mの悲劇 」あたりでしょうか。只野仁はもともとニガテなのでパス。優しい時間は、なんだかんだ文句いいながらH2見ちゃいそうなのでこれもパスかな。裏番組まで録画してみるのはどうも好きじゃなくて、ぶつかったドラマはどっちかにする! ていう選択眼みたいなのがまた楽しいので。

2005.01.11

梅の花開く

出張中に撮りためていたビデオを見てたら衝撃の事実が!

特捜戦隊デカレンジャー
【第46話】 「プロポーズ・パニック」


ウメコがセンちゃんに恋の花だと!!!!!!!!!!!

肝心のジャスミンはまだ無傷ですが、このままではバン、ホージーあたりに持ってかれてしまうのでは((((((;゚Д゚)))))) ...

ここしばらくの戦隊シリーズでジャスミンこと木下あゆ美はかなり高ポイントでありますので、今後も応援していくと同時に恋心展開は避けていただきたく。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogPeople検索


  • BlogPeople検索

AdSense


ツール





  • RSS feed meter for http://pworld.cocolog-nifty.com/p/


Blog Pet



オンラインアルバム


  • from フォト蔵

最近のトラックバック

トラックバック・ピープル

無料ブログはココログ